あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9インディゴバージョン) | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」初日おめでとうございます☆ »

2013年2月11日 (月)

「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9)続き

そんなわけで、プレビューらしく?観客の反応を含めややぎこちない印象が残ったインディゴバージョンですが、逆に言えば改善の余地が大ありだし進化する期待も。
もっと笑えると思うし、もっと感動できると思うし、ご祝儀じゃない拍手や歌に手拍子、観客の力も引き入れて、もっともっとおもしろいものになれると思った。
良い舞台であることは間違いないのだから。(あくまで上から目線eye)
個人的にはもっと音楽中心で疾走感出してほしいなぁ。

そして、舞台の全容が明らかになったいま、あっきーファンとしては、これはあっきーモーツァルトが絶対いい!という確信が生まれました。
確信したけど、限りある予算の中でわたしが選んだあっきーモーツァルト(ルージュバージョン)の日程は、初日のソワレ。昨日より今日、今日より明日、2公演日ならソワレの方が良いものが見られるだろうという期待からだったんですが、この時ほどルージュプレビューを選ばなかったことを後悔したことはありません。
でもどうがんばっても全部見られるわけではないのだから…。
たくさん見られる人をうらやんでもしかたないし、見栄張ってもしかたないし、回数じゃないし、、、ってか、わたしだって人から見たら十分回数見ることになるんだし…。
これ以上は生活破綻する…。いやもうしてるかもsweat02
苦悶のすえ、結局16日マチネを追加しました。ダメじゃんwobbly

そんなことより!(コロリ)
カーテンコールについてまだ書いていませんでした。
モーツァルトの死で終わるのはウィーン版と同じですが、史実どおりコンス(と、実際にはゾフィーも)にみとられて亡くなるラストは、少しばかり物足りなさもありつつ、さわやかなフィナーレへと続きます。
主演の二人をはじめ、みなさんのすっきりした笑顔がすてきでした。
カテコは3回?四回?最後はオールスタンディングで
カテコでは全員そろったところで、「君の胸のタトゥー」を歌うのですが、これフランス版みたいにみんなで歌えたら盛り上がると思います。
残念ながらプログラムには歌詞がないので、耳コピですが、公開稽古の動画も参考にしつつ、リピートされるサビのところ。

♪きみの胸にぼくの名前の
タトゥーをして町に出かけよう
唇には甘い歌声
未来はこの手で作るのさ

さ、みなさん、ご一緒に!これからご覧になる方メモって!pencil

何回目かのカテコで、あっきーサリエリと山本モーツァルトが左右に引いてお互い袖近くから投げキッスの応酬。確かあっきーから先に投げたキッスを山本くんが投げ返して、それをキャッチしたあっきーが、それを今度は客席にkissmarkheart04 その後山本くんからも投げキッスあったかな?すいません、はっきり憶えてない。
これはなんとなく日替わりパターンになりそう(笑)

この日最大のニュースは、前の記事でもお伝えしたとおり、ライブCDcdの発売決定!
当然インディゴ、ルージュ、2バージョンあるとして、モーツァルトとサリエリ、どっちもあっきーバージョンのプレイリスト作るよね、とあっきー友との打ち上げで盛り上がりました(笑)
山本耕史さんのファンのみなさん、ごめんなさいsweat01
でもファンってそういうもんだよね。みなさんもそうするでしょ?bleah

プレビュー開幕打ち上げの余禄。
この日は大阪でフィギュアスケートの四大陸選手権があり、女子のSP、男子のフリーが行われていました。その結果をチラチラと気にしながらの飲み会beer
何より真央ちゃんのトリプルアクセル復活に乾杯!(え゛)
その後のフリーでも日本女子三人ともほぼ大きなミスなくまとめて表彰台占拠という快挙scissors
いや~、うれしい。真央ちゃんの本物の笑顔が戻ってきたことがほんとにうれしくて涙出ましたweep
男子はちょうどフリーの真っ最中でオンラインリザルトに一喜一憂。
あっきーの後輩羽生結弦くんは表彰台は確保したもののあまり良い内容ではなく、大ちゃんはかなり残念な結果に…wobbly 3月の世界選手権ではみんな気持ちを切り替えてがんばってほしいです。
大ちゃんの新SPはベートーベンの「月光」ジャンプの失敗があり、あまり良い点は出なかったけど、すごくすてきなプログラムでわたしは好きです。
この曲を聞くと時節柄?あっきーの歌声を思い出してしまい、いつかあっきーの生歌「月光~カンラン石」で大ちゃんが滑ってくれることをしばし妄想(笑)

というわけで相変わらずまとまりなく哲学的な分析もなく、勘違いだらけかもしれない、ただのあっきーファンのたわごと的プレビュー感想を終わります。

おっと、もう初日ルージュバージョン開演してますね。
わたしも出かける支度を。

« 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9インディゴバージョン) | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」初日おめでとうございます☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49334754

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9)続き:

« 「ロックオペラモーツァルト」プレビュー(2/9インディゴバージョン) | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」初日おめでとうございます☆ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ