あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« つぶやきましたが | トップページ | 7/20日経関西版にインタビュー記事 »

2012年6月28日 (木)

大阪のラジオを聞く

大阪のあっきー友のおかげで、大阪で放送された「吉本百年物語~舶来上等、どうでっか?」(やっぱり長い~)関連の番組はほぼ見たり聞いたりできています。ありがたや~happy01

ちょこっと感想などを。

■6/15放送 ABCラジオ「兵動大樹のほわ~っとエエ感じ」
兵動さんは吉本の方なんですね。へびいちごさんたちと同期とおっしゃってました。
あっきー、舞台について熱く熱く語っていますね~。関西弁の苦労、寛平さん演じる兄正之助と弘高の関係についてのあっきーらしい解釈、他の役柄やキャストについても。へびいちごさんたちの給金アップ交渉のシーンは、後で追加されたものだったんですね。基本はお笑い封印と言いつつ、吉本の舞台に期待されるものに対しても応えていくためにいろいろと工夫がこらされた舞台なのですね。

■6/25放送 押尾コータローの押しても弾いても
スタジオ日記に収録日の画像がアップされています。お髭のあっきー(笑)
いきなり生ジングルで「♪めっちゃ好きやね~ん」贅沢贅沢lovely
押尾さんとのコラボで「I WILL GET YOUR KISS」を歌ってくれました。真夜中に響く歌声。眠れなくなりそう(笑) 
あっきーにはサポート演者に対するリスペクトがあり、それが演者の力を120%出させるという押尾さんのお言葉がうれしかったです。お互いの力を引き出す過程が舞台づくりに似ているかも、とも。こういうところで舞台を経験していることがあっきーの音楽を豊かにしていることがわかりますね。

押尾さんとのコラボ三回目ですごく相性の良さそうな二人ですが、ステージでご一緒したことはないということで、9月のちんじゅの森コンサートをものすごく楽しみにしていると。「そしてぼくは魚になる」をぜひコラボしたいと意気込んでいました。
8月のビルボードライブ大阪のライブのことは割とあっさりした告知のみ。(いいのか?)
ちんじゅコンサートがめっちゃ楽しみになってきました。

あれ、でもまだFCから申し込みのお知らせないですよね?いくつかのプレイガイドで先行始まってますが、NANの取り扱いは、吉本舞台が終わってからかな~coldsweats01

■6/17放送 ザッツ・ステージ薮下哲司のエンタメ講座
これ、大阪の友だちも聞き逃した方が多くてあきらめてたんですが、思いがけないところから入手できて聞くことができました。
なんと、CHESSコンサートの時にわたしのブログをのぞいて下さってた安蘭けいさんのファンの方がご連絡くださったんです。ありがとうございます~!happy02
もう感謝感謝ですよ。

この番組は去年「風を結んで」の時も出演しているんですね。
大阪の舞台関連のインタビュー中心の貴重な番組でしたが、このあっきーの出演の次の週、つまり24日で終わってしまったようです。残念think

この番組の中でももちろん、いろいろと吉本百年物語の舞台について語ってるんですが、「内緒なんだけど」と言われて共演の役者さんから聞いたというお話がありまして。あっきー、内緒話をバラしてよかったのかな(笑)
寛平さんがあっきーのいないところで、他のキャストのみなさんに、あっきーが吉本の舞台に立つということは、自分らがミュージカルの舞台に立つのと同じくらいの緊張感があるはずだから、そんな中川くんをみんなで支えよう、って言ってくださったんだそうです。
もう、寛平ちゃんたら、またまた泣いちゃうじゃないですか~weep

厳しいけど尊敬できるお兄さんに守られながら成長していった弘高さんと、演じる二人の関係がだぶりますね。

ほんとに温かいカンパニー。大阪の友によると、昨夜のカテコでは川岡さんがあっきーのことを日本の宝だとおっしゃってくださったみたいで、本当にうれしいです。

そんな温かい舞台ももうすぐ終わってしまう。名残惜しいですが、わたしも前楽、千秋楽としっかり見届けてきます。

« つぶやきましたが | トップページ | 7/20日経関西版にインタビュー記事 »

コメント

寛平さんの話―――

泣きました。嬉しいですね。

あらためてすごい挑戦をしたのだなと感じましたし、
真摯に立ち向かったからこそ、支えてもらっているのだなと思います。

この経験はほんとうに宝物。
最後までよりよい舞台でありますように。
あっきーと、関わったすべてのひとと、神様に感謝したいです。

>ミミさん
ほんとに感動しましたheart01
あっきーの生真面目さが回りの人も刺激し、包み込んでもらえてる気がします。またその異質感が逆に笑いを誘ったり、人間何が幸いするかわからないですね(笑)
あっきーも今回の舞台経験を活かして、また次のステップへ進めますようにup

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/45956616

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のラジオを聞く:

« つぶやきましたが | トップページ | 7/20日経関西版にインタビュー記事 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ