あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« エリザベート展トーク&ライブのお知らせ | トップページ | 独立6周年の日に »

2012年4月 1日 (日)

「SAMURAI 7」プレビューについて

今日また見る前にやっぱり初めて見た印象は書きとめておかねばな~、と思ったけど、間に合うかな?

Sakura01

Sakura02

東京開花宣言のこの日、渋谷駅前の桜?しだれ桜かな?ソメイヨシノより咲く時期が早いんですよね。

雨もやみ、風もだいぶ落ち着いてきたけど、嵐の雲はまだ去らず。

Koinobori01

Koinobori02

こどもの城から青山劇場の前を抜け、国連大学にまでつながる鯉のぼりの波!
桜もまだなのに、季節の先取り早すぎません??

しかし今回は前回公演のような大看板どころかポスターの一枚もないってどういうこと??

Aoyama01

気を取り直して、公演ですが、ざっくり言ってわたしはよかったです。(ざっくりすぎだろ)

前回公演と脚本自体はほとんど変わってないと思うんですが、役者が変わるとこんなに印象違うのか?って感じで、特に岡村さんイチオシの馬場くんと中河内くんがよかった。二人が剣を合わせる場面では、効果音なしでもいいくらいの緊張感あふれる殺陣を見せてくれましたし、2幕ではサプライズ!ここだけ前回と演出が変わった、カツシロウが歌ってキュウゾウが舞う場面もよかったです。(あ、ネタばれだったかな)
そしてなんといっても注目、我らがウキョウさまは、衣裳はたぶん同じかな?でもなんだか全体的にキラキラ度が増しておられました(笑)前はブーツにあんなキラキラした飾りついてなかったと思う。胸のブローチや袖口のカフスボタン?も派手になったような。
(追記:カフスじゃなくて、手袋の甲と指輪でした)
問題の(笑)髪は、たぶん総ヅラ。前回は一部自毛を使ってエクステでしたよね。
金髪の前髪がくるくる細かいカーリーヘアで横に流してました。
ちょっと前より人間らしくなった?と思ったら眉毛があった(笑)
アイメイクもちょっと変わったかな?
でも一番特徴的なのは、紫のチークカラー。これ、初演の銀ちゃんはやってましたよね。
アニメ版のイメージに戻したのかな?
そしてキャラ的には、前回の「異形」な印象より、どっちかっていうとグレーゾーン(爆)色を強めたように感じました。腰のひねりかた、髪の毛をいじるしぐさの板についてること!(笑)

もうちょっと詳しく書きたいけど時間ないのではしょって、とにかく全体的にものすごく泣けます。泣きました。わたしは。いろんな捕らえ方があると思いますが、7人のサムライのうち4人が一人(カツシロウ)に何かを残し手渡しながら死んでゆく場面も、もちろんウキョウさまが愛を求めて得られないまま死んでゆく場面も。他にもあるんだけど、またあとでね。

しかしこれだけは気になったので書いておきます。
今回アンケートがありませんでした。チラシ束に入ってなかったので、劇場スタッフに聞いたら今回はないって言うんです。プレビューだからじゃありません。この公演ではアンケートは設定されてないそうなんです。え~??それってお客さまのご意見は要りません、ってこと?
そういう公演もあるって、スタッフさんはおっしゃるんですけど。
昨日は特にプレビューでもあるし、むしろ積極的に観客の声を本公演に活かすべきだと思うんですが。

とりあえず3枚組のキャスト写真(500円)が7人のおサムライさまたちだけでウキョウさまのがなかったことについては、売店で文句要望してきました。

あと物販はプログラムが1800円。モノクロ基調で重厚な感じの写真が満載です。
ただ、売店が一階ロビーだけだったせいか、ものすごい行列ができていました。わたしもあきらめようかと思いましたが、がんばって2階までのびて折り返した列にぶら下がってゲットしてきました。本公演では地階ロビーでも扱ってくれるといいのですが。

このへんで時間切れ~。
もう出かけます。

【追記】
簡単に印象だけ。

客層が若い(笑)
前回もそうだったけど、たぶんあっきーファンの年齢層が一番高い(笑)
次に加藤さん?他メインの7人のファンは、今回新顔の馬場くん、磯貝くん、市瀬くん、中河内くん(あ、二度目か)みんな。高橋さんもアニメファン中心に?

アクションと殺陣の迫力が25%増。
今回特にカツシロウが強くなっちゃったので(笑)

明石くん@言問い試験官、テッサイの帽子落ちるアクシデント。

機械兵士勢揃いの際、ひとりだけフライングで一歩前に出ちゃったsweat01

アドリブ炸裂ポイントが増えたかな?
とめさんとシノ親子のかけあいは前作と違ってとめさん先導型?菊のご紋がどうとか、下ネタがちょっとしつこくて下品な感じgawk
ヘイハチが働いてるお茶屋の女の子(コマチじゃないときのオカラちゃんと同じ子がやってる)とヘイハチのやりとり…何だっけ。
キクチヨが連れてくるハズレ三人の侍のギャグが寒いsweat02
ウキョウさまのテッサイ苛め(笑)も健在。
「何その帽子、ロシア人?コサックダンス踊って」戸惑うテッサイに「 まに受けないの」

キャスト変更でひとつ残念なのは、キララのイメージが少し違う。通俗的というか、普通に可愛くて巫女としての神秘的な力を感じさせない。ダンスももうちょっとがんばって。

こんな感じかな~。

ちなみに座席は、A列センターブロックの下手寄りでした。今回取った席の中では一番前方列ですが、ウキョウさま舞台の奥にいることが多くてちょっと遠かったcatface

でも初日見るにはまあまあよかったです。

« エリザベート展トーク&ライブのお知らせ | トップページ | 独立6周年の日に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44713607

この記事へのトラックバック一覧です: 「SAMURAI 7」プレビューについて:

« エリザベート展トーク&ライブのお知らせ | トップページ | 独立6周年の日に »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ