あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« カツシロウ役、馬場徹さんのインタビュー | トップページ | エリザ特番で朝から緊張(笑) »

2012年3月19日 (月)

エリザベートの足あとをたずねて

ドイツ→オーストリア→ハンガリーを1900キロに亘って走破して収録したという、RKBの特番放映、いよいよ明日です。ご覧になれる九州方面のみなさん、お見逃しなく。

RKB毎日放送 記念特別番組
「輝ける皇妃エリザベート 星の髪飾りの謎」
2012年3月20日(火)9時55分~10時20分

展示会情報
輝ける皇妃エリザベート展

エリザベートが育ったババリア、フランツヨーゼフと出会ったバート・イシュルのホテル、皇妃となったウィーンの王宮(シシィ博物館とかある)、ハンガリー国王&王妃として戴冠したハンガリー、ブダペストの教会、そして一家三人が眠るカプツィナー教会あたりは登場しそうでしょうか。それにしてもCM込み25分番組では全然足りなそうですが(笑)
リーヴァイさんの前で歌う姿とかは入ってるのかな?見られるといいな。

ところで先日のHAKUJU HALLコンサートで販売されたポストカードの背景はどこなのか?気になりませんでした?
あっきーがどこかの建物の門の前にでも立ってるような写真で、プレートに刻まれた文字がヒントになるんじゃないかとスキャンして拡大してみましたが、文字がますます不鮮明になっただけでやっぱり読めずbearing
でもツイッターのフォロワーさんに、あれがブダペストのマーチャーシュ教会の前の広場にある三位一体像というモニュメントだと教えていただきました。別名ペスト記念柱。
(ありがとう♪)
ヨーロッパで猛威をふるったペストの終息を神に感謝して当時の王様が建造したものだそうです。同じような記念柱は各地にあり、ウィーンにもグラーベン通りにあると、調べて知りました。
ポストカードには写っていませんが、この後と言うか右手?にあるマーチャーシュ教会は1867年にハプスブルグ家のフランツ・ヨーゼフ1世とエリザベート皇妃の戴冠式が行われた場所であり、ブダペスト屈指のコンサートホールでもあるそうです。

【ご参考】
マーチャーシュ教会公式サイト(英語)
http://www.matyas-templom.hu/eng/index1.html
ブダペスト市公式サイトのマーチャーシュ教会紹介ページ(ハンガリー語)
http://budapestcity.org/05-templomok/01/Matyas-templom/index-hu.htm
↑このサイトの写真集、2枚目がわかりやすいと思います。

そして今回のコンサートチラシにも使われた白く大きな柱を背景にした写真。
これはどこか美術館か博物館だろうと当たりをつけて(ヨーロッパの美術館ではよくあるギリシャ風の建物)ウィーンとブダペストの画像を片っ端からチェックしたところ、↑のマーチャーシュ教会などのある王宮の丘の反対側にある国立美術館らしいとわかりました。
似たような柱のある建物いっぱいあって探し出すの苦労しました(笑)

【ご参考】
ハンガリー国立美術館公式サイト(英語)
http://www.hnm.hu/en/fooldal/mainPage.php
ブダペスト市公式サイトの国立美術館紹介ページ(ハンガリー語)
http://budapestcity.org/03-muemlekek/08/Magyar-Nemzeti-Muzeum/index-hu.htm
↑ここにきれいな画像がいくつかアップされてます。

最後の絵のある部屋のドアにもたれるあっきーですが、これはさすがにわからないsweat02美術館内部だと思うけど、すべての美術館の中がネットで見られるわけじゃなし。
ゴマンとあるもんね~。美術館coldsweats01
国立美術館だと思うのが自然かもしれないけど、確信はなし。
そのうちおわくりかVISIONか、サンデーメールで教えてくれるといいんだけど。

明日のテレビ放映にももしかしたら一部は登場するかもしれませんね。
いちおう現地の友だちにチェックをお願いしてあるので、うまくいけば見られるはず。

« カツシロウ役、馬場徹さんのインタビュー | トップページ | エリザ特番で朝から緊張(笑) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44558578

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベートの足あとをたずねて:

« カツシロウ役、馬場徹さんのインタビュー | トップページ | エリザ特番で朝から緊張(笑) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ