あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 合間にポピュラーウィーク | トップページ | ブログのご紹介 »

2012年2月 1日 (水)

梅芸サイトに舞台写真

梅芸の公演サイトに「CHESS in Concert 」東京公演の舞台写真がアップされました。
http://www.umegei.com/schedule/109/special.html

う~ん、すでに懐かしい、というか胸が締め付けられるheart03
でもまだ大阪がある、と思い直して気持ち引き上げるけど、それだってあと3日、4公演でおしまいなんだもの。その後の気分を想像すると恐ろしいshock

プログラムに解説文を寄せてくださった音楽評論家、安倍寧(やすし)さんがご自分の公式ブログに、全文を公開されています。
→『チェス』にはコンサート型式がよく似合う

失敗は許されない…と書かれたCHESS初日を観劇した感想は果たして?
→『CHESS IN CONCERT』の果たして首尾は?


たはは、ちょっと辛口coldsweats01
わたしもそう思ったけどうまく書けなかったこと、ズバッと。
さすがだ。
う~ん、でもわたしの場合はとりあえずあっきーの歌声が十二分に活かされていれば他の問題はそれほど気にならないかな~。
結局はまだ作品そのもの、音楽そのものに対する愛がないのかもしれない。
そこらへんのところ、わたしはいわゆる「Theatregoer」ではないので許してください。(誰に言う?)

それよりこの方、昔から辛口だったんでしょうかね?最新記事で「見上げてごらん夜の星を」のプログラムに掲載された永六輔さんとの対談の転載→こちらによると、初演の頃はこわくてほめてもらえなかったと永さんがおっしゃってますね(笑)

話は脱線しますが、わたしこのいずみたくフォーリーズ(現イッツフォーリーズ)のミュージカルを30年以上前に見ています。さすがに九ちゃん主演ではなかったけど、当時そこそこ実 力のある若手の俳優さんたちが出演されてたと思います。(お名前はすっかり失念) お母さん役の方が客席の方から歌いながら舞台に上がるシーンがあって、働きながら夜学に通う息子に「♪帰っておいで~、故郷へ帰っておいで~」って呼びかける歌がよかったです。

あの頃って、ミュージカルといえば、劇団四季かいずみたくフォーリーズくら いしか(知ら)なくて、同じ頃に見たミュージカルで憶えているのは四季の「ウェストサイドストーリー」と「ジーザスクライストスーパースター」ですね。ど ちらもマリアは久野綾希子さんでした。といえばだいたいの時代がわかりますかね。市村さんのネロが好きでした♪
でも東京で一人暮らし始めたばかりの貧乏な勤め人にはチケット代が高くて、労音とか労演とかの会員になるといくらか安くは見られたけど、それでも舞台は年に数本見られればいい方だったかな…。

と、どうでもいい昔話ですが、ちょっと思い出したのでつぶやいてみました(笑)

【追記】
安倍さんのホームページの方に掲載の2011年ミュージカル総括鼎談も興味深かったのでリンクしておきます→こちら

« 合間にポピュラーウィーク | トップページ | ブログのご紹介 »

コメント

hildaさん、こんばんは!
先日はちょこっとでしたが、お会いできて嬉しかったですv

後遺症、私も思いっきり出ています(笑)。
ほんとに罪作りな日程ですよね・・・
CD化もないなんて、ほんとに残念!

安倍さんの感想、読みに言ってきました。
確かに辛口ですが、「CHESS」を熟知されている方にとっては、
今回の構成は歯がゆかったのかもしれませんね。
私はファーストコンタクトだったので、
思いっきり脳内妄想補完をすることができて、かえって楽しかったかも(笑)。
大阪では、少し変更があったりするのでしょうか。
とりあえず、アッキーのあの歌声が聴ける来週末がとっても楽しみですv
タイミングが合えば、またご挨拶させてくださいねv

はじめまして!
CHESS in Concertが始まって以来、毎日のようにこちらで感想やご意見を読ませていただいております。

私は関西在住の学生なのでCHESSは梅芸がファーストコンタクトになりますが、ミュージカルは国内外問わず大好きなので今から楽しみです(*^^*)
といっても就活が終わったばかりの学生のおサイフでは大阪4公演中、初日と楽しか見に行けないのですが‥(11日アフターイベントに参加すると帰りのバスがないという田舎‥滋賀県民(T_T))

YouTubeで予習のつもりで聴いたフローレンスはWICKED、RENTで大好きなイディナだったのでトキメキが半端ないです←テンションがちょっと危ないです、すいません。
日本版CDは出ないんですね‥残念です。
私は安蘭さんの大ファンなので是非CD化してほしかったのですが‥ここはグッズに期待したいです。。

長々と失礼いたしました。
次回の更新も楽しみにしております。

>恭穂さん
わたしもお会いできてうれしかったです~happy01
そうですね、確かにこのオリジナルのミュージカルやABBAの音楽に思い入れのある方にとっては、ちょっと中途半端な印象だったのかもしれませんね。
でもわたしが思うに、今回のコンサートって、ミュージカル版の予告編的な役割があったんじゃないでしょうか?
だから純粋にコンサートでもないし、ミュージカルのストーリー全部を紹介するわけでもない。一番おいしいところを見せて(聞かせて)、本舞台につなげるっていう意図があったのではないかと勝手にもう決めつけています(笑)
大阪ではいろいろイベントもあるし、東京公演を受けて少し手直しもあるかもしれませんね。また来週、楽しみに待ってます。また劇場でお会いしましょう!paper

>マユさん
初めまして!ようこそいらっしゃいませhappy01
ツイッターのフォローもありがとうございます。(ですよね?)
お若い方があっきーに興味を持ってくださるのはとてもうれしいです。
瞳子さんのファンでいらっしゃるんですね!
瞳子さん、すっごい男前でかっこいいので楽しみにしててください。
男前すぎてあっきーと恋人どうしに見えないのがちょっとアレですが(笑)
フローレンスが一番歌いますし、ストーリーも後半はフローレンス中心に展開するので、最終的には彼女が主人公と言ってもいいくらいです。
ロンドン版RENT組も素晴らしいですが、日本版のキャストも負けてないのでどうぞご期待くださいねwink
CDは今回は予定がないということでわたしもがっかりなんですが、↑にも書いたように絶対ミュージカル化してくれると信じて、そのときはCD&DVDぜひお願いしたいです。

わたしも長々と失礼しました~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43953858

この記事へのトラックバック一覧です: 梅芸サイトに舞台写真:

« 合間にポピュラーウィーク | トップページ | ブログのご紹介 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ