あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 名古屋に向けて | トップページ | SKYの歌 »

2012年5月24日 (木)

Sing it for the world Sing it for Japan

「TATTOO 14」を見てきました。
7人の孤児たちの絆とか女子力(水さん、使い方待ちがってると思う(笑))とか、自由すぎるあっきーとかニンニクの歌とか、いろいろ感動したり笑ったり、楽しいショーでした。

でも帰宅して真っ先にこれ、調べました。
最後に字幕が出て、みんなで歌った歌。
歌詞で検索したら、一発で出てきました。

MY CHEMICAL ROMANCE
"Sing"

Sing it out
Boy, you've got to see what tomorrow brings
Sing it out
Girl, you've got to be what tomorrow needs
For every time that they want to count you out
Use your voice every single time you open up your mouth

わたしの知らないバンドと曲名だったので、さらに動画や情報求めて検索してみたら、こんな記事が引っかかりました。
BARKS NEWS / マイ・ケミカル・ロマンス、日本のために歌う

記事中にこの「Sing」という歌をアレンジして震災に見舞われた日本を支援しようと作ってくれた歌の動画とiTunesストア(残念ながら日本からは利用不可)や歌の公式サイトへのリンクがあります。

元歌自体が「明日のために歌え、声を出せ、あきらめるな」という応援ソングなのですが、それを日本のために歌ってくれた。その気持ちに感謝ですね。

そしてこの歌をこのショーの最後に選んだ小林さんの気持ちは、昨年のアンパレ以来ずっと途切れることなくあの大震災で失われ傷つけられた人々の気持ちに寄りそっていたことを知り、またまた感激です。みんなで歌えてうれしかったですよ~。

舞台の話とあっきーのことはまたのちほど。

« 名古屋に向けて | トップページ | SKYの歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/45399080

この記事へのトラックバック一覧です: Sing it for the world Sing it for Japan:

« 名古屋に向けて | トップページ | SKYの歌 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ