あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 本日締め切りです | トップページ | プロミセス・プロミセス、TV情報 »

2012年12月 1日 (土)

「ロックオペラ モーツァルト」メディア情報雑感

すみません、ウェブページは更新しましたがこちらのアップが遅れました。

■2012年11月30日(金)
朝日新聞(東京版)夕刊にモーツァルトの2/3P広告

山本耕史さんと演出家フィリップ・マッキンリーさんの対談

関連記事が、AERA12月17日号(12/10発売)にも掲載されるようです。まったく同内容かどうかは不明です。
広告内には、朝日読者限定の特別予約電話番号の記載あり。
ネットではローソンの案内があって、座席選択可能とか。
ちょっと心惹かれますが、わたしはもうちょっと追加は無理ですcoldsweats01

この件は、AERAも含め、公式サイトにもアナウンスがなかったのでお気づきでない方も多いかもしれません。朝日をご購読の首都圏のみなさん、チェックしてみてください。

こちらは、公式情報。

■12月3日(月)19:00~20:54 放送予定
テレビ朝日『お試しかっ! 豪華バラエティ2時間SP』「帰れま10」
山本耕史 ゲスト出演

こちらはモーツァルトプロモというより、山本さんが自ら志願してのご出演のようですね。
でもモーツァルトの告知と製作発表映像くらい出るかも。

再掲。

■2012年12月27日(木)発売
『BEST STAGE』2月号 (音楽と人)
山本耕史×フィリップ・マッキンリー インタビュー

なんかね~、Wキャストなのに、新聞も雑誌もテレビも山本くんだけ~??sweat02っても思うけど、メディア戦略としてはやっぱり知名度の高い方を使うよね。それはわかってるんですが。製作発表の報道でも、メディア側の対応見ててもそこははっきりしてるよね。
小さな失望はあるけれど、こんなことでがっかりしてられない。
特に今回はWと言っても毎回あっきーも舞台に上がるんだから。
山本くんが見たくて劇場に足を運んでくださるお客さま、中川晃教の名前も知らずにいらっしゃるあなた、わたしも初めはそうでした(笑)
まあだまされたと思って一度見て下さい。(だまされてないか)
そして…、

聞いて驚け~!

(パタリロ風に)

編集用のフォントサイズ「大」でもまだ小さかったから、勝手にHTMLで大きくしちゃった(笑)

決して山本くんを貶すつもりはありませんので誤解なきよう。

山本くんのことは、小さい頃からの芸歴の長さ、実績、実力とも申し分ない方と認識しています。だから実は生舞台見るの初めてだけど、とても期待しているのです。

でも中川晃教のファンとしては、やっぱり彼の歌声だけが表現できる世界に大きな期待を寄せてしまうし、劇場にいらっしゃる多くのみなさんにもそれをぜひ感じていただきたいと願うのです。目からeye耳からearハートからheart01

そう、あっきーの歌声はこの胸のど真ん中、ハートに直接響きますよ。魂に響くと言ってもいい。(ただこればっかりは、受け手の受信アンテナしだいという面はありますが…)

この二人が組んで、しかも同役を交互に演じる。いったいどんなことになるんだろう?って今からドキドキワクワクですheart04

Mozart_banner468_602

配布されたバナーをさっそく使ってみます。リンクうまくいったかな?

« 本日締め切りです | トップページ | プロミセス・プロミセス、TV情報 »

コメント

メディアの対応の低さは今始まったこっちゃないので
「ふんっ、またか!」って感じです。

ふふふ・・・
鳥肌の立つ歌なんて聴いた事ないでしょ?!

聴いて驚け〜!!!

結果はあとからついて来る!

聞いて驚け~!!

参加しなくちゃ!(笑)

聞いて驚け~!!!!!

いま期待しているのは、知ってるつもりの私たちも驚くくらいのクオリティnote
あっきーだけじゃなくて、舞台全部から感じたい。思い切り楽しみたいです。

魂に響く!その体験を貴方にプレゼント!

どうぞご期待ください。

聞いて驚け~~~~~

あっきーファンも新しい何かに驚きたいですね。

膨らみすぎな期待その前に・・・・・・あれもこれもあそこにも
その充実にはドキドキで綱渡り状態です。

はじめまして。場違いなコメントかもしれませんが、
山本さんも映像の世界ではいつもそう云う”扱い”をされていますのでお気持ちは理解出来ます。彼は名前すら載せられないこともあります(苦笑)
ただ今回は、マスコミ的な知名度云々もあるかもしれませんが、中川さんは舞台等でとてもお忙しいようですし、山本さんのマスコミ対応の慣れ故かもしれません。ドラマでもメイン役でなくてもよく番宣に駆り出されます。
今回の舞台では中川さんの歌声の素晴らしさを生体験出来るのを楽しみにしています。
素晴らしい舞台になるよう、期待しています。

す、すみません、いつになくにぎやかなコメント欄(笑)なのに反応遅くてcoldsweats01
みなさん、ありがとうございます。
あっきーファンにとっては、中川晃教といえばモーツァルト、モーツァルトといえば中川晃教!というくらい、おなじみのキャラクターをまた別の角度から描いた本作で、あっきーの新たな側面や新しい魅力を見せて(聞かせて)もらえたら、何よりうれしいですね。
そしてあの歌声の力をもっともっとたくさんの方に知っていただきたい、届いてほしい、というのが多くのあっきーファンの願いだと思います。

ごめんなさい!個別のレスはまたのちほどpaper

えーと、遅ればせながら、あらためまして…。

>くみこさん
初めまして!山本さんのファンでらっしゃるんですね。
取りようによってはお気にさわる方もいらっしゃるかな~とちょっと心配していましたがsweat01
お気づかいあふれるコメントをありがとうございましたconfidentheart
そうですか。山本さんクラスでもそのような扱われ方をされることがあるんですね。
そうですよね~。製作発表でも主役の二人とも名前のない記事とかもありましたしsweat02
舞台の世界って、やっぱり世の中の一般の関心からしたらまだまだマイナーなのかな…despair
あっきーの歌声について、ご期待くださってありがとうございます。
必ずやそのご期待にお応えできるよう、本人に代わってお約束します!paper(いいのか?勝手にsweat01)
わたしも山本さんが、長い芸歴の中で積み重ねてきたであろう演技力に期待してます。きっとあっきーとは対照的なヴォルフ&サリエリを見せてくださいますよねhappy02
本当に楽しみです!heart02

順番違ってごめんなさいcoldsweats01

>tabibitoさん
鳥肌立たせてほしいですね!

>たかこさん
確かにあっきーの渾身の歌があれば、すべては後からついてくる。

>ミミさん
一番驚きたいのはわたし(笑)

>bunさん
bAではどうも~wink
いい意味で裏切られたいですね~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/48050241

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックオペラ モーツァルト」メディア情報雑感:

« 本日締め切りです | トップページ | プロミセス・プロミセス、TV情報 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ