あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 千秋楽前に | トップページ | 独裁者とかサムライとか革命とか »

2012年4月 8日 (日)

さらば愛しきウキョウさま

「そうして ぼくはずっと生きている きみの目の上に」 (ゴメン!coldsweats01)

キララのいない世界で生きるよりも、キララの手で死ぬことによって、キララの心の中に永遠に生きることを選んだウキョウも
ウキョウに止めを刺すことでキララの罪咎をともに引き受け、キララを救おうとしたカツシロウも
本当に心からキララを愛していたんだと思う。
なのに都から脱出する時最後に呼んだ名前は、やっぱり「カンベエさま~!!!」
ああ、まったく恋愛は無慈悲で不条理で、大いなる勘違い(笑)

はぁ~、終わっちゃいました。「SAMURAI 7」再々演。
千秋楽は、前説で明石さんが「いつもよりちょっと長いかもしれない」と予告したとおり、一幕はスペシャルバージョン!新ネタ、アドリブ炸裂、ハプニングもあり、爆笑の連続でしたhappy01
二幕は前半ちょっとネタものありましたが、後半はまじめに大団円に向かってまっしぐらupwardright
泣いて笑って、ほんとに楽しかった~happy02cryinghappy01weepsmile
いっぱいありすぎてとても全部憶えきれない…というより憶えることは早々にあきらめました(笑)ので、詳しいネタ書けません。ごめんなさい。

でも特におもしろかったのが、
茶屋娘がヘイハチに「コマチのまねやれ!」と命じて、ヘイハチがやったらあんまり似てなくて、そこに本物コマチがからんできて、ダブルキャストの二人が入れ替わるネタと、
マンゾウ親子のネタが始まったところで「長くなりそう」と野伏りとキララが座りこみ、カツシロウといつものDVDやりとり(千秋楽だからプレゼントするって)してるところに、キララが突然シノになって前回のワンシーンをマンゾウと一緒に演じてみせるネタ、
それに三人のハズレサムライの中に野伏りが一人混じってて(笑)、そのうちなぜかぞろぞろと野伏りが現れ、そのうちの一人が明らかにシチロウジ(足元が赤い衣裳)でボビー・オロゴンのモノマネを始めるというネタ。
それを受けて次のシーンで登場したウキョウさまが待たされて「長かったね」とぼやいたのも可笑しかったし、その次の癒しの里で久しぶりに再会したシチロウジにカンベエが「久しぶりだな、ボビー」(爆)
細かいところでは、ウキョウの機械のサムライのうち二人がなぜか赤ふん(爆)
(こういうの、女信長でもありましたね)
ハプニングでは、さらわれたキララにサムライセンサーを渡そうとしてなかなかポケットから出せずに焦るカツシロウとか(笑)

そんな感じで遊びがいっぱいの本編でした。

そんなわけで、カーテンコールも普通じゃない。
スペシャルカーテンコールとしてアナウンスしたのは誰だったのかな?いい声でした。
全キャストの名前が字幕とアナウンスで紹介され、メインキャスト(七人のサムライとウキョウとキララ)はちょっとした枕詞付き。ちなみにウキョウさまは「魅惑のボイスのウキョウさまはぼくそのもの、中川晃教」でした(確か)wink
そして2回目か3回目のカテコで、メインの9人からご挨拶が。ちょっと憶えきれないので(笑)あっきーだけね。この舞台が最後までできたのはアンサンブルも含めたカンパニーの力とお客様のおかげだと。特にいつもいじめてるテッサイの藤榮さんに感謝の言葉がありました。「S」だけどほんとは頼りにしてるとか。毎回見てて大変そうだなと思ってましたが、今日なんか大セリが上がっていく時、揺れが半端なくて(高所恐怖症でもないのに)思わず内心「テッサイ、助けて」と叫んでたとか(笑)あいさつの順番、キララちゃんに次いで二番手だったんですが、ちょっと長くなりそうでハラハラしかけましたが、うまくまとめました。(完全に保護者目線)
そして最後のカテコでテッサイの帽子をかぶって、一緒に並んでご挨拶してた姿が可愛かったですlovely
しかしプレゼントの抽選はついにさせてもらえませんでした~。残念coldsweats01(後で友だちに聞いたんですが、土曜日のマチネで念願の(笑)くじ引かせてもらえたみたいですねscissors

そしてわたしも4回のチャンスすべてハズレweep やはり最初にかすって運を逃したのが大きかったか。

楽の抽選者はやっぱり座長の馬場くんで、1枚、2枚…と数え上げるとあっきーが何やら唱和しつつ何か狙ってる様子。案の定4枚目で「フォー!」(爆)

「人は舞台の上に見たいものだけを見る」
と言ったのは長野由紀さんだったと思いますが、元ネタあるのかな?
そんな舞台だったな~と思います。
それぞれのキャストの見せ場がしっかりあって、それぞれうまくできている。
前回はあっきーウキョウが突出してて、それがまた異様な雰囲気の役柄とマッチしてたけど、今回は七人のサムライのキャラが立ってたのがよかった。特に(岡村さんが自慢するように(笑))馬場くんと中河内くんの存在感と表現力が素晴らしくて、全体のレベルを上げてたと思います。
少しばかりしつこい冗長なギャグはあるけど、今日(は控えめでした)が最後だから赦しちゃおう!bleah
わたしがこの舞台で見たかったもの、それはもちろんウキョウとして生きる中川晃教であり、何よりその歌声でした。だからもういいんじゃない?(何が)
それだけで。
今日が最高というわけではなかったけど、ウキョウの歪んだ愛や夢や孤独や狂気、怒り、悲しみ、絶望、そのすべてがこめられた歌声に満足です。
はたから見てると、銀英伝のお稽古間に合うのかな、なんて余計な心配もしたこの一週間でしたが、終わってみれば完全燃焼のウキョウさまでした。それ以外の何者でもなく。

そしてきっと明日からはオリビエ・ポプランとして命を削る作業が始まるのでしょう。

ああ、なんか今回はすっきり終われたな、わたしも。
気持ちいい!(by キクチヨ)

【追記】
おわくりブログ更新されてますね。鏡の前のナルシスト?(笑)

これ見て思い出しましたが、「きみの夢を見たんだ」のシーンで背中の白いひらひらを手に引っ掛けるようにつかんでしゃべってました。

ウキョウさまコールはいつもより凄まじく、っていうかウキョウさま自身が引っ張って(笑)、いつもはテッサイとヒョーゴが適当に静めるマイムのに今日はウキョウさまの様子をうかがいながら、合わせてくれてる感じでした。

もちろんサムライコールもヒョーゴコールも盛大で、すごーく盛り上がりました。

【追記2】
プログラムは売り切れたらしく、増刷するのか在庫を発送するのか、会場で予約取ってましたね。部数少なく見積もってたのかな~?

最後に見おさめの鯉のぼり。嵐のあと一時撤去されてましたが、また復活してました。

Koinobori0408

昨日今日はお天気もよく、こどものためのイベントもあったようです。お隣の国連大学恒例のファーマーズマーケットも開催されていました。

もうひとつ大事なこと!
5月に出る10周年記念コンサート「White」DVDの予約を会場で取ってました。特典は写真が一枚らしいです。あんまり目立ってなかったけど、予約あったのかな~??
わたしはFCに頼んでしまったので、別の特典とともに楽しみにしていますwink

« 千秋楽前に | トップページ | 独裁者とかサムライとか革命とか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44808405

この記事へのトラックバック一覧です: さらば愛しきウキョウさま:

« 千秋楽前に | トップページ | 独裁者とかサムライとか革命とか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ