あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ちんじゅの森コンサートミニ情報 | トップページ | 東京の朝 »

2012年6月18日 (月)

なんばるんばさんば♪

というわけで(笑)なんばに来ております。変なテンションでごめんなさい(笑)
中川晃教主演、吉本百年物語6月公演「舶来上等、どうでっか?」を見にやってまいりました。
地下鉄御堂筋線なんばの駅を出たところに、ドーン!

Sany2806

ちょっと歩いたら、5月公演の大きな垂れ幕ポスターが見えてきました。あれ、6月のはないの?と思って振り返ったら、目の前にドーン!

Sany2814

このちょっと先になんばグランド花月があるのですが、ちょっと横道のぞいたら、ここにもドーン!

Sany2830

あ、これだ!明日香さんや、児玉さんや、隅田さんがブログに載せてた画像のポスター。
ご確認ください(笑)→隅田さんブログの集合写真(他の二人のとちょっと違う)

さあ、着いた。娯楽の殿堂、日本の笑いの発信地。

Sany2828

曇りだったんですが、妙な反射光が入ってちょっと白けた画像になっちゃってますcoldsweats02

ホテルのPCからデジカメの画像をアップするテスト兼ねてアップしてみました。




しかし賑やかなところですねflair
なんば、来たの、たぶんなんばパークスでゲキ×シネ「SHIROH」を見て以来だと思うんですが、あれはいつだっけ?
いつも大阪に来ても目的の劇場やライブハウスなど会場と駅の間しか動かないので、こんなに大阪のど真ん中?を訪れたのは初めてだと思います。
なんかすごい、パワーを感じます。
東京にもある、というか東京の方が先?ビックカメラも街頭ビジョンが派手!shine
このアーケードだけでも明るくて元気でうるさいくらい陽気で猥雑で華やかsun
そんな場所の中心地であっきーの舞台を見るというのは、初めての体験で、なんだかとってもレアで新鮮な気持ちです。
周辺には、当然ながら大きいの小さいの、そこここにあっきーポスターが貼ってあり、劇場前でははっぴ姿のお兄さんたちがチラシを配っています。

Sany2846_2

Sany2849_2

Sany2851

Sany2859

↑ここは制作発表の会場ですね。

ドキドキしながら初観劇。

すっごく楽しかったです!いやほんと、嘘偽りなしに(爆)

お芝居っていうのじゃなくて、お芝居付きのレビューというかショーと思えば、まったく不満はないです。(サムライの初日とか銀英伝のゲネで感じたどうしようもない違和感に比べれば、全然オッケーgood)

NNMB48のみなさんは明るくかわいいいし、カンペイちゃんはさすがの貫録、川畑さんは素晴らしい芸達者で、この人がいないと芝居が回りません。隅田さんは特に前半、オンステージ!と言ってもいいくらい八面六臂の大活躍で完全にあっきー食われてますcoldsweats01 後半もおいしい役回りだし、今回一番印象的かも。女優隅田美保の誕生か?意外と目立たなかったのが明日香さんですが、後半のソロはさすがに聞かせます。

さていよいよあっきーですが。いろいろ聞いてて心配もあったんですが、すごくよかったですよ!大阪弁もがんばってたし、もちろん完璧とはいかないけど、とにかくまじめで稽古熱心だったというお話をカテコで間寛平さんがしてくださって、また感涙weep長引くあっきーの挨拶にもみなさん温かくサポートしてくださってうれしかったですよ~。

って、カテコの話にいっちゃったsweat01

あっきー、まずスーツ姿が似合うこと!lovely3着ほど着替えますが、どれも似合ってて、でもわたし的には上着を脱いで手に持ってるシーンのが好きかな。

何より歌が!どれもよかった~happy02
4曲と聞いていましたが1曲やけに短くて、3.5曲ですね(笑)
後でリプライズ(みんなでコーラス)ありましたが。

ちょっと思ったんですが、あっきーの歌声ってマットで骨太ですよね。そしてパワーがあるからこその繊細さも同時に持ってる。

こういう歌声だから、なんばグランド花月というある意味由緒正しき舞台にはまるんじゃないかな~って。だから選ばれたのかなって。

時々テレビの若い芸人さんたちの話が下品すぎると感じたり、人をバカにしたり揶揄するようなことで笑いを取ろうとしてると感じて気分が悪いこともあるけど、基本的にお笑いって、頭脳プレイだと思うのね。決して軽い芸じゃない。

なんて、ややこしい話は自分でも迷路にはまりそうだからやめといて(笑)

とにかくわたしはこの舞台で幸せな笑いをたくさんもらえたってっこと。

それはもちろん、あっきーだけの力じゃなくて、周りでサポートしてくださってる芸人さんたちがすごいからだと思います。特に川畑さんにはありがと~~~!!と叫びたいくらい。

意外だったのが西川さんと太田里織菜ちゃんのデュエット、これがいきなりミュージカル風だけど、とってもよかったんです。西川さんて歌える方だったんですね。

そしてお茶子のお黒こと隅田さん~、大好きになりました!heart01heart04
役得とも言えるけど、見せ場がいっぱい。
日劇ダンシングチームかリオのカーニバルかっていう、大きな羽を背中にしょって、レビューのセンターを踊ったときなんかもうカッコいいし~。弘ぼん(弘高のことをそう呼んでる)への一途な思いも笑っちゃうくらいまっすぐで、踊り子たちを監視する役目でちょっと意地悪なくらい冷徹なところもあるかと思えば、ラストに見せた情の厚い「いい人」ぶりも「そう来ると思った」いい意味で期待に応えてくれちゃう展開と演技で気持ちよい。
この記事のタイトルは、隅田さんに捧げます(爆)

他の方たちについても一言くらい書いておきたいけど、そろそろ時間切れ。

帰宅したら、ぼちぼちストーリーのネタばれ含めて思い出し書きしてみようと思います。

【追記】
そうだ、吉本百年物語公式サイトに6月公演のCM(1:30)動画がアップされています。

YouTubeからでも見られますよ~。

さっき聞いたばかりのあっきーの歌声が…またよみがえってぐ~るぐるtyphoon

« ちんじゅの森コンサートミニ情報 | トップページ | 東京の朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/45708881

この記事へのトラックバック一覧です: なんばるんばさんば♪:

« ちんじゅの森コンサートミニ情報 | トップページ | 東京の朝 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ