あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ♪雨が降ったらやさしくなる | トップページ | 星めぐり稽古中、そしてみんな先に進んでしまう »

2012年9月24日 (月)

それぞれの後記

9/23HAKUJU HALLコンサート出演者のブログコメントが出そろいました。

あっきー
http://blog.owakuri.com/?eid=191741
後でまとめてアップしますと書いた後に(出来たら)って可笑しいhappy02
もちろん無理しなくていいから。
でもリハの様子も後で、って言ってそれきりだから(笑)
どんな気持ちでステージ終えたか、一言でも伝えてもらえたらうれしいな。
各ステージの舞台衣装写真と一緒にね。
そうすれば来られなかった人にも伝わるでしょう?

西方くん
http://ameblo.jp/nishikatamasateru/entry-11362731813.html
中川晃教という稀有な才能を持つアーティストとの出会いから、PopChic(ポップシック)への取り組み、大坪さんやさかきーとのかかわりから見えてきたゴール、クラシックの枠組みをこえて、しかも自分の音楽を捨てずに活かす道があることに気づいた喜びが素直な言葉で綴られててとても微笑ましいlovely まだまだ若いやわらかな感性を磨いていってほしいと思います。

大坪さん
http://blog.livedoor.jp/dybo/archives/52428234.html
あっきーと一緒に音楽を作るっていう作業は、ほとんど格闘技みたいなもんだと思うのですimpact
わたしにはそう見えます。
あっきーが熱くなると、さかきーも大坪さんもそれに反応してピーン!と弾ける瞬間が確かに目に見える。特に大坪さんは、時々むきになって(笑)対抗してるように感じることがあります。大人のベテランミュージシャンを本気にさせる、刺激的な天才、それが中川晃教。

さかきー
http://blog.goo.ne.jp/sakakey_1960/e/1f342fd0a22f715e6b31681f0cd8e3e2
もう何も言葉がありません。
以前からあっきーとさかきーって似てるって思ってたけど、こんな風に深く魂が共鳴する二人が出会うって奇跡じゃないでしょうか。そこから生まれる音楽が持つ魅力をこんなにも簡潔に美しい言葉で表現してくれて胸打たれました。
たったひとつわたしが付け加えるとしたら、これだけ。

さかきー、ありがとう。あっきーにはあなたの愛heart01が最も必要です。
これからも音楽的に寄りそったりケンカしたりしながらあっきーを支えていってください。

そしてVISIONに公式セットリストがアップされましたが、う~ん、これはたぶん、やる前の「予定」リストですよねsweat01

« ♪雨が降ったらやさしくなる | トップページ | 星めぐり稽古中、そしてみんな先に進んでしまう »

コメント

うふふ・・・ここの・・・まねかな
でももう稽古が始まる?始まってる?

>bunさん 「ここのまねかな」の意味がわからなくて
少しばかり考えてしまいました。
な~るほど(笑)

hildaさん
オーディエンスはあっきーもさかきーも大坪さんもまーくんも林さんも愛してますよね~

>bunさん
え゛?何のことですか~??
わたしわかりませんsweat02
何が何のまね?
☆めぐりのお稽古ならもう始まってますよね。
あっきーと育ちゃんが今日から参加したかどうか知りませんが。

>じゅんぺいさん
じゅんぺいさんもわかったのに、なんでわたしがわからない@@
そうそう、わたしたちはあっきーの歌声を届けてくれるすべてのものを愛し、感謝してますよ~happy02ねっ。
林さんのコメントだけないけど、23日は客席でゆったり楽しんでおられましたね。

(出来たら)
書く人は読者の気持ちを読者は書く人の気持ちを思いやる素敵なワンクッションってことかな?

hildaさん
すみませーん。
ごめんなさい。
最後まで読まずに勢いでコメントしてしまいました。

さかきーの深さも大坪さんの想いも西方君のみなぎる可能性も林さんの暖かさも
なくては完成しないコンサートでした。
私たちも満足のいく応戦が出来ていたのでしょうか。
時間は短かったかもしれないけど、おなかいっぱい、満足!大満足!
23日の夜は興奮して眠れませんでした。

>キリコさん
あっきーもそんな気遣いができるくらい大人になったってことかしら(笑)
もうすぐ三十路だもんね~wink

>bunさん
ごめん、ほんとはまだよくわかんないけど(笑)
たぶん深い意味はない…のかなcoldsweats01
ほんとうにあの4人の(それぞれの)組み合わせがなければ生まれない音楽空間でしたnotes 
これからはわたしたちももっと対抗できるくらい、覚悟と体力つけて臨まなくてはrock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/47199665

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの後記:

« ♪雨が降ったらやさしくなる | トップページ | 星めぐり稽古中、そしてみんな先に進んでしまう »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ