あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「ミュージカル」にプロミセス対談 | トップページ | あいもかわらず照らし続けている月明りは »

2012年5月 5日 (土)

ラジオドラマ収録風景

わたしはハズレましたが(しつこい)、昨日のラジオドラマ観覧に当選したあっきー友のmさんがスタジオの様子などを教えてくれましたので、ご紹介します。

2ed

3ed

「ラジオドラマの観覧ってどういう風にするんだろうと疑問でしたが、なんと、同じスタジオ内、出演者の目の前に椅子が並べられて、観覧席になってました。
周囲には大きな衝立がいくつも並べられ、奥の中央、カーペットがしかれた部分にマイクが6本。出演者用の椅子が6脚。左脇にピアノが1台。
左右には背の高いマイクが観覧席の方に向けられています。

お手洗いなどすませて落ち着いたところで、前説の方が登場して、説明とか注意などを。
最前列中央に座って、拍手の合図をしたり、出演者にカンペで残り時間を知らせたり、しゃべることの指示をしたりします。
最大のサプライズは、観覧者はただ観るだけじゃなくて、参加もするのだということでした。
合図で拍手、はもちろん、面白いところがあったら笑ってもいいし、なんと歌をうたう箇所もあるという。
3つ目のドラマの最初で出演者が「仰げば尊し」を歌うので、一緒に歌ってほしいとのことで、練習をすることに。
ピアニストのコウノさん(9という数字の入った水色のTシャツに赤いキャップの素敵なおじさまでした)が登場して、2回練習をしました。

本番前結構ぎりぎりに出演者が入ります。
右のマイクから順に新垣さん、あっきー、南沢さん、近藤さん。
皆さん、片耳に黒いイヤホンをつけます。
あっきーは黒に白のドットが入った大き目のシャツを黒っぽいパンツの上に出して、靴は黒。
まだ赤い髪をきゅっときれいに後ろでまとめてました。
なんか違うと思ったら、眉が……みえない。脱色したのでしょうか。(プロミセス用なのかな?)初めてみるひとは「?」と思ったかも。
台本を持ったまま、手をあげて背伸びしたり、肩を動かしたりしてました。
やはりちょっと緊張してたのでしょうか。

すぐに本番が始まりました。
音楽のあと、いきなりあっきーが話しはじめ、あとはお聞きになったとおりです。
特にハプニングもなく、ドラマは続いていきました。
(後ろの観客の人が1回くしゃみをしたけど、あれは入ったかしら?)

終わったあとは皆さん、さすがにほっとした様子。
あっきーも隣の南沢さんに笑顔で何か話しかけていました。
ニュースが読まれている間に、出演者は挨拶をして拍手の中、退場。
あっきーも手を振って出ていきました。

8時以降の2つのドラマも無事に終了。
なんだかあっという間で、あれが日本全国に、同時刻に流れていたというのがちょっと信じられないくらい。
ちょっとあせったのは、3本目のドラマにもうひとつ歌があったこと。
いきなりカンペが出て、「このあと歌あり」「歌えたら歌ってください」。歌は「Happy Birthday」でした。(説明し忘れてたのかな?)

ラジオドラマといっても、映画の「ラヂオの時間」などに出てくる昔のラジオドラマの録音風景とは、やはりちょっと違います。
スタジオ内で、効果さんが効果音を作って入れていたのは、やはりかなり前の話。あれ、大好きなんですけどねえ。
当然のことながら、効果音も、音楽も、あらかじめ用意されたものを流して、出演者の声と組み合わせていきます。
でも、今回のように、台本をマイクとの間に置いてドアの向こうでしゃべる声を表現するとか、部屋に入ってくるところはオフから近づいてくるとか、モノローグは少しマイクに近づく、などは、やはり音だけのドラマらしい風景でした。

映像に関しては、昔とはくらべものにならないくらい、複雑で多彩なテクニックが使われてきていますが、ラジオドラマはやはり基本、音だけの世界。
聴き手のイマジネーションをどれだけ喚起し、広げることができるかが勝負の、シンプルだけど、奥の深いドラマです。
なんでもできて、新しく、刺激的なものが追及されがちな現代だからこそ、かえって新鮮で、魅力を感じるのかもしれません。
「東京VOICE」もそうだけど、今回の「想い彩り」も、聴覚だけに訴えるラジオだからこそのドラマだと思います。
ラジオドラマ、もっともっと作ってほしいですね。 」

mさん、詳細なレポありがとうございました~!happy01
確かに音だけの世界、ラジオのこちら側で聞く方がよりイマジネーション刺激されてドキドキしちゃいました(笑)

眉毛がなかった?っていうのは、プロミセス用に脱色かなんかしたんでしょうかね。
福岡でサイン会の時、その頭(赤い長髪)でやるんですか?って聞いたら、「いや、違うものになります」と言っていました。そりゃそうですよね~。あんな頭のサラリーマン、アメリカにだっていませんよね(笑)そのときは眉毛はあったと思うんだけど…。

わたしはラジオはありませんが、テレビの公開収録は何度か参加してて、テレビ放送ではカットされたところがおもしろかったりするんですが、ラジオの場合は視聴者からは完全に見えないところで起きてることが見られるので、お得感が大きいかも。(え゛、そういう問題)

またぜひあっきーにはこういうライブドラマに出演してもらって、いつかわたしも観覧できたらいいなぁって思います。
NHKさん、よろしく!paper

« 「ミュージカル」にプロミセス対談 | トップページ | あいもかわらず照らし続けている月明りは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/45149780

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオドラマ収録風景:

« 「ミュージカル」にプロミセス対談 | トップページ | あいもかわらず照らし続けている月明りは »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ