あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« CHESS in 大阪 DAY 2 マチネ | トップページ | CHESS in 大阪 DAY 3 大千秋楽 その1 »

2012年2月12日 (日)

CHESS in 大阪 DAY 2 ソワレ(前楽)+アフタートーク

おはようございます。
夕べは終演後に友だちと遅い夕ご飯、マチソワ+トークショーという充実した1日の感動や突っ込みどころを語り合い、大笑いして満足して宿に帰ってきたら、どっと疲れて、洗った髪も乾かないうちに寝てしまいましたcoldsweats01

ソワレの席は、一階中央付近列の下手側通路前。フレディが2幕で客席に現れる通り道かと思ってちょっとドキドキしましたが、残念ながら?現れたのはもうひとつ前の通路でした。その代わり専用ドアから出てくるところから舞台に駆け上がるまですべてチェックできました。
前日は3階後方、マチネは1階前方センター、今回はやや後方サイドと、それぞれ音の響きというか聞こえ方がだいぶ違っててsweat01 
でもさすがに6回目ともなりますと、ある程度聞きなれてきたこともあり、青山のときはあちこちごまかしながら?聞いていた歌詞がかなり聞き分けられるようになりました。でも逆にクリアに聞こえなくなっちゃったり、音がガーン!ってなったり、畳み掛けるようなコーラス部分とか、完全とは言えません。客席の位置にもよるみたいだけど、ストーリーや心情を理解するのに歌詞が聞き取れるかどうかって、ミュージカル(ではないけど)の生命線ともいえるので、音響さん、がんばって~。
(やっぱりCD、無理かな~。ごにょごにょ)

あっきーの歌も今日は「Pity the Child」は、ちょっと力入りすぎてアレ?って思うところがあったけど、他の歌はよかったです。特にフローレンスとのやりとりやアナトリーのインタビューシーンなど、初めて通して台詞の流れが見えた~!(遅)
今日新たに気づいたのは、PT(略しちゃうよ)の後、チェス盤を持ってアンサンブルのみなさん、フロレンス、アービターが次々に現れるシーン、あれ、チェス盤の数が7個あるのね。それってアナトリーとの対戦5勝1敗の6戦を表してるのかなと思いました。
赤い長い布はソ連の赤。立ち向かっていくけど手ごわくて、(あそこで後ろ向きにペタンって座り込んじゃうフレディが個人的にはかなりツボheart02)チェス妖精さんと引っ張りっこする、ちょっとモーツァルト!を思わせる場面ですが、チェスの駒を動かそうとしてもうまくいかないし(妖精さんがじゃま)7戦目で戦意喪失?して試合放棄しちゃう。という一連の流れを表現してるのかな、って思いました。立ち去るフレディ、不協和音みたいな嫌な感じの音楽、あっけにとられるアナトリー、頭抱えるフローレンスの図に続く。

あと2幕のオープニングの音楽、なぜ「Golden Bangkok」っていうのかやっとわかりました。金色の布と金の玉(竜の玉だったら中国っぽいけど)、タイの民族舞踊で特徴的な金色の長~い爪をつけたダンサー大野さんが舞う。ああ、だからゴールデンなのか。ってこれも気づくの遅すぎですね(笑)

この場面の後で爪をはずして、かわりに金色の手袋してることも初めて発見しました。
1幕にかぶってた帽子というか羽根付キャップはなしで、髪の毛の先がちょっとはねてるので、オヒゲのせいもあって赤塚不二夫の某キャラにちょっと似た印象(笑)って言ったら友だちに異常に受けてしまったので、書いておこうっとsmile(ファンの方ごめんなさ~い)
あ、それと、One Night Bangkokの方では、男性アンサンブルのお三方がそれぞれ衣装の後ろのジッパーを開けてたり、お化粧してたり、アクセサリーをじゃらじゃら着けてたりしてますが、あれってゲイというかオカマちゃんなのよ、って友だちに教えてもらいました。バンコクってゲイの何かで有名でしたっけ?歌詞にはそんなとこないけどな~。でも確かに女性的な振り付けありでコミカルな雰囲気出してますよね。

さて、そろそろチェックアウトの時間が迫っています。
またまたトークのレポまでたどり着きそうにないsweat01
でもこれだけ。

今日も4人のチームワークのよさ、お互いの温かなリスペクトが感じられる、楽しいトークでした。キーワードは瞳子さんの毛質!(爆)
司会は青山ともオープニングイベントのときも同じ、山崎さんでした。
あっきーが一人で語りすぎと思うところもありましたが、誰も止めずに思う存分語らせてもらえました(笑)
千秋楽へのメッセージ。
浦井くん「お客様も含めてみんなで作ってきた作品。スタッフさんもバンコクのシーンではノリノリ(笑)良いカンパニー。関われて光栄。寂しいけど最後まで誠心誠意がんばります」
石井さん「ぼくたちなりの日本初演、熟成とゴールが見えた。難しい楽曲だったけど、また別の機会にまたこのキャストでやれたら。このメンバーだからできる。明日心をこめてがんばります」
瞳子さん「(みんなに絶賛されて)こんな毛質でよかった(笑)1幕は黒木メイサちゃん風。(アナトリー毛質に惚れた?)明日が終わるのが残念。やっと大好きな関西に来たのにたこ焼きも食べずに帰らなきゃいけない。(そっち??と突っ込み)稽古場での楽しい思い出を思い返しながら、明日ぜんぶ出して有終の美を飾りたい」
あっきーは語りすぎたので、最後の一言言わせてもらえませんでした(笑)

さあ、泣いても笑ってもあと一回。
わたしも後はもう何も考えずに楽しみたいと思います。

ああ、でもほんとにこれが最後だなんて寂しすぎる!
どうかこれだけで終わらせないで~、梅芸さん!
アンケートにもしっかり書いてこなくちゃpencil

« CHESS in 大阪 DAY 2 マチネ | トップページ | CHESS in 大阪 DAY 3 大千秋楽 その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/44083401

この記事へのトラックバック一覧です: CHESS in 大阪 DAY 2 ソワレ(前楽)+アフタートーク:

« CHESS in 大阪 DAY 2 マチネ | トップページ | CHESS in 大阪 DAY 3 大千秋楽 その1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ