あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あまり盛り上がってはいないけど期待はしてます | トップページ | 「ロックオペラ モーツァルト」公式サイトの更新 »

2012年10月18日 (木)

星降る夜にきかせてよ

昨日書きかけで途中挫折 sweat02
せっかく良いお席(B列かろうじてセンター)で見せてもらったので、せめて印象だけでも書きとめておきます。中途半端にネタばれしてますが悪しからずbleah

Hoshimeguri01

Time_table

Hoshipro

「星めぐりのうた」無事に初日を迎えられました。おめでとうございます!shine

あっきーと育ちゃんのハーモニーは期待した通り素晴らしいhappy02heart01heart04

育ちゃんの歌声は今回初めてちゃんと聞いたんだけど、まろやかな温かみのある歌声で、かなり気に入りました。

あっきーは幕が開いたらすぐに歌うし、その後もずっと、ほとんど歌ってるし。
初め少し声が出てないかな?と思ったけど、後半進むにつれてどんどん熱くてやさしいいつものあっきー節に。

二人のデュエット曲もたくさんあって、歌的には満足かな。(たくさん聞けたという意味で)

ただ残念なことに、特にこれ!と言った特別印象に残る歌がない。
帰り道に鼻歌したくなるような、キャッチィなメロディの歌も。

他の方々もみなさんお歌は安定してうまい。特に土居さんがいいですね。
植木さん、歌って踊って大活躍でした。岡田くんと莉奈ちゃん、あと杉崎真宏さん、この5人が場面によって様々な役回りを演じます。けっこう切り替え大変かも。

ふと気がつけば、メインキャストのうちあっきー以外は全員舞台初見なのだった(笑)

ダンスもすてきでした。みなさん、身体能力高い!
でもやっぱりチェスの精こと大野幸人くんに目をひかれる。ひときわ動きが美しいです。

映像の使い方もちょっとおもしろい。
でもなんとなく話の繋ぎ方が銀河鉄道999ぽかったcoldsweats01
(メーテルの話じゃないと言ってたのに~)

映像の中であっきーファン的に見逃せないポイントは、コウイチの子どもの頃の画像が何枚か映し出されるシーン。赤ちゃんからジュブナイルまで、あれ絶対あっきー本人画像だと思うわwink

カテコというかエピローグ的な演出で、おまけの歌があるのはいいですね。
みんなで手拍子楽しかった♪
最後はほぼオールスタンディングでした。

ストーリー的には、危惧したとおり宮澤賢治はどこに行った??って感じで、舞台を現代の日本に置き変える意味も効果もわたしには感じることはできませんでした。
でも「銀河鉄道の夜」をベースにしたのではなく「題材にした」って公式にも書いてあるもんね。賢治の銀河鉄道って思うからいけないんで、「銀河鉄道の夜」にインスパイアされて生まれたひとつの心象風景と思えばよいのかなthink
賢治の「星めぐりのうた」scorpiusはどこにも使われてなくて、それも意外だった。てっきり曲違いで歌ってくれるのかと思ってたから。
1幕はエライ中途半端なところで幕が下りるので、びっくりcoldsweats02
幕間はあちこちで狐につままれたみたいなみんなの反応がおもしろかった(笑)
2幕は難破船のエピソードが楽しい。
あっきーと育ちゃんのダンスとタイタニック的なアレ(笑)

その他にも、小さなお笑いポイントがいくつか。見てのお楽しみ。

細かい場面やストーリーで突っ込みたいところはいっぱいあるんだけど、欲張るとまた挫折しそうなのでこのへんで。

それにしても最後に出て来た時のあっきーの衣裳がびみょー過ぎて(笑)
あれにはさすがにファンも一斉に心で突っ込んだと思うわ。

茶系のストライプのスーツがどう見てもぴちぴち、ズボンはツンツルテン(死語?)、アーガイルの派手な靴下がのぞけてる。白シャツはボタン二つ外してノーネクタイ。スーツの袖を少し折り返して裏を見せてるんだけど、それがピンクと青緑?でボタンもおそろい。もしかすると靴下も。そしてカタギの職業の人は決してはかないと思われる先っちょが上にはね上がったトンガリ靴(笑)

何屋さんになったのか知らないけど、あれは絶対にティッシュ配りやビルの掃除なんかよりずっとアブナイお仕事思われますsweat01

最初のフリーターの衣裳はあっきーらしくていい感じだったのにね。髪の毛はザンバラですが(笑)歌に熱が入ってくると大汗かいて顔にかかって大変そうだった。

細かい話はやめとこうとか言っといて、こんなに書いてる(笑)それだけあの衣裳のインパクトがあったということなのよね。歌よりもストーリーよりも。何か間違ってる気がするけど。

いやだってさ、育ちゃんはブルーと白のすっきりしたスーツ姿で終始さわやか~shineな好青年でちょっと対照的すぎたんだもん。

でもほんと、二人のデュエット曲はホントに(誰も疑ってない)よかったのよ~happy02

さてその歌の歌詞のほとんどを書いてくれたのが男性デュオアルケミストのこんやしょうたろうさんです。この日は実は東京タワーでライブ。あっきーも以前クリスマスシーズンにライブした水曜日定例の333ライブです。
すっごく行きたかったんだけど、初日と重なってはあきらめざるをえませんweep
前回のフリーライブの即興新曲コーナーで、わたしがメールしたお題が選ばれたのに気を良くして(笑)今回もメッセージ送ってみました。「星めぐりのうた」のこと、ライブで話題にしてくれることを期待して。

帰宅してライブのアーカイブ映像(アルケミストのフリーライブはすべてUSTでライブ配信)をチェックしたら、お題は採用されなかったけど☆めぐりのお話はしてくれてました!本公演はスケジュールの都合で見られなかったけど、ゲネをご覧になったそうです。

アルケミスト東京タワーライブの模様はこちらからどうぞ。2ndステージです。
http://www.ustream.tv/channel/rt-tv-ust

ツイッターでも井尻さん、ミュージカルのお歌をほめてくださってました。

ちなみにあっきー作曲の歌はこの4曲。

M1 いつか星に
M2 僕は何者?
M19 いつまでも
M21 星めぐりのうた

この「いつまでも」を名前にもらったカクテルが今回のオリジナルカクテルのひとつになっています。

Gingabar04

Gingabar03

Gingabar01

今回は時間がなくて飲めなかったんだけど、次回早めに行けたら飲んでみたいです。あっきーの「いつまでも」はノンアルコールがないので…。星めぐりのうたを飲んでみようかな。大好きな洋なしソーダ味♪色もきれいbar

銀河バーのブログで詳しく紹介されてますよ。

って、今これ読んで知ったんだけど、開場1時間前なんだ??そして終演後は飲めないのね~。気を付けようsweat01

グッズは今回はポストカード型のプログラム(1500円)(↑に表紙画像)だけですね。

Hoshipro2

これコンパクトでいいんだけど、開くとこんな感じ。

←ほんとにポストカードサイズなので、字が小さいsign02

字が細かくて読めない~。eyeglasssearch必要かも。

印刷スペースも小さいわけだから、各キャストとスタッフの紹介、楽曲リスト以外のプロダクションノート的な解説はなし。それがちょっと残念かな。実際これポストカードとして使うとしたら保存用にもう一部買わなきゃいけなくなるわけで。

ん~、、正直プログラムは普通にしてもらって、ポストカードはグッズとして別に作ってくれた方がうれしかったかも。(知恵をひねってくれたスタッフさんごめんなさい)

最後にあっきーに届いたお花たち。全部じゃないけど。

Flower01

Flower02

Flower04

Flower05

最後の最後にひとつ、どうでもいいツッコミを。

人は車に衝突しないと思う。自分からぶつかっていったとしても。
普通に「はねられた」でいいんじゃないのかな~。

なんかちょっと日本語引っかかったんで。

次回は土日各1回ずつ見ます。ってかそれで終わりですが。
短い公演期間ですが、舞台は観客を入れて初めて成り立ち、影響し合って成長するもの。初日の曖昧な気分が払拭されるように進化してくれてますように。

それと今日のタイトルは、この舞台の初日用に使おうと決めていました(笑)わかる人はわかるはずwink

わ~、気がついたらけっこうたくさん書いてた~(笑)

« あまり盛り上がってはいないけど期待はしてます | トップページ | 「ロックオペラ モーツァルト」公式サイトの更新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/47493756

この記事へのトラックバック一覧です: 星降る夜にきかせてよ:

« あまり盛り上がってはいないけど期待はしてます | トップページ | 「ロックオペラ モーツァルト」公式サイトの更新 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ