あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 独立6周年の日に | トップページ | 「SAMURAI 7」開幕記事 »

2012年4月 2日 (月)

「SAMURAI 7」初日&トークショー

今日の鯉のぼりは無風で泳いでません(笑)

Koinobori03

Koinobori04

今日がほんとの初日。昨日のプレビューを見たので、初日はパスするつもりでしたが、ソワレにトークショーが付いたので急きょチケ取りました。(思惑どおり?)

昨日も思ったんですが、前回に比べて殺陣とアクションの迫力が約25%増し(わたしの個人的体感ですが)。

ストーリー的には、ここでそう来る?とか、あんたに言われたくないよな~とか、ええ゛??とか思う場面はいっぱいあって、そこは前回と変わってないのですが、何でだろう?今回の方がメリハリついたせいか、完全に納得はしないまでも「ああ、そう」と思えてしまう。

前回はいい意味でも悪い意味でもウキョウさまの突出感があったのですが、今回はカツシロウもかなり歌うし、キュウゾウの存在感もけっこうあるので、他のサムライたちとのバランスも含め、全体的に安定したように感じます。

昨日の疲れが出たか、昨日ほど泣けなかったですけどね~coldsweats01

カツシロウが主役、という設定は前作どおりで、脚本はよわっちいカツシロウのままなのに、今回の馬場くんはガタイもいいし、殺陣もしっかりしてるし、強そうなのでちょっとイメージ違うって声もありますが、わたしは逆に「剣術の腕前はかなりすごい」けど最後の一太刀、止めがが刺せない弱さ、みたいのが出せるようになったらおもしろいなと思っています。まだできてないけど。短い稽古期間でここまでできたんだから、あと一週間の公演中には実現してくれるんじゃないかと期待。(アフタートークでご本人もそんなことをおっしゃってました)

肝心のウキョウさまですが、昨日の歌声がわたし的にはまだまだ!準備運動?って感じだったのですが、今日は余裕をもって、隅々まで神経の行き届いた、しかも期待したとおりの爆発力でパワフルに聞かせてくれました。でもきっとこれはまだまだ進化しますよ。

演技的にもウキョウの孤独から生まれた狂気や歪んだ愛と夢を破たんなく(いやキャラ的には破たんしてるんだけど)表現していて、前作との間の成長をものすごく感じました。

今日もいろいろアドリブやハプニング?ありましたがおもしろかったのは、ウキョウがキララにシャネルとルイヴィトンのバッグをプレゼントするところで、キララが拒絶すると、「シャネルさんが泣いちゃうよ、シャンシャン」とか渋々受け取ると「ルイヴィトンさんも喜んでる、ルンルン♪」(笑)そしてキララに近づくのに、平泳ぎみたいなジャンプ(名前あるの?)じゃなくて今日はシャッセみたいなスキップみたいなステップでしたfoot

テッサイに「何その帽子、ロシア人?」とからむのは昨日と同じでしたが、テッサイも今日は「それ(ネタ)気に入ってるんですか」、「コサックダンス踊って」と言われると「今ですか?」と返してましたね。それに対してウキョウが「真に受けないの」とあしらうところまでは昨日と同じ。でもその後「♪みんな(ぜんぶ?)ソビエトが悪いのさ~」と、まさかのCHESSネタで締めたのには大爆笑でした。って言ってもあっきーファン以外は、「?」だったと思いますが(笑)

天主の名乗りを上げるバルコニーシーンで、「みんな、それでいいかな?」の言葉に観客からキャーキャー言われるところ、クルクル左右に回ってさらに煽るような動きを(笑)

あ、そうそう、今回も観客参加型です。前回と同じ明石鉄平くんが前説担当、ヒョーゴの丸山くんとテッサイの藤榮くんとともに、盛り上げポイントを指導してくれます。
ので、開演5分前には座席に着いてることをお勧めします。

その他のアドリブでおもしろかったのは、ヘイハチのお茶屋さんでのやりとり。
「エヴァンゲリオンやって」という茶屋の娘(コマチちゃんじゃない時のオカラちゃんの子がやってるんですね)の無茶ぶりに「できませんよ」と言いつつ、「エヴァンゲリオン発進!」の掛け声に思わず「超合金なんとか(をい)」と反応(笑)でもエヴァって超合金じゃないんだけどcoldsweats01 (すみません「初号機」だったみたいです)

カツシロウが後ろで歌い、キュウゾウが舞い踊るシーンで、昨日はカツシロウ、刀の柄をマイクみたいにして歌ってたのですが、今日は刀でエアギター(笑)その後腰に戻すのにちょっと苦労してたみたい。
そのシーンの最後にキュウゾウが「小僧、なぜおまえが歌う?」って言ったのも可笑しかった。

あと癒しの里でカンベエがカツシロウとキクチヨに「おまえたちは残れ」って言うところで、カツシロウが「先生(カンベエのこと)ほどの力はないけど、わたしにもできることがあるはず」みたいなセリフのとき、ちょっと噛んじゃったのね。そしたらすかさずキクチヨが「こんな噛んでるヤツはともかく…」って(笑)

定番のマンゾウ親子の掛け合いや、キクチヨが探し出してきた三人のサムライのギャグはあんまりおもしろくなかったbleah これ日替わりけっこう大変ね。

他に何かあったかな~。また思い出したら。

お目当てのアフタートークショーは、終演後休憩10分をはさんで開始しました。
登壇は、下手から司会の明石鉄平くん、カツシロウ役の馬場徹くん、シチロウジの磯貝龍虎くん、そしてあっきーです。みんな黒いTシャツで、あっきーだけ胸に「7」の字が入ってたんだけど、スタッフTシャツだったのかな?→これ(あっきーは前にロゴ入りにしたんですね)銀色の少し底厚の靴はいてました。
あっきーが妙にハイテンションで(笑)盛り上げようと?人のトークにもいっぱいからんで楽しかったです。全体的に若い二人が落ち着いてて、同い年のあっきーと明石くんがはしゃいでる感じがおもしろかった。
盛り上がって、話の進行が早くて、全部はとてもメモれなかったので、憶えてるとこだけ。細かい言葉は違ってると思いますが、だいたい、こんなこと言ってたくらいの感じでどうぞ。

明石「ついに初日明けましたがどうですか」
馬場「一日2公演しちゃいけないね。パワーが半端ない」
磯貝「パワーが…同じか(笑)エネルギー消費がすごくてやせた」
明石「ぼくも3キロやせました」
中川「毎日楽しい。稽古場からプレビュー、本番でお客さまを入れて変化、成長してきた。(開演前に)毎日ロビー(楽屋前)で気合い入れをするんだけど、馬場くんの言葉から(役を)つかんでるなーと思う。一緒に成長してるって感じる。ゴールが見えてきたよね」
馬場「プレビューでやっとカツシロウつかめた」
明石「馬場くんは直前まで他の舞台やってたから」
劇中のアドリブでもネタにされてる「ペルソナ」っていう舞台のことで、実質稽古期間が10日くらい?一日目に一幕まで憶えて、二日目に二幕まで、三日目には通しをやってたそうです。あっきー盛んにすごいよね、って感心してました。
磯貝「棒(槍?)を握れば握るほど好きになる。楽しくて」
中川「あれすごいよね。ぼくがやったらたっぱが足りなくて無理」
明石「でも中川さんもすごいじゃないですか、できるんですよね」
中川「前に京劇をやったことがあって、そのとき半年くらい棒術の練習を。見てるとぼくならあそこはこうやって…とか思っちゃう(笑)」
あっきー、実際にシチロウジの槍を借りて、裏でやってみたんだそうです。そしたら長すぎて床にカツンカツン!って当たって「ぼくの長さじゃない」って(笑)
磯貝「僕は稽古入ってすぐできた」(みんな、ほほ~って感じで感心しきり)
磯貝さんって、初めて見ましたが、ほわっとした感じでおもしろいですね。

ここから事前に集めた質問コーナー。

●馬場さんへ、今回のカツシロウは強そうですが、何を特にがんばりましたか?
「一番苦労したのは、その強そうに見えるところ。骨格からして(笑)
前半特に人を斬るところまでが難しい。弱くできないから代わりにチャラくしようと思って(笑)」ここであっきー「だから歌って踊るんだ」
「強いけど人は斬れない、というところをどう表現するか、まだ探しているところ。カツシロウに答はない。最後まで探求していく」

●磯貝さんへ、ブログ見てます。マイブームを教えて。
「料理です。レバニラ?ニラレバ?体力乏しいので血液も足りないから。」
「それ稽古後に自分で作ってるの?」
「作ってません。近くの料理店で」
「食べるだけか(笑)」
ここであっきーが「レバニラの言い方が色っぽい」って突っ込んで(笑)
「(色っぽく)レバニラ」(爆)
「誰かに似てる」
「ものまねうまいんだよね」
「なんかやって!ボビー(なんとか)」
で、何か言って、ものすごく受けてたんですけど、わたし誰のものまねかよくわからなくて(笑)
→この方だそうです。やっぱりわかんないcoldsweats01

●中川さんへ、前回と比べて気をつけた点は?
「そんないきなり難しいこと!」
「まず気持ち悪くならないように(笑)
前公演のDVD見られない。映像で見ると、ぼく(役に)入っちゃうと目が寄っちゃうことを発見。だから今回目が寄らないように、(寄りそうになったら)鼻から息抜いて戻すようにしてる」
「演出の岡村さんの顔が付いてくるんだよね。岡村さんの演出は大好きなんだけど、稽古場で向き合ってやってると、岡村さんも(こっちの役に)入ってくる」
このときの岡村さんの顔の作り方が可笑しかった~(笑)
「カツシロウが初めて人を斬るときの岡村さん知ってる?」(馬場「見た見た」)
「カツシロウの顔になって、それからキララの表情へ、そしてまたカツシロウに戻っていく」
岡村さん話でひとしきり盛り上がりました。

ごめん、あとちょっとなんだけど眠いのでまたのちほどpaper

【追記】
遅くなりました。続きです。

●みなさんへ、役と似てると思うところ、違うところ
馬場「似ているところは、まっすぐで一生懸命なところ。カツシロウはサムライとして、自分は芝居をがんばると言う意味で。似てないところは、やっぱり強そうに見えるところかな」
磯貝「違うところ、肩幅と傾斜!(シチロウジはなで肩?前回公演の相葉くんはするんとなで肩でしたよね)ぼくは直角でカバンが落ちない。似てるところは、ゆるいところ」
(みんな)「おっとりしてるっていうか、ふわっとしてるよね」
「よく言われる」終始ざーます言葉も可笑しかったです。
明石「龍虎って名前がすごいから、初めてお会いした時、どんな怖い人かと思ってたら、ニッコニコで拍子抜け(笑)」
中川「色っぽさもあるよね」
磯貝「ひも気質だから(笑)」
中川「ウキョウと違うところは、、、独占欲はないかな。出会った瞬間決まってる運命に対してとやかく言う気がない。たとえ別れることになっても」へぇ~flair
「共通するところは「義」のために生きるところ」(これにはみんな意味わからなかったみたいでちょっとぽかん)「自分が信じるもののために死んでも後悔しない、みたいな」(これで納得してもらえたようです)
「最後にこの世界の神だぁ~!って言ってかっちゃん(カツシロウ=馬場くん)に斬られるところで一回死んで生まれ変わってる気がするんだよね」(そうなんだ)
明石「一目ぼれしやすいでしょ」
中川(ものすごくびっくりして立ち上がって)「なんでわかった??」
明石「ぼくもそうだから」
中川「鉄平くんとは同い年だから通じるものがあるよね」(同い年なんだ?!)
馬場「あ、ぼくもぼくも、同じ」
みんなで「一目ぼれ体質??(爆)」
磯貝くんが何か言いかけたところで、どこからか「ぽっぽー」と鳩時計がclock
これが終わりの合図だったみたい。
お決まりの「ええ゛~??」という会場からの反応に
馬場「あと20分」
客席どよめく。
馬場「ウソです、ごめんなさい」
エイプリルフールですかcoldsweats01

残念ながらほんとにここまででした。明石くん、お疲れさま。

あっきー、手をふりながら「愛してるよ!heart04」だって(笑)
ビッグ(投げ)キスkissmarkもありました

終わって、思い返してみると、単にテンション高かったというよりは、人にふられた話のときもいっぱい突っ込んでた割には割り込み感もなく、余計なことや迷路にはまることもなく、特に若い二人を盛りたて引き立てようとしてるような気遣いを感じました。やっぱり29歳だなconfident(そこ、感心するところsweat01

以上で~すhappy01

あと、プレビューの時書きそびれましたが、カテコでポスタープレゼントの抽選のとき、下手から抽選箱が現れたためか、一番下手側に並んでいたウキョウさまがうきうきと近寄って引こうとしたら、す~っと通り過ぎて馬場くんのところに行ってしまい、なんだ僕じゃないんだ、というちょっとがっかりした表情(笑)
もちろんわざとだと思いますが、こういうところで笑いを取ろうとする努力というか盛り上げようとする気遣いは、だんだん板についてきましたね。これも地球ゴージャスで学んだボケのテクニック?(笑)

ついでに気が付いたこと書いておくと、開演前と幕間に流れている曲は前回と同じ、「荒野の七人」でした。

プログラムは今日もやっぱり1階ロビーでしか販売してませんでした。ソワレでは昨日と違って全然並んでなかったのですが、マチネではやっぱり長蛇の列だったそうです。でも友だちに聞いたところによると、客席に出張販売してたみたい。あんまり混乱のないように対応していただきたいものです。

それにしてもアンケートがないのはな~sweat02

グッズは他に七人のサムライの3枚組生写真が1セット500円、7組すべてお買い上げになると、割引で3000円。でもウキョウさまがないのweep

【追記2】
長くなるけど、忘れないうちに。

前回背景の映像が薄くてぼんやりしてて、高画質アニメを原作にしてるのになんで??と思ってましたが、今回はちょっと改善されました。まだキララのサムライ検出装置(キランshineと光るクリスタルみたいなの)がぼや~っとしてるのと、先代の天主の首が人工羊水みたいな装置の中でぷかぷか浮いてるのがまだ少しわかりづらいのを除けば、特に一幕の戦闘シーンはかなりクリアになりました。

映像が原作だから、映像にはこだわってほしいんだけど。

« 独立6周年の日に | トップページ | 「SAMURAI 7」開幕記事 »

コメント

私の初日は昨日のマチネ。
メンバーが変わると感じがずいぶん変わりますね。
今回は殺陣が初日から安定していたのが良かったです。
うきょう様は輿から顔をだす時に半分も開かなくて
焦っただろうと思いました。
三人のさむらいネタは全然楽しくなかった。
ガッカリ。

わ~詳しくありがとうございます。
楽しそうなトーク。
トークショー付きの舞台が多い昨今
あっきーも色んな方々との縁が深まるチャンスが・・・scissors
お若い方々とも飲みに行ったり出来るくらい仲良くなれるかな?(笑)
質問ですが「●●さんからの~」という紹介はなかったのですね。
twitterで質問された内容をちゃんとは把握してないですが
hildaさん、niceな質問されてましたよね。
Tさんからの質問も。
その答えかなshine
あっきーの拘りウキョウ、観るのが楽しみです。

すみません、メモ帳見当たらなくして、続きが書けませんsweat02

>michelleさん
お久しぶり~。
ああ、すれ違いだったんですね。
そうそう、今回殺陣とアクションが安心して見てられる(笑)
マチネのアクシデント、聞きました~(笑)
ウキョウさまも焦ったでしょうね。
夜はその分もいっぱい窓から顔出してました(爆)
つまらないギャグほど白けるものはありません。なんとかしてほしいです。

>じゅんぺいさん
質問者の名前は言わなかったんです。
それに似たような質問をまとめたような言葉になっていました。

今回はまたちょっといつもと毛色の違った?共演者のみなさんと交流することで、また新たな世界が広がるといいですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44720352

この記事へのトラックバック一覧です: 「SAMURAI 7」初日&トークショー:

« 独立6周年の日に | トップページ | 「SAMURAI 7」開幕記事 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ