あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« エリザベート展が東京に | トップページ | FCイベント… »

2012年4月22日 (日)

4/20銀英伝マチネ、アフタートーク

わたしは参加できなかったのですが、4/20(金)マチネのアフタートーク、あっきー参加の回の様子をあっきー友のcさんが某所でレポしてくれたので、許可を得てこちらに転載させていただきました!happy01

司会:遠山くん(レベロ役の遠山裕介さん、前回もそうかな?)
左から松井誠さん、あっきー、誠治郎くん、桑代くん、美慎くん

「こんばんはー」と挨拶した遠山くんに先ずはあっきーがダメ出し〈笑)
「こんにちにはー」と仕切り直して松井さんから質問を
遠:「松井さんと言えば時代劇とか女形が有名ですが・・」
あ:「まこさま〜!」〈ホント自由人だよね)
  「まこさまって呼ばせていただいてもいいですか?」
松:「えっ、知ってるの?」
あ:客席に向かって「せーの!」って言うからしちゃいましたよ、まこさまコール〈爆)
遠:「役作りはどうされましたか?」
松:「女好きはそのままで大丈夫、キャラクターが決まっているからその期待を壊さない様にするのが大変。今回女形は必要ないし、内股はなし(そりゃそうだ)洋物にするのが大変で演歌とか歌謡曲は大丈夫だけどラストの歌は苦手。今度時代劇教えるから歌を教えて!」ってあっきーにお願いしてました〈笑)

松:「ポプランて自由でいいよね〜」
誠:「自由ですね、もう」(笑)
この辺から司会の遠山君無視して話し出してましたね。
あ:「ローゼンリッターとスパルタニアン両方の先輩を前にしてどう?」
桑:「かっこいいです」
あ:「何?もう一回言って」
桑:「カッコいいです」(笑)
遠:「桑代君はユリアンとおなじ14歳で今回が初舞台、どうですか?」
桑:「楽しいです」
あ:「腹から声出せ!!」
誠:「いつも廊下であっきーが、違うんだよ!もっとこうやるんだよ!と指導してしてるのが微笑ましいです」声の出し方とかも教えてるみたいwink
桑:「教えてもらって嬉しいです。かっこいい。優しい。頼りになります」〈笑) ええ子じゃの~confident

美:「シェーンコップの松井さんをどれだけ愛せるかです」
イゼルローンの時抱きつくシーンがあったのがなくなったみたい。千秋楽でやっちゃう?なんて言ってましたけどcoldsweats01

ここで遠山くんに「声が暗い、全部落ちゃうから上げて!」と上げるジェスチャーでダメ出しをするあっきー〈爆)
誠:「公開ダメ出し、笑」

誠:「ふざけたいけどクールでいなきゃいけないし、みんなは好き勝手やってるのでまとめるのが大変。袖でずーっとネタの打ち合わせしてますし、めちゃくちゃ仲いいですよ」
自由にみせて実はすごいコミニュケーションとっていて、楽屋でどんだけ頑張ってるか。お客さんの反応が悪いと落ち込み、上手くいった時にはよっしゃー!っと、そうやって日々進化してきたのだそうです。
ここで8月「撃墜王篇」の宣伝、グッズの宣伝で締めでした。

終始あっきーがあちこち話しに参加して〈いっぱい喋るから書ききれましぇんsweat01)楽しいトークショーでした。
自分のコンサートのトークだとグダグダなのに、舞台のトークだと全体をまとめるの上手いよね〜。(なじぇ)

※太字と青字はわたしの編集

cさん、楽しいレポありがとう!happy01
ほんとに自由なあっきー(笑)
桑代ユリアン、ほんとにユリアンみたいにいい子だ~lovely
そして確かにこういう場面では、あっきー自由に見せかけて回りへの配慮も怠らず、うまくまとめるよね。サムライのときもこないだのアフタートークでも思った。ライブではどうして…(以下自粛)

この日はソワレもアフタートークがありまして、登壇者は、原作者田中芳樹さん、河村隆一さん、馬渕英俚可さん、野久保直樹さん、はねゆりさんでした。
マチネがユリアンと先生(笑)チームなのに対して、こちらは「人間関係」チームですね。毎回何かしらテーマを決めたメンバー選択だったんですね。
ソワレの回は、すべてかどうかはわかりませんが、DVDの特典映像に収録されるそうです。いいなぁ。マチネの時はカメラが入ってなかったみたいで、前回のトークともども、収録は望み薄です。まあ、しかたないか。メンツ的に一回選ぶとしたらそうなるよね…。

« エリザベート展が東京に | トップページ | FCイベント… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44974899

この記事へのトラックバック一覧です: 4/20銀英伝マチネ、アフタートーク:

« エリザベート展が東京に | トップページ | FCイベント… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ