あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 風を入れる | トップページ | 「ロックオペラ モーツァルト」主演! »

2012年8月26日 (日)

舞台版銀河英雄伝説の作り方

同盟篇の後からこのタイトルで何回か書きかけて挫折していました。

我が家には熱烈な銀英伝ファンがいますが、わたし自身はそれほどでも、っていうか人気作と言うことは知っていても、実際に原作に目を通したのは、同盟篇へのあっきー出演がきっかけで、というだけのにわかファン(とは言えないか)です。

それでも最新情報知るために公式FC(無料)に登録し、ゲネプロ見たさにファンミーティングにも参加し、終了後は打ち上げにも参加し、そこで制作スタッフのみなさんの良い舞台を作りたいという熱意や、ファンの声を大切にしようとする誠意などを感じて、応援する気持ちでいました。

その結果としての「撃墜王」舞台がどうだったか?

残念ながら、演劇ファンや銀英伝の原作ファンにとって満足できるものではなかったと思います。みなさん口をそろえて、ポプラン(中川晃教)の歌と音楽はよかったと言ってくださる。それはあっきーファンの自分にとって、うれしい言葉ではあるのですが、誰よりわたし自身が満足できなかったのです。

あっきーファン友のみんなも、脚本と演出びみょーだったけど、あっきーの歌が聞けたからよかったって、みんな、ほんとにそれでいいの??sweat02

中川晃教の歌の力を信じて、楽曲提供させてくださったこと、舞台でその歌声を聞かせてくださったことに関しては、わたしも感謝してますよ。感謝はするけど、それと舞台そのものの評価は別です。

懸念されたJの方々については、わたしはよくがんばったと思います。特にニカちゃんのコールドウェルは、ほとんどオリジナルキャラと言っていいほどでしたが、おいしい役どころをはつらつと演じて好感が持てました。

横尾くんは、姿勢やセリフ回しには大いに課題が残るものの、誠実なキルヒーとしてわたしは悪くなかったと思います。ラインハルトと並んだときのイメージは原作からはかなり離れてますが…。ま、かけ離れてると言えば、ポプランが一番原作キャラから離れてましたね(笑)

ですが、昨日の新作キャスト発表(第一弾)を見て、う~んとうなってしまいました。

■スポーツ報知
キスマイ横尾&二階堂、舞台初主演…「銀河英雄伝説―」

■アニメ!アニメ!
主演はキスマイの横尾渉と二階堂高嗣 「銀河英雄伝説」舞台最新作上演決定

そして時を同じくして更新された、シリーズの11月公演情報サイト。

銀河英雄伝説 輝く星 闇を裂いて

ストーリーが大幅に書き換えられており、原作の外伝「千億の星、千億の光」からも大きく横道に逸れ、何より当初言われていたシェーンコップとローゼンリッター中心の話ではなくなっていますよね。

これはどういうことでしょうか?

「撃墜王」でも原作のエピソードを絡めながら、オリジナルな展開を見せていました。かなり無茶な展開ではありましたが、それでも原作キャラが基本にあったと思います。

同盟篇ではむしろ原作ファンを大切にするあまり、演劇的な完成度がおろそかになっていると感じました。(これはFC打ち上げで制作側にも伝えました)

それでもまだこれまでは原作ありきで、制作側にも原作の世界と原作ファンを尊重しようとする姿勢はあったと思うのです。

ですが今回は、明らかにキャスト優先で、主演者のためにオリジナルキャラを作ってまで話を変えてるように思われます。

舞台版と小説で表現方法が変わるのだから、違うストーリー展開になることはあっていいと思います。それはもうどんな原作の映像化でも舞台化でも同じこと。でもこれはちょっとやりすぎじゃないですか?

邪推すれば、「撃墜王」であっという間にチケット完売したことに味をしめて柳の下のドジョウ狙いか?とまで勘繰りたくなります。

Jのお二人には何の恨みもないし、撃墜王ではかなり好感持ったくらいなので、当人たちには責任のないことでこんな風に書くのはとても残念です。

商業演劇だから確かに集客は大事。同盟篇では実はチケット販売にちょっと苦戦したらしいです。そのリベンジってことなのかもしれませんが。場所も国際フォーラムCだし。

同盟篇FC打ち上げでは、集客目的でJの方々を起用したのじゃない、とうかがいました。予想以上にチケットがはけてしまったのは計算外で、肝心の銀英伝ファン(毎回見てくれている)の方々がチケ入手困難にさせてしまって申し訳ないという言葉まであったのになぁ。
もしかしたら、わたしが直接お会いしてお話させていただいた制作スタッフのみなさまにもどうにもできない、もっと上の方の「大人の事情」があるのかもしれません。
シリーズを続けていくために必要な戦略だって言われればそれまでですが。

誰に見せるための舞台なんですか、って聞きたい。

次回公演座長となるお二人にはがんばってください、としか言えません。
あっきーからのメッセージによると、お二人ともとても勉強熱心で、役作りに真摯に取り組んでらしたそうだから、これから舞台をはじめ役者として経験を積んでいけばきっと伸びるでしょう(上から目線ですみません)

ただなんかこういうことが続くと、次回作だけでなくこの舞台シリーズが今後どうなっていくのか心配になってしまうし、演劇的おもしろさに期待できなくなっていくのが残念でたまりません。熱心な原作ファンというわけではないわたしがそう思うのだから、これまでこのシリーズを支えてきたファンの方々はどんなお気持ちだろうと思います。

すでに公表されている情報ですが、この舞台版シリーズは、1年ごとに帝国篇、同盟篇と交互に上演される予定で、来年の帝国篇、さ来年の同盟篇まで上演予定が決まっているそうです。
あっきーポプラン続投なら、これまで2回の出演の実績と評価を買われて、ということになるので、ファンとしては喜ばしいのですが、見るのが苦痛な舞台ではちょっと観劇も考えてしまいます。出てほしいようなほしくないような複雑な気持ちでございます。(なぜ突然丁寧語)

あっきーがおわくりで元気よく「絶対見に行きます」って言ってますが、ひとつの舞台をともに作り上げた仲間への思いやりが感じられて、ますます複雑な気持ちに。

そしてすっかりやる気なくしたので、「撃墜王」千秋楽のレポとアフタートークレポは書きかけのまま埋もれていく予感catface(え゛?)

« 風を入れる | トップページ | 「ロックオペラ モーツァルト」主演! »

コメント

私もにわかファンです。
まだ全巻読めてないし・・・。

でも、にわかファンとして11月の舞台は1回は
観に行こうと思ってました。

シェーンコップは誰がやるのかとか、その他もそれなりに
期待していました。

大人の事情は分からなくないけど何作も続けるつもりなら
『【舞台 銀英伝】は【銀英伝】に在らずなので観ない!』
なんていう事にならないといいけど。

いっその事、宝塚みたいにJ版を創ったらどう(爆)


hildaさん、こんばんは!

うんうんと頷きながら読ませていただきました。
銀英伝の舞台は、これまで一回一回新たな表現での舞台化に挑戦しているという印象でした。
今回の「撃墜王」篇も、そういう意味での挑戦が、ちょっと外れちゃったのかなあ…って自分を納得させていました。
脚本はどうあれ(え)登場人物の基本は原作を踏まえていたし。
キャストや演出は好みあるし…若者の成長って凄いし…
だから、次の舞台もタイミングが合えば観に行くつもりでいたのですが…
今回のキャストとあらすじの発表は、ちょっと衝撃でした。

私はどちらかというと原作よりのファンなので、公平な見方はできていないかもしれませんが、
(実際、春の同盟篇は大満足でした/笑)
本当に、制作者は舞台 銀英伝をどこに導きたいのかな、と思います。
商業的な成功も大事ですし、キャスト目当てでこの物語に触れた人が、原作にも興味を持ってくれたら嬉しい。
原作にがちがちに縛られなくてもいい。
でも、原作そのものへの愛情や、長くこの物語を愛してきた人たちに寄り添う気持ちはなくさないで欲しいし、
舞台だからこそ広がる世界を大切にして欲しい。

一原作ファン且つ演劇ファンとして、そう切に願います。

上演から時間が経ってしまったのですが、
11月にとってつけた様にキスマイ2人の主演の外伝があるというニュースを見て、もうチケット売れればいいってだけなの?と思ってしまい、「撃墜王」篇の出来はまずどうだったんだろうと感想を書かれている方のブログを拝見していましたが、初めて私が知りたいことをお書きになっている方に出会えました。

「自由惑星同盟篇」@東京国際フォーラムはちょっと誘われて観に行ったのですが、
原作を全く知らない私は登場人物の関係もわからないし、脚本も全然面白くないし、ダンスも映像も唐突だし、良い俳優さんも沢山出てるのに活かされてないし、河村隆一主演なのにお客さん入ってないし・・・でただただ苦痛の観劇でした。
その中で中川晃教さんだけが登場しただけでぐっと舞台がしまって、唯一しっかり観れる場面になっていました!

その中川さん主演の外伝!観たかったのですが、キスマイの2人が出演するのもあってチケット取れずで、実際どうだったのかなあ?とは思っていました。
現実とはかけ離れている世界観を表現するのにCG使うだけではダメだろうし、原作知らないと何もわからなくなる脚本ってもってのほかって思ってるのですが、残念ながらその範囲を超えたものにはなってなかったようですね。

キスマイは好きですしジャニーズも観に行くのですが、完成度低くてもただただ観に行ってしまうファンにはなれない(kat-tunファンだけどDream boysは1度きりでいいって感じでした)ので、やっぱりしっかりやって欲しいです。
でも11月は観客動員出来るしちょっとやってみようくらいな感じがしてしまいますね。
この『銀河英雄伝説』が間違った方向に行かないか?心配になってしまいます。

中川さんは今回初めて拝見したのですが、
これからも観たい!と思う俳優さん&歌手ですね。

みなさん、コメントありがとうございました。
遅くなってすみません。
今日キャストの第二弾が発表になりましたね。
岩永さんのシェーンコップ、かっこよかったので続投よかったですね。
今回はわたしは見る気はありませんが、岩永さんのファンの方や純粋に原作ファンで続けてごらんになってる方々が無事にチケット取れますように祈ってます。

>tabibitoさん
舞台版は原作と違っててもいいと思うんですよ。
それでも原作の世界を別の形で表現したものであってほしいです。
それが原作の人気を当て込んでこの舞台シリーズ化を企画した側の原作とそのファンに対する最低限の礼儀だと思います。
これが銀英伝のエピソードをベースにした単発の舞台であれば問題なかったと思うのです。
Jさんの方でお好きな方(売り出したい方)を主演にすえて、ストーリー改変だろうとオリキャラだろうと、ご自由にどうぞ。って感じ。
たとえ、それが銀英伝でさえなくなっていても、おもしろい舞台であればOKです。(わたしは)
でももうすでにシリーズ本編、外伝含め6本目でしょう?
それでまだ原作の2巻までくらいしかストーリー消化できてないから、もし最後までやるつもりならもうあと10年くらいかかる?(笑)
今回本編じゃないから…という言い訳はありだと思いますが、これまでのシリーズを支えてきたファンの期待を裏切ってまでそうしなければいけなかった理由はわたしにはわかりません。
来年予定されている「第三章」が今回心が離れてしまった(かもしれない)原作ファンの方々が納得できるものでありますように。

>恭穂さん
原作ファンのお気持ち、お察し申し上げますsweat02
恭穂さんは、去年の第一章からご覧になってるんですね。
「舞台だからこそ広がる世界を大切にして欲しい」
それこそが舞台化する意味だと思います!
ただ、残念ながらわたしは同盟編からも撃墜王からも舞台化した意味(物語としての必然性)を感じることができませんでした。
それで実をいうともう次回から、そういう意味での期待はしないようにしようって思いました(笑)
恭穂さんは、第二章よかったんですね~(笑)
撃墜王もですが、やっぱりある程度原作知ってた方が二次創作として楽しめますよね。
原作知らずに見て、ちんぷんかんぷんだった方もいれば、逆に原作に興味もってくれて観劇後に全巻読破したなんて話も聞きます。
そういう反応が一番うれしいと、それが原作への恩返しだとおっしゃってたスタッフの方がいました。
その気持ち、これからも大切に持ち続けてほしいですが…。

>TOM★オさん
初めまして!
コメントありがとうございます!
TOM★オさんは同盟編はご覧になって、撃墜王はご覧になれなかったんですね。
同じつまらない観劇なら(をい)、撃墜王であっきーの歌声をぜひ聞いていただきたかったです。
でも本当に今回はチケ確保するの大変で、わたしはかろうじてFC先行で取れましたが、ずっとシリーズ続けて見てきた原作ファンの方や、後から配役発表になったニコラスくんのファンとかは涙を飲んだかもしれませんweep
TOM★オさんも残念でした。
でも大丈夫です!
あっきーファン以外の方が見逃して一生後悔するような舞台じゃありませんでしたから(え゛~)
舞台の感想は人それぞれなので、必ずしもわたしみたいに感じた方が多いとも言えませんが、ご参考になったのであればうれしいです。

また、同盟編での中川晃教の登場シーンは多くありませんでしたが、ほめてくださってありがとうございます。
初めて見た方にそんな風な印象を残したと知ることができて、ファンとしてとてもうれしいです。

実はいまさっき、来年の舞台予定のニュースが入ってきて舞い上がっていますが、中川晃教はこれからもどんどん素晴らしい舞台に立ち続けますので、ぜひ注目していってくださいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/46823763

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台版銀河英雄伝説の作り方:

« 風を入れる | トップページ | 「ロックオペラ モーツァルト」主演! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ