あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「撃墜王」初日のカーテンコール | トップページ | 「撃墜王」新着記事 »

2012年8月 5日 (日)

【かなりネタばれ】「撃墜王」初日の舞台感想

「包み隠さず」思いっきりネタばれありです。ご注意ください。
でもまあ、ネタばれしたらつまらなくなるような舞台だったら、それだけの舞台ってことですよ。
もちろん、何も知らずに見てびっくりすることが重要なお楽しみになってる舞台もありますが、これはそうでもないと思うし。大体これだけの有名なベストセラー小説を下敷きにしてるんだから、ある意味とっくにネタばれしてるわけでそんなに気を使う必要もないかと。
っていうのは言い訳でして、いまネタばれしないでいずれ詳しく、なんて言ってると結局レポしそこなう可能性が高いというわたしの一方的な都合ですbleah

前作のときは、ゲネ見て初日見て、そのビミョーさをどう書いていいかわからなくて、ついに感想アップできませんでしたが、今度は二度目だし、あっきー主役だし、遠慮なく書かせていただきますよ~。同盟篇後の銀英伝FC打ち上げパーティで話題になった反省点がどのくらい改善されたかの確認含め。

開演19時きっかりに始まりました。
舞台上の幕には、大きな4枚のエースのカードが並んでいます。
暗くなっていきなり空中にスパルタニアンの操縦席が出現。乗っているのはポプランです。
これはけっこう度肝を抜く登場シーンでしたね。
続いて他の3人のエース(撃墜王)たちも登場。この空中戦の表現は、前作の肉体的アクションによる描写よりわかりやすかったかな。好みの問題かもしれませんが。
すごく凝った演出と思うけど、最初の一回は新鮮でも、2回も3回も使われるとちょっとどうだろう…。
しかしあっきー、あの体勢でよく歌えるね。他のみんなは椅子に腰かけた姿勢だけど、あっきーだけ足を前に伸ばしてるの。他の誰よりも高い位置にいることが多いからかもしれないけど、大変だと思う。高いところといえばエレンディラやTOMMYを思い出すけど、高所恐怖症じゃ役者は務まらないってことね。(違)

ちょっと待て。
こうやって1シーンずつ書いてると終らないsweat01
まず全体的な印象からいきましょうか。

ストーリーとしては、同盟篇と同じアスターテ会戦から始まり、イゼルローン要塞攻略までその裏側を描くような感じで進み、帝国侵攻~アムリッツァ会戦までが1幕。2幕は捕虜交換式とドールトン事件が中心で、帝国軍捕虜になっているアーサー・リンチにラインハルトが同盟国内でクーデターを起こすように指示、蜂起自体は成功したに見えたが…。はたまたフェザーンの黒狐ルビンスキーの野望とは??(続く~)
って感じでしょうか。さすがに無理矢理バーミリオン戦にワープはしませんでした(笑)ちょっと残念ですが、シリーズが続いていけばいつかはあのカッコイイセリフが聞けるかな?その時もポプランはあっきーでありますように。

正直言って、一幕1時間30分以上。長っsweat01 幕間にキティの制作スタッフさんをつかまえて、いきなりダメ出し(笑)かったるいですよ~。もうちょっと整理してくれないと耐えられない!とは言えなかったけど、もう少し照明その他のタイミング調整してみるとおっしゃってました。
いや、照明っていうか、セリフのビミョーな間合いとかね。そのへんは公演回数を重ねていくうちにだんだん改善されるかな~。

ナオミを口説くシーンも酒場で女の子を口説くシーンもちょっとわたわたしててくどいと感じるんだけど、あおのへん同盟篇でもそうだったように、アドリブ大会になりそうで、それはそれで楽しいんだけど、芝居の流れを遮るくらいのギャグは鬱陶しい。
いやいやいや、そうじゃないな。
普通の芝居を期待するから鬱陶しいと感じるわけだけど、あれは狙って組み込まれたシーンだから、もうあきらめて生温かく見守るしかないのですよ。おもしろかったら盛大に笑ってあげましょう。←なんじゃ、この上から目線

1幕のかったるさに比べて、2幕はそりゃもう飛ばす飛ばすrun 突然ユリアンが語り手になってるし。(このエピソード自体ユリアンの日記だもんね)
あらすじにあった捕虜交換の輸送船団での事件って、たぶんドールトン事件だろうとは思っていたけど、まさかそこにオリジナルキャラのナオミがからんでくるとはまったく予想外でした。
1幕からなんかしつこく、名字を連呼してると思ったら…(笑)
しかしこんな事件を起こしたのでは、原作と違って死にはしなかったけど、もう次からは出られませんよね。ナオミさん、さようなら~paper(まだ終わってない)

話題があちこちに飛びますが、映像の使い方。これは前作よりかなり増量。迫力もあって、これはDVDになった時すごく効果的かもしれないと思いました。
陣形を紗幕に映し出す手法は同じなんですが、今回はどれがヤン艦隊でどれが帝国艦隊(ケンプ艦隊)か字幕が付くようになりました。前回は●とか■とかがじわじわと動くだけで、大きな○がイゼルローンだとはわかるものの、原作知らないと(知ってても)どっちがどっちか位置関係がまったくわからかったと思うので。

逆に攻撃砲にレーザー光線を使った演出は、これは劇場で立体的に体感するのがベストです。これは非常に美しい。わたしは今回6列目の下手のはしっこに近い座席だったので、時々後を振り返って、客席全体を縦横に駆け巡るレーザー光線をチェックしてました。
全体的なイメージをつかむには、2階席3階席から見るのがいいかもしれません。

舞台装置や小道具系の話でいうと、今回エアキーボードはなくなりました。
あのマイムはかなーり違和感あったんですが、今回は実際キーボードを叩いている手元は見えないながら、いちおうデスク上のコンソールに向かっています。
それと椅子もデスクもかなりりっぱになりました。少なくともパイプ椅子じゃありません(笑)

しかしまあ、今回様々な不満を一掃してくれそうなのは、やっぱりなんといってもあっきーポプランの歌声です。オープニングの「撃墜王カルテット」(また勝手に命名)は、音響のせいか座席位置のせいか、歌詞がよく聞き取れなくてちょっとフラストレーション溜まりましたが、「カンランセキのテーマ」で軽くボディブロー、そしてなんといっても1幕最後の歌!生きることと死ぬこと、戦いの意味を問う魂の叫びが、冗長に思えた1幕をきっちり引き締めてくれました。

ポプランの造形、わたしはチャーミングだと思うんですが、原作ファンから見るとどうなんでしょうか。原作のポプランも確かにお調子者だけど、なんたって「イゼルローンの諸星あたる」ですから(笑) でもちょっとおちゃらけ度が今回アップしすぎなような。1幕なんて、アムリッツァの敗戦と最後の歌がなかったら、完全にお笑い系ですよ。いいんだけど、楽しいから。でももうちょっとかっこいいポプランを見たかったな。
なんだかんだ言って劇中では一人も女を落とせてないし~。
突然顔ちっちゃく、EXILE化したシェーンコップに完全に負けてるし~。「双璧」って言えないじゃん?

ポプランの髪の毛、前と同じストロベリーブロンドですが、もっと長くなって、頭のてっぺんで結わえてません。あれってヅラかな~。稽古場写真の髪、黒かったですよね。今回は染めなかったのかな。

だらだら書いてきましたが、他のキャストについても一言くらい書きたいけど、長くなったので次の記事で。ちょっと一休み。
(to be continued)

P.S.
あっきーファンの「かおりちゃん」、よかったねwink

« 「撃墜王」初日のカーテンコール | トップページ | 「撃墜王」新着記事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/46583368

この記事へのトラックバック一覧です: 【かなりネタばれ】「撃墜王」初日の舞台感想:

« 「撃墜王」初日のカーテンコール | トップページ | 「撃墜王」新着記事 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ