あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ABCテレビ「スタンダップ!」で銀英伝特集 | トップページ | 星雲賞の頃 »

2012年4月19日 (木)

4/18銀英伝、DVD収録とアフタートーク

3回も観劇して、まだ正直に感想書けないかsweat02
手放しの絶賛もできず、そうかといって情け容赦なく切り捨てる思い切りのよさもなく。あ~あ。think
現実逃避的に、昨日のアフタートークをまとめてみる。
あ、その前に、この日DVD収録日でした。撮影日と聞いていたので客席ぐるっと見回してみましたが、びっくりするほど小さなカメラが一階前方左右に各一台、そこからあまり距離の離れていない2階席両翼最前に各一台、そして2階席最前のど真ん中に一台。計5台しか発見できなかったのがかなり意外coldsweats02
てっきり大型ハイビジョンカメラが入るのかと思ってたので。
一階後方のPA前に2台並んでたのが、カメラかと思ったら照明だったみたい。
もしかしたら、舞台上にもあったのかもね。
小さくても性能がよいのかもしれないし。
上演中だけでなく、アフタートークの間もカメラ回ってたみたいなので、特典映像とかに入ってるといいなぁ。
DVDを会場で予約すると、付いてくる「特典」は聞いてみたところ、写真とかシールとか、そんな感じらしいです。

というわけで個人的には今回唯一のアフタートークでした。
例によって、あまり当てにならない完全独断レポですが、よろしかったらどうぞ。

舞台「銀河英雄伝説 第二章同盟編」
4/18(水)  18:30公演 アフタートーク 
【登壇者】中川晃教 中村誠治郎 大山真志 仲原裕之(Studio Life) 長澤奈央
 ※並び順
【司会】アンサンブルのどなたかだったんですが、お名前名乗らなかったのでわかりません
(今度はちゃんと司会者も自己紹介してね)

今日のメンバーは、スパルタニアンチーム、4人の撃墜王(エース)とそのマドンナ、ナヴィゲーターのナオミです。みなさん、劇中の衣装のままでした。
ポプラン、劇中ではあれだけ秋波送っておいて、「なんで?」とか言わないように(笑)
紅一点ってことね、と自己解決してましたが。
自己紹介の時に、毎回酒場で女の子にふられるシェイクリ役の大山くんが「夜の撃沈王」nightと言ってたのが可笑しかったですsmile

公演もこの日のマチネがちょうど折り返しだったらしいですね。
以下、誰が言ったかよくわからないメモをもとに印象に残ったやりとりを書き出してみます。

司会「(スパルタニアンチームって)自由な感じですよね」
「やっぱり空を飛んでるから」
司会「アドリブはどうやって決めてるの?毎日開演前に丸テーブルで会議してるけど」
「ネタはみんなで本番中に相談して」
「本番中なんだ?!」
「家でも考えるんだけど、いいのが出てこなくて」(あっきー)
司会「お互いの印象は」
「誠(せい)ちゃんはお兄さんぽい。いつもクロスワードやってて」(あっきー)
(クロスワードとお兄さんは関係ないような気が)

ここからお互いの年齢の話になって、誠ちゃんこと中村誠治郎くんは32歳(見えません~)、まーくんこと大山真志くんはなんと22歳!ちょうど一回りも違うことが判明。そして4人並んだ両端のあっきーと仲原くんは同じ29歳だと。
あっきーは最年少の大山くんのことをまろちゃんと呼んでるみたいです。

「最初っからまとまってたよね」(あっきー)
と、ここで全員一斉にナオミに注目eye
「なに?sweat01」と焦る長澤さん。
司会「ポプランもスパルタニアンチームもナオミが大好きだけど、ナオミは誰が好きなのかな?」
「それはみなさんステキで…」
「そういうのなしで!」
「…やっぱりシトレさんでしょうかheart04
(一瞬あっけにとられた顔で)
「シトレなんだ」「やられた」
全員撃沈impactdown(爆)

司会「8月に銀河劇場で撃墜王篇の上演が決まりました。殺陣もあり歌もある?のかな?」
「歌ありますよ。みんな歌うまいんだよね」(あっきー)
(シェイクリ大山くん、アドリブの歌けっこううまいですよね)
「まだシノプシスの段階で、これから変わるかもしれないけど」と前置きして、あっきーが語るところによると、舞台「撃墜王」は、4人のチームプレイと活躍だけでなく、命をかけて守りたいもの、愛するもの、大切なもの(人)を失う悲しみについても描いていくそうです。
「続きは銀河劇場で体感してください」と、よどみなく語り続けるあっきーに中村くんが「すごいね、止まらないね」と感嘆。「暗記してきたみたい」(それはない)
中村コーネフ、クロスワードブックで敵機に見立てた相手をなぎ倒していくシーンがあるんですが、予備が3冊用意してあるそうです。破けそうですもんね(笑)

司会「上演に向けた意気込みを」

中村「殺陣あり、歌あり、芝居あり。特に歌は、あっきーと歌えたらすてきだなと思ってます。そのためにもこれからボイトレしてがんばります」

大山「エンタテイメントが詰まった作品に。歌って踊って殺陣も。(今回と同じように)映像も最先端の技術を駆使した、銀英伝ならではの舞台に」

仲原「歌や踊りは得意な方におまかせして、ぼくはすきま産業(笑)で。小芝居でくすっと笑ってもらえたら」
ここで今日の公演中、パトリチェフ大佐がヤンをどつくシーンで「どすこい!」と声をかけたのが仲原くんと判明。そういうの超得意だそうです(笑)
わたしはてっきり金澤さんが自分で言ったのかと思って、うまい!と思ったんですが、そういうことだったんですね~happy01
「…(コミックでは)ヒューズが唯一、子どもがいる設定になっている。登場はしないけど、そういうバックボーンを感じさせるような演技ができたら」

長澤「とにかくみなさんカッコイイんですけど、カッコイイだけじゃないいろんな経験をしているそれぞれのキャラの顔が見えたらうれしい」
(せっかく女性の長澤さんを読んだのだから、もうちょっとふってあげてもよかったんじゃないですかね~>司会の方へ)

司会「(進行表?をチェックして)ここでグッズの紹介を」
あっきーが飛行服の胸のジッパーかな?ボタンかな?をおもむろに開けると、そこにはクリアファイルが!(笑)
集合写真側が向けてありましたが、裏返すとあっきーポプラン。それと3枚組の生写真を司会の方がいろいろ説明する間ずっと掲げていました。

ここで予鈴が鳴っちゃった。時間制限ということで残り公演への意気込みを一言ずつ。
長澤「8公演、みんなで力を合わせてがんばります」

仲原「バカばっか言ってるけど一生懸命生きてます。戦争はダメという感じも出しつつ、何回でもバカやってきます」

中村「日々進化しながら、自分の役割を全力で。千秋楽までがんばります」

あれ、大山くんが抜けちゃった。どっか↑混ざっちゃったかもcoldsweats02sweat01sweat01

中川「ヤン・ウェンリーが好き。親しみを感じる。
(銀英伝は)宇宙の大河ドラマと思う。政治劇でもあり、(戦いの)情熱も感じる。最愛の人との別れがあったり、それを乗り越えようとする人の力も感じるシーンもある。
その中でスパルタニアンの印象を残しながら、物語が続いていくかぎりまた見にきたいと思ってもらえるようにがんばります」

以上、正味15分くらいでしょうか。みなさん、にこやかに手をふりながら去っていかれました。
あっきーがサムライその他との掛け持ちでお稽古に参加する時間が少なかったんじゃないかと思って、心配していましたが、スパルタニアンチームの和気あいあいとした雰囲気が伝わってきて、ちょっとホッとしました。夏の公演にも期待できそうですね。

トークとしては、せっかく紅一点の長澤さんに来てもらってたので、もう少し何か引き出せたらよかったかな。

あっきーが次に登場するのは金曜日のマチネで、わたしはもう全然行けないし、ほかのトークがどんなだったかも知らないのですが、できれば河村さんと田中先生がご出演のトークを聞きたかったです。ざ~んね~んthink

« ABCテレビ「スタンダップ!」で銀英伝特集 | トップページ | 星雲賞の頃 »

コメント

力作レポ、お疲れ様です!
あっはじめまして、通りすがりの長澤ファンですf^_^;
思わず当日の記憶が蘇ってきました。
シトレ発言に「『撃沈王』ですから」「違う違う『撃墜王』だから」等、盛り上がりましたネ!
中川さんの熱さが、役そのままなのが印象的でした!
「Searching for the light」のブレイクで「イェーイ!」も!
歌にアクションテンコ盛り(予定)な八月公演も愉しみですネ!

>aaさん
初めまして!コメントありがとうございますhappy01
ナイスバディなのにお堅い(笑)ナオミの長澤さんのファンでらっしゃるのですね~。トーク盛り上がりましたが、少し長澤さんおいてきぼりの瞬間もあったかなと気にしてましたが、楽しまれたようでよかったです。
あっきーポプランの弾けっぷりを好意的に受け止めてくださってうれしいです!
この夏の公演でも長澤さんとご一緒させていただくことが発表になりました!またよろしくお願いしますwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44948915

この記事へのトラックバック一覧です: 4/18銀英伝、DVD収録とアフタートーク:

« ABCテレビ「スタンダップ!」で銀英伝特集 | トップページ | 星雲賞の頃 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ