あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 山野楽器さん、ありがとう! | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2012年12月31日 (月)

軽い失望の後に湧き上がった歓喜の瞬間

Manninonrei

Poster01

シアタークリエ 5th Anniversary ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL
2012年12月31(月)日12:30~ 16時くらい
【会場】シアタークリエ

【構成:演出】作詞 上島雪夫
【出演】 石川 禅 入野自由 伊礼彼方 小野田龍之介 チョン・ドンソク 中川晃教 マテ・カマラス / 一路真輝 大塚千弘 昆 夏美 シルビア・グラブ 涼風真世 平田愛咲 (50音順)ほかアンサンブルのみなさん

豪華メンバーですよね~。この他オープニング映像で山口祐一郎さんが登場。なんとシャンテでトナカイのアルバイトをしているので、今日は参加できないとか(笑)そういうキャラですか~coldsweats01 このビデオ出演、日によってよっしーのこともあるらしく、そっちも見たかったな~。前日よっしーのめちゃくちゃシリアスな舞台見たばっかりだったんですけどね。

Timetable

Thankyouevent

一幕がクリエ5年の歩みを彩った様々なミュージカルから、二幕はクリエに限らず多くの人に愛されるミュージカルからのナンバーをお届け、という構成でした。

一幕は「レベッカ」で幕を開け、、、えと、すみません、タイトル全部憶えてないのであっきー関係だけのレポになっちゃいますがごめんなさい。

中川晃教くんの歌は、

一幕:
ミュージカル「風を結んで」からタイトルナンバー「風を結んで」

髪は後ろで一本にまとめ、袴をイメージしたという裾のたっぷり広がるタイプの黒いパンツ、紺色のジャケット、襟元にアスコットタイ、腰にふわっとした素材のサッシュを長くたらして登場。すみません、他にお二人いらしたんですが、まったくわかりませんsweat02

そのかっこうのまま、次の歌をご紹介。大塚千弘ちゃんで「その森で天使はバスを降りた」から。(曲名忘れましたsweat01)

SHOW-ism II 『Underground Parade』から「Again and again」(with 小野田龍之介、昆 夏美、シルビア・グラブ)←だったと思いますがちょっと自信なし coldsweats01

白い衣裳と蝶ネクタイに黒い丸いシルエットの山高帽。あのときと違ってピーちゃんいないけどchick 懐かしかった!うれしかった!またこの歌が聞けるなんて。

♪生きていればきっとまた
聞こえ出す声がある

ああ、しかし、この2曲とも聞けると思ってなかったのでびっくりしたのとうれしいのと一緒に、藤岡くんにここにいてほしかった~!ってすごく思いました。風結三バカトリオにもまた会いたい。地下を出たDDやジューンのその後も気になります。特にジューンとジーヘイはどうなった??(笑)小林さん、再演とは言わず、続編作って~!とここで叫んでみるbleah

この他、一幕最後のシルビア・グラブさんが歌う「I GOT RYTHM」にもコーラスで参加してます。

二幕:

冒頭、マテの「We Will Rock You」にコーラス参加。レザーっぽい黒ジャケ。そしてなんとまさかの!

ミュージカル「THE WIZ」から「Ease on Down the Road」(with 大塚千弘)

え~、こう来るとは思ってなかった。ちいちゃんと二人で客席降りもあり。衣裳はさっき(皮ジャン)と変わってなかったかな?憶えてませんsweat01髪は下ろしてました。

そして「ミー&マイガール」のときにはランヴェスウォークで客席通路を横断happy01 わたしははるか後方席だったので、気づくの遅くて、いたいた~程度(笑)

…そしてやってきました。「モーツァルト!」から「僕こそ音楽」
暗転した舞台上にいるのがあっきーでないことはすぐにわかりました。チョン・ドンソクさん。前の公演でもこの方が歌ったと聞いていましたので、そんなに驚きはしませんでした。伸びのある素晴らしい歌声でした。再び暗転して次の曲「愛していればわかりあえる」椅子が運び込まれて、誰かが座って…。この時は少し失望を禁じえませんでした。歌ったのは、、、すみません、またわたしの知らない方。たぶん平田愛咲さんと入野自由さん小野田龍之介さんでした)、かな?自信なしsweat02ひとつの演目で三曲目はないと思ったけど、もしやこの後あっきーが「影を逃れて」を歌ってくれるのでは?という淡い、でも切実な願いが一瞬心に浮かんだのは事実です。もちろんその願いは叶いませんでしたが。

が、

が、

その失望はより大きな歓喜によって報われました。

ミュージカル「エリザベート」から「最後のダンス」

これは超弩級のサプライズimpact

黒いスーツとロングブーツ、銀色のピカピカ光るロングタイ(ミラーボールみたいな)で現れたあっきーはアイメイクも濃い目でちょっとウキョウさま入ってる感じ(笑)

福岡のエリザベートイベントで、あっきーの弾き語りで一度聞いてはいますが、舞台上で見る聞くあっきートートは独特の雰囲気を醸し出していて、もぉ~~~、その歌声ったら素晴らしいとしか言いようがhappy02

思わずうぉ~っ!!とワイルドな叫び声を上げてしまいました(笑)

そう感じたのはあっきーファンだけではなかったと思います。劇場を揺るがすような鳴りやまない拍手にショーストップ寸前でしたから。この暮のあっきー三連チャンの締めを飾るにふさわしい最高の熱唱でした。よかった。これが聞けてほんとによかった。クリエさん、一回だけでもあっきーを呼んでくれてありがと~!!crying

こういう瞬間に立ち会える幸せのために、応援し続けてきたのだと思えました。

今日が最初で最後とわかっているので気を使って話題にしてくれたのかもしれないんですが、次に登場した(客席から!)真っ赤なドレスが素敵だった一路真輝さんが「あっきーの新鮮な最後のダンス」と惚れぼれとした口調でおっしゃってくださったのがうれしかったです。

次に登場した石川 禅さんとの掛け合いも楽しくて、一路さんのイメージがだいぶ変わりました(笑)禅さんは、10年前にあっきーと「PURE LOVE」で共演したことをお話してくれました。そして、「18年前に今のあっきーと同い年でした」と言って、その18年前に主役を射止めた「回転木馬」からのナンバーを。

あっきーは2幕でもどの歌だったかな、コーラスで入ったのもあったから、全部で6~7曲も歌ったでしょうか。
【追記】2幕ラストのMITSUKOから「愛は国境を超えて」でした。この時グッズのルミカライトの出番!わたしはお友だちから譲ってもらったキラキラライトshineで参加しましたhappy01

とにかく贅沢なキャストで素晴らしいナンバーをたっぷり聞かせてくれて、とても全部は憶えていませんが、あっきー以外で印象に残ったのは、一路さんの「アンナ・カレーニナ」(号泣)とマテの「ダンス・オブ・ヴァンパイヤ」(爆笑)でしょうか。これが日替わりメニューだっていうんだから、素敵すぎます、クリエさん。この日一回しか聞くことできなかったけど、まあ、満足満足ですわ。

終演後、今日だけのスペシャルイベント、Thank you イベントは、主にそれぞれの一言挨拶と、プレゼントの抽選でした。あっきーはトートの衣裳のまま登場。

演出・振付、そして謎のダンサー(笑)上島雪夫さんが「あっきー、突然出てきて美味しいとこもってっちゃった」なんて(笑)突然じゃないよね~wink
禅さん挨拶のとき、あっきー「All or Nothing」また歌いたいですね、って言ったら、禅さん「もう忘れた」って(爆)

なんかいじられてるというか、可愛がられてるというか?こういうとこに来るとやっぱりあっきーまだまだい意味で若造なんだな、と思いましたbleah

観客へのプレゼントは主にクリエの公式グッズ、マグカップとか、タオルとか。
今日の出演者全員のサイン入りプログラムがわたしの隣の席の方が当たりでした。
わたしのお隣、当たる確率高いです。以前何かのポスタープレゼントのときもわたしの右隣の方が当選。今回は左隣。ってことは?わたしの隣に座ると当たる確率倍増か(笑)
最後に特賞として、一年間すべての公演を対象として1公演のご招待。失礼ながら、昨今の演劇状況からして、満席になる公演の方が少ないのだから、ここはもう太っ腹にすべての公演あるいは一か月に1公演ご招待くらいしてくれてもよかったのでは?なんて思っちゃいましたが。ま、自分にはご縁のない話(笑)

20~30分くらいだったかな。結局抽選発表だけで終わっちゃったので、何か1曲くらいオマケで聞けるのかと思ってたからちょっとがっかり。でも楽しかった~happy02

あ、あと最後にバズーカで客席に向かってキラキラテープを発射!dashshine
でもわたしのところまでは届かず、後で友だちから何枚か記念にいただきました。それが↓の画像にも。入り口で配られた生茶で乾杯もしました。わたし飲みきれる自信なかったので開けませんでしたが。

Goods01

グッズ情報にはアップされてなかったんですが、↑プログラムが1200円で販売されていました。あっきーの紹介ページ写真は「風を結んで」の兵吾でした。
↑この記念のアイシングクッキーは、今日だけのスペシャルプレゼントだったのか、毎回すべてのお客さまに配られたのか?はわかりません。ちょっともったいなくてまだ食べられません。ラスクも未開封。後ほど、あっきートートを脳内再生しながら、味わっていただきます。

2012年、大晦日、バラエティに富んだ活躍を見せてくれたこの一年を締めくくるにふさわしいあっきーの歌声を聞くことができて、本当に感無量でした。

以上、曲名もわからずキャストのチェックも抜けだらけのレポですが、この感動を記録に残しておきたくて書きました。

それではみなさま、良いお年を~night

(アップするのが遅くなって年明けになってしまいましたが、わかりやすいようにここに埋め込んでおきます)

« 山野楽器さん、ありがとう! | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/48565358

この記事へのトラックバック一覧です: 軽い失望の後に湧き上がった歓喜の瞬間:

« 山野楽器さん、ありがとう! | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ