あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« FCイベント… | トップページ | 撃墜王、キャスト追加 »

2012年4月22日 (日)

Au revoir, Olivier Poprin

さらば、ポプラン、また逢う日までpaper
(でも8月だね、もうすぐだね)
っていうのをフランス語でタイトルにしてみました。意味はないけど、ポプランってフランス人みたいな名前だからさ。全然フランス人に見えなかったけど、ちょっとオシャレに気を使ってそうなところ(スカーフの留め具とか)がパリジャンっぽくない?(笑)

というわけで、舞台版「銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇」(長いよね)東京公演が無事に千秋楽を迎えました!あっきー、みなさん、お疲れさまでした!

Ginga0418b

Ginga0422

ゲネから始まって結局4回も観劇しておいてろくなレポもできず、すみませんでしたcoldsweats02

それにはいろいろわけがあるんですが…。

それはちょっと置いといて、今日の千秋楽、さすがにアドリブにも力が入り(笑)楽しかったです。

先にカテコの様子からご報告しますが、客席は最初からほぼオールスタンディングだったのに、舞台上は案外あっさりしてて、河村さんから簡単なご挨拶があっただけ。「昨年は東北の大震災などがあって大変な1年でした。(この舞台は)戦争の話ではありますが、そんな中でも人々が一生懸命幸せになろうとがんばってる姿をお見せすることで少しでも励ましになれば。これからもみなさんご一緒に日本を盛りたてていきましょう」みたいな感じだったと思います。言葉はちょっと違ってるかもしれませんが。

いろんなアドリブ、ポプラン関係は別にまとめる予定なので、それ以外のところでおもしろかったものをいくつかご紹介。

第13艦隊の幕僚人事で、毎回キャゼルヌが茶化すんですが、いつもはムライのことを「歩く小言」と言うところ、今日は「ただの村井國夫だな」(笑)ヤンも乗って、「よろしく、村井國夫殿」と言ったら大澄さんもムライらしく武骨に「村井國夫ではありません」(爆)よく笑わずに演技できるよね。

同じくアッテンボローのこと、いくつかパターンがあるみたいでしたが、あんまりヤンに受けてなくて、今日も「アッテンボローじゃなくて暴れん坊」と言ったら首をかしげるヤン。「どうでした?」「千秋楽ですからもうちょっと…」受けなかったのをごまかすため?「ふっ!」と吹き矢(毒矢?)をヤンの首にsagittarius ヤンも「うっ!」と受けつつ、「先に行ってください」

ここでシトレさんまでからんできて「わたしにも突っ込ませてくれ」と(笑)「他では使い物にならない三人を紹介しよう」と指さす先に、パトリチェフ、アッテンボロー、ムライが戦隊ものみたいな決めポーズ(笑)

フレデリカが運んできた紅茶、「あ、今日は本物が入ってる!」cafe
いつもは空のカップだったんですね。
このとき話を中断したアッテンボローにヤンが「また後で」って言ってたその続きが気になります。

20日トークで美慎くんが言っていた、連隊長に抱きつくシーン、やっちゃいました。イゼルローン奪取作戦成功のとき。よかったねscissors シェーンコップは「男に抱きつかれる趣味はない」とか言いつつちょっとうれしそう(笑)

帝国侵攻の作戦会議で、二人きりになったヤンとシトレの会話。「30歳で提督(だったかな)」「いや、まだ29歳です」「そうか?42歳くらいに見えるが」ってところ、河村さんて5月がお誕生日でまだ41歳なんですよね。だから、元々それも引っかけたセリフだったと思いますが、今日は「41歳と11カ月くらいに見える」と(笑)そして、「きみは戌年だろう。わたしもなんだ。そうするとどうしても計算が合わないんだ。まあいいか」一呼吸置いて「ほんとに29歳?」(笑)ヤン「若く見られる方だと思いますが」

そんなこんなで終わっちゃいましたが、夏に向けてまだしばらく銀英伝ネタは続く予定。

舞台全体の印象とか、あっきーファン的見どころとか、書けるかな~?(なぜ疑問文)

Pinbadge02_2

Pinbadge01

限定販売のピンバッジ、今日は最後と思ったので着けていきました。このためにふだんあまり着ないジャケット着てったら、「お仕事の帰り?」とか言われちゃったcoldsweats01 いえいえ、いつものカジュアルな方が通勤着です(笑)

グッズで完売は、このピンバッジと河村さんのデザインのストラップ。でも大阪での販売分は確保されてるみたいです。野久保さんのクリアファイルも一時期品薄になってましたが、補充されたみたい。
今回とにかくグッズは充実してるので、大阪のみなさん、楽しみに待っててください。

« FCイベント… | トップページ | 撃墜王、キャスト追加 »

コメント

hildaさん、いつもこちらのブログにお世話になっています。大変感謝しております。

東京千秋楽でフレデリカが紅茶を運んできた場面で、
アッテンボローが「先輩惚れちゃったんですか」とひやかしたら
ヤンが「それはもっと後だ」と答えたので原作ファンはうふふと笑ってましたよ。

>キリコさん
こちらこそ、お世話になってます!wink
アッテンボローとの会話、そういうことでしたか?!
「後で」しか聞こえなかったのでcoldsweats01
アッテンボローはヤンとラップとジェシカの微妙な関係も知ってるし、ある意味ちょっとしたキーパーソンですよね。
原作ファンには楽しい小細工(笑)が満載の舞台でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44986395

この記事へのトラックバック一覧です: Au revoir, Olivier Poprin:

« FCイベント… | トップページ | 撃墜王、キャスト追加 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ