あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 銀河は続くよどこまでも | トップページ | 「プロミセス・プロミセス」稽古場レポーター報告 »

2012年12月11日 (火)

石丸幹二のシアターへようこそ

おわくりブログであっきーが瞳子さんの「アリス・イン・ワンダーランド」を見に行ったことと楽屋で石丸幹二さんにお会いしたこと、石丸さんのラジオ番組であっきーの歌をかけてくれたことが書かれていますね。
その番組、NHK/FM「石丸幹二のシアターへようこそ」(毎週月曜23時~)の先週の放送がウィーンミュージカル特集で、「モーツァルト!」からあっきーの歌がかかったということは、放送直後に知って悔しい思いをしていました。でも今週総合で再放送があるからと楽しみにしていたら、番組表にはなんと「政見放送」の文字がweep

いや、政見放送大事ですよ。大きな課題が満載の日本、どこへ行くのかそのかじ取りを選ぶ大事な選挙ですからね。わかってますけど、何もよりによって今日じゃなくても~crying

と、思ったら、なんとネットラジオのらじるらじるでは、政見放送じゃなくて番組がちゃんと流れたみたいです!みたいというのは自分では間に合わなくて(ないと思って遅く帰った)、友だちから聞いただけだから。

でもでもでも、そのお友だちが(正確にはその娘さんが)録音してくださったのを聞くことができました~!!scissors

あっきーの「歌は、12月3日(月)プレイリストで確認できますが、2002初演ライブ版「影を逃れて」でした。

他はみんなウィーン版キャストの歌で、日本版からの音源はあっきーのこの一曲のみ。

石丸さんはこの舞台をご覧になっていて、1幕終わりのあっきーの「影を逃れて」を聞いて、休憩になってもすぐに席から立ち上がることができないくらい感動したとおっしゃってくれました。

わたしはもちろん、初演M!の舞台は見てませんが。ライブ版のCDは持ってるし、初めて聞くわけでもないのに。

19歳のあっきーの歌声を聞いて、突然声をあげて泣いてしまいました。自分でもびっくりしたcoldsweats02

未熟で気持ちばかり先走ってかすれたり外れたりもしてるけど、だからこそ伝わる若い魂の情熱とか必死さとかに思いがけず胸を衝かれたのです。

この日この時かぎりの歌声。切り抜かれたほんの一部でしかないとしても、その場にいることが叶わなかったわたしにとっては、宝物のような歌声ですcrownshine

石丸さん、2005年再演時のスタジオ録音版ではなく、初演ライブ版の方を選んでくださってありがとう!heart01

(あ、でもあっきーのM!出演は、2002年、2005年とおっしゃったけど、2007年もありますからね~wink

この時観客に与えたインパクトや受賞に繋がる高評価が、その後の中川晃教にとって勲章であると同時に「影」となって彼を苦しめることになるとは、誰にも予測できなかったでしょう。

でもその影からも逃れて、今は歌うことと舞台で演じることのバランスをうまく取れるようになった。(ようにわたしは感じています)

「SHIROH」で22歳のあっきー、M!で19歳のあっきーと、遡るように過去の歌声を聞き、今の歌声を思うとき、若いあっきーの歌声も素晴らしくてその年齢でなければ歌えない煌めきと透明感があるけれど、苦しい時期を乗り越えて今の歌声はさらに安定して力強く、確かに進化してると確信もできたこの数日間でした。

なんか下手な作文みたいになってしまったsweat01(みたいじゃなくて下手な作文だよな~)

少し書き足してみたけどまだ舌ったらずな感じ。7年のおつきあいと今あっきーの歌に感じていることを、いつかちゃんとまとめられたら。と思います。

« 銀河は続くよどこまでも | トップページ | 「プロミセス・プロミセス」稽古場レポーター報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/48282852

この記事へのトラックバック一覧です: 石丸幹二のシアターへようこそ:

« 銀河は続くよどこまでも | トップページ | 「プロミセス・プロミセス」稽古場レポーター報告 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ