あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー無事開幕おめでとう☆ | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9)続き »

2013年2月10日 (日)

「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9インディゴバージョン)

すでに2/10のプレビュー(ルージュバージョン)が終了し、絶賛の声が渦巻いてる中で、まったく間抜けですが、遅ればせながらプレビュー初日(と言うのだろうか)の自分なりの感想などを書き留めておきます。ただいま体調悪く、ネタばれしないような努力(気遣い)はあまりできませんのでご注意ください。

2013年2月9日(土)17:00~
東急シアターオーブ
L'OPERA ROCK MOZART ロックオペラ モーツァルト

プレビュー公演(インディゴバージョン)
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:山本耕史
アントニオ・サリエリ:中川晃教
座席:2階7列センター

まずは劇場へ向かいます。「ノートルダム・ド・パリ」に占拠されたヒカリエB3を抜けて

Notredame01

ヒカリクロック(と言うらしい)の映像を狙ったんですが、また失敗。↓左。タイミング難しいsweat02
マルチリング(と言うらしい)もしばらく待ってみたんだけど、時間切れで上階へ向かう。

Hikarie01

Orb2013020901

ポスター探しのついでに訪れたときには、ヒカリエ館内のどこにもポスターもパネルもなくてがっかりしたものですが、さすがに公演中ともなればあちこちに公演案内スタンドが置かれています。↑右は2Fインフォメーション&チケットカウンター前。

Orb2013020902

Orb2013020903

Orb2013020904

↑左:インフォ前本日の公演ご案内、中央:2Fエレベーターホール、右:11Fホール案内。

Orb2013020905

Orb2013020906

Orb2013020907

Orb2013020909

↑11Fエスカレーター前、オーブへ向かう人々、上演時間、ロビー内のポスター掲示。

うれしいから何でも撮っちゃう(笑)
グッズの掲示だけはプログラムの内容とかあるから遠慮しときます。

開演直前の落日、オーブからセルリアンタワー方面。

Sunset20130209

前日の冷たい風も和らぎ朝から上天気でした。この日の開幕を祝福するかのように。


前置き長いsweat01
もうすでに記憶があいまいになりつつあるので、感想というよりざっくりした印象のようなものになるかも。

時間ぴったりに開演。
緞帳ないかと思ったら、青地のドレープのカーテンでした。
中から音合わせするバイオリンやチェロの音色。
今日の席は2階7列センター。A席ですが、全体をながめるには最適で、音もきれいでした。
幕の前?だったかな、いきなりサリエリスポットライトで登場。
は、早い!coldsweats02
急いで双眼鏡構える。
フランス版と大きく違う演出で、サリエリは一幕冒頭から登場してモーツァルトとの出会いの意味を語り、モーツァルトの生涯の語り手にもなります。
このときの後ろで茶々を入れる山本くんのモーツァルトがすごくコケティッシュで魅力的で、やられた~!と思うと同時に、これをあっきーならどんな風に演じるのだろうか?と、早くも脳内変換開始!flair(山本くん、ごめん!)
山本モーツァルト、全体的に美しくshine歌も演技も申し分なく、期待通りと言えます。
少しハスキーな歌声は、やや高音で苦労してるように聞こえたけど、聞くところによると少し不調でもあったのかな?でもモーツァルトという人物像を演じるのに支障はないレベル。

しか~し、ここで!わたしは中川晃教のファンなわけです。
「期待通り」では満足できない習性?が身についてしまっているので、これがプレビューであることを割り引いても、もっともっと改善されることを希望しちゃいます。

ああ、でも婚礼衣裳のお姿は美しかったですね。フィリップさんとこのデザイン画はこれだったんですね。すけすけかと思って、鼻血出たらどうしようと思ってましたが(笑)、まさかの生着替えで下に着てるから透けてなかった(爆)

あと、どうしてもM!と比較してしまうところがあって。
同じ人を題材にしてるんだから似たような場面やエピソードあるのは当然で、コロレドから辞職して自由になったことを喜ぶところとかね、思わず耳の中にあっきーの「今こそぼくは♪じゆうだぁぁぁ~~!!」がこだましちゃいましたear
いや、ほんと、申し訳ないですsweat01

あっきーサリエリ。
ダークサイドの演技がうまくなったな~と思う。
一筋シルバーメッシュの入った髪型も、かっちりしたブラックのディナーコートも似合ってました。まだ固いと思うところもあるけど、見せ場のソロ曲では、来た来た来た~、これを待ってました、っていう感じでちょっと鳥肌が立ちました。
でもまだまだ!こんなもんじゃない!という気持ちもあり。
もっともっとダークな炎を燃やせるはずspa
わたしが勝手に「組曲暗殺」と呼んでいる「L'assasymphonie」だったと思うけど、けっこうなスピードで回転する舞台装置(斜面)のしかもかなり端っこに立って歌うから、ちょっとハラハラsweat01

二人のデュエット曲はまだちょっとハーモニーがしっくりこないところもあって、これまた改善に期待up

なに~?けっこう長くなってるcoldsweats01
もっと全体的な感想も書いておかないと忘れる。

舞台上方左右にバンド。左にギターやキーボード、ベースなどロック担当?右にバイオリンとチェロ、ヴィオラもあったかな?クラシック担当。
舞台装置、ゴージャス。回転する八百屋舞台。ちょっとこわいcoldsweats02
衣裳、ロココ調というの?ちょっと飾りすぎくらいのが当時の流行かな?華やかなファッション。でも「君の胸のタトゥー」の時のアンサンブル衣裳がシンプルなモノトーンで可愛くて大好きheart04
音楽、元々いいのはわかってるので、後はどんな風に日本語化されてるか、どんな風に歌われるかが楽しみでした。歌詞はまあまあ(って、どんだけ上から目線)ちょっと聞き取りづらいところあり(あっきー以外)でしたが、全体の流れはわかるからよしとしよう。(エラそう)
でももっと音楽をつないで進む舞台かと思っていたら、意外とセリフ芝居の場面も多く、ちつぎはぎで統一感に欠け、流れも悪い印象。そのへんは公演中にダメ出ししながら改善されていくのかもしれないけど。ダメ出ししてください(笑)

他のメインキャストについても一言くらい書いておかないと。

高橋レオポルト、もっと男っぽいロッカーな歌いっぷりを予想してたら、意外やどっちかっていうと甘いこぶしで肩透かし(笑)もっとガツンといこうよ~。

秋元コンス、なんか普通に恋する乙女でしたね。M!ではその純粋さゆえにヴォルフとのすれ違いに傷ついたりするのと違って、最後まで可愛い愛妻でした。歌はもっとアイドル歌唱的なのかと覚悟してたらそうでもなく、踊りっぷりもさすがAKB48という感じでよかったです。AKANEさんアロイジアとのバトルも負けてなかったし。
そのAKANEさんは、とにかく素晴らしいプロポーションに上半身の筋肉(笑)見惚れます。

緑子さん、かわいくて艶っぽいlovely モーツァルトを金づるとしか見てなかったM!のウェーバー夫人と比べると、音楽的な才能は支持してるところがちょっと違う。

ウェーバーの旦那さん、酒井さん、テレビなんかでもけっこう好きな役者さんなんだけど、舞台では初めて見ました。友だちが髪の毛あるからわからなかったっていうのに爆笑(失礼)どっちかっていうといい味出してたのは、2役の皇帝の方かな。

ナンネール美香ちゃん、可愛いお姉ちゃん。と思わせておいて、歌は男前でした。M!と違って弟に対する複雑な思いなどは描かれないのでしかたないんだけど、ちょっともったいなかった。

もったいないと言えば、鶴見辰吾さん、初めて歌声を聞きましたが、酒場の主人としての登場時は素晴らしい存在感でびっくりしました。が、2幕から「運命」として目を疑うような衣裳(笑)で登場したにもかかわらず、一言もセリフなし、歌もなし。え゛~、何のために出て来たかよくわからなかったsweat01これこそもったいないです。日本版で脚本も変えられたんなら、この役の使い方ももうちょっと工夫できたんでは??(「運命」の歌ありますよと教えていただきました。「悲劇喜劇」すみません、気がつかないでcoldsweats02でも記憶になくそういう印象だったということで、本文は修正しないでおきます)

あと耳に残った歌声。北原瑠美さんのソプラノ、素晴らしかったです。

すいません、思ったより長くなったのでカテコその他は別記事で。

« 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー無事開幕おめでとう☆ | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9)続き »

コメント

ソプラノの歌声に被るように歌い出すサリエリの楽曲がツボです。
プログラムのカテリーナの紹介に書かれていた「サリエリの愛弟子で三角関係が噂された」とあるのはヴォルガングとの三角関係ですよね。

>じゅんぺいさん
「痛みこそ真実」ですね~happy01
三角関係って、きっとそうですね。
フランス版のCDで聞くと、ソプラノ歌手の方の声はコーラス程度の扱いですが、この舞台ではしっかり存在感を持って音楽的な重厚感を与えてるような気がします。
山本くんのサリエリとのハーモニーも美しかったですね。notes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49326505

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9インディゴバージョン):

« 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー無事開幕おめでとう☆ | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9)続き »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ