あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 新年早々 | トップページ | 「ミュージカル」に安蘭けい&中川晃教対談 »

2012年1月 1日 (日)

思い出はとけて夢となる

っていうのは、「人は忘れる」でしたっけ。

♪時が流れて残るものは
目に見えないものだけ…

久々の「モーツァルト!」カテゴリーです。
ちょっとご紹介したいブログがありまして。

←サイドバーからもリンクさせていただいてるあっきー友のohtaさんブログ「今の歌声は」の最新記事「一人で勝手に10周年お祝い」の中でご案内している、別館ブログ、思い出はとけて夢になる(開くと「晃教くんの小部屋」になってます)

以前たまたま公開されてたときにみつけて、「モーツァルト!」初演のときのあっきーヴォルフに受けた衝撃と興奮が鮮やかに伝わる文面にドキドキした記憶があります。が、いつの間にかまた見えなくなってしまって、残念に思っていたら、また見える場所に公開してくださいました。わたしも勝手にご紹介させていただきます(笑)

たった3記事、書きかけのブログですが、M!初演の頃を知らないわたしには、これだけで十分すぎるほど、あっきーヴォルフの才能の輝きとそれに対する客席の反応がありありと伝わってきました。
自分の歌声だけではなく回りのベテラン共演者にまで影響する魔法のような力!
以前、あっきーのことを現代の吟遊詩人と表現したことがありますが、むしろ音楽のアルケミストと呼ぶべきかもしれません。WIZを聞いた後は特にそう思います。あれ、単なる表現力じゃないって。(ちょっとほめすぎcoldsweats01)

この時から、もう9年余り。この衝撃のミュージカルデビューは、あっきーにとって大きな躍進の一歩であり華々しい勲章でもあると同時に、もしかしたら重い負担や足かせだった時もあったかもしれない、と感じたこともあります。でも今はもうそんな過去の自分の影から逃れて、新たな自分をみつけて大きく羽ばたき始めた、と感じています。「WIZ」での歌いっぷりにはこの初期の歌声+10年分の蓄積された音楽のパワーを感じさせ、これから先、あっきーのひとつの代表作になっていくのではないか、という予感すら抱いています。

人は忘れるものだけど、忘れられない何かを残す人もいる。
記憶がしだいに鮮明な形を失っても、その中心にある熱い塊は消えない。
ほら、目には見えないけど、中川晃教の歌声にはそれがある。確かにある。
そのことを何度でも思い知らされるような歌をこれからも歌い続けてくれる限り、わたしは付いていきますよ。(ま、できる範囲内で、ですが)

これ(↑のブログ)読んで、同じようにM!初演をご覧になったは思い出して感動を新たに、三回のM!公演にも間に合わなかった方は、あっきーの衝撃舞台デビューを想像してもらえたらうれしいです。

ohtaさん、勝手にごめんね。でも公開してくれてありがとうhappy01

« 新年早々 | トップページ | 「ミュージカル」に安蘭けい&中川晃教対談 »

コメント

私も先日読ませていただいて
大変感激しました!
10周年をお祝いする素敵な素敵な
ohtaさんからのあっきーへのプレゼントだと思いました。

こんな時間ですが、拝見してきました。私はohtaさんより一週間後くらいに初めて観たんですよね。あっきー初日を観た友人から「中川くん、スゴイよ!!」と聞いていたので、かなり期待してたのは確かです。でもそれを上回る衝撃でした。ホントに「なんだ、この子?」って。歌ももちろんですが、動きが良くて、コロリーンと倒れてもすぐに起き上がって歌う。祐一郎さんファンで観に行ったのに、もうすっかりやられてしまったのでした(笑)。当時は多かったですね、そういう人。あれから今年の10月で10年か…。19歳だったあっきーも30歳。感慨深いですね~。
なんか懐かしいことを思い出して…思わず長文ですいませんでした。

私も先日読ませていただいて、とても嬉しかったです。
ファンになりたての頃、検索でみつけたあるシアターゴアさんのブログ(残念ながら今はない)に、初演のあっきーのことが熱っぽく書いてあって、やはり同じように感じていらしたみたいです。
その衝撃を体験したかった。初演をご覧になれた方がつくづくうらやましいです。

THE WIZでのあっきーに、hildaさんと同じようなことを感じながら、2011年という年を見送りました。
さて、2012年はどんな「中川晃教」をみせてくれるのでしょうか。楽しみですね。

記事の紹介をありがとうございます。
(ohtaさん、記事の公開ありがとうございます)
私が始めてモーツアルト!を観た時の事を思い出しました。
ほんとに凄い衝撃だった・・・
私のブログにこのhildaさんの記事を紹介させてください(笑)。

そして、
昨年もたくさんのあっきー情報をありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

>じゅんぺいさん
その頃を知らない者にとってはほんとうに感激ですよね。
年内にご紹介したかったけど、暮にバタバタしてて今ごろになってしまいました。
それと、この小部屋の存在をもうちょっと一人占め(笑)してたいかな、っていう気持ちもありましたcoldsweats01みつけた人だけの特別な宝物みたいに。
あっきーにも読んでほしいですね。

>めいたまちゃん
よく聞きます、そういう方(笑)
祐一郎さんとか市村さんとかのファンで見に行ったら、やられちゃったって。今年でもう10年。早いですね~。
でも忘れられない、思い出ですよね。
その場に立ち会えてよかったですね。うらやましいですlovely

>ミミさん
ほんと、うらやましいですよね~(笑)
M!初演もSHIROHも生で見られてない者にとっては、ただただ伝説としてしか知るすべがないってweep
でも「THE WIZ」は、もしかしたら新しい伝説になる、そんな可能性を秘めた作品だと思います。
今年の行方を見守りたいですねconfident

>かずぽんさん
こちらこそ、昨年はいろいろと楽しい企画に参加させていただいたりしてお世話になりました~。また今年も楽しくやりたいですねwink
どうぞどうぞ、ご紹介ください。
自分のネタじゃないけど(笑)
かずぽんさんのご覧になったのは、再演ですか?
わたしは残念ながら?ゲキ×シネ「SHIROH」で先にノックアウトされてしまっていたので、再演M!はそれなりにすごかったけど衝撃度はそれほどでもcoldsweats01って感じでした(笑)

あっきーと出会った人はみんなそれぞれ初めての衝撃にぶち抜かれてますよね。そのパワーはいまだ衰えを知らず、ますます進化(深化)し続けている気がします。それが見えにくい時期もあったし、まだまだ一般には見えていないけれど。
この輝きshineがいつか、誰にも有無を言わさぬほどの大きさに成長するのを、またその目撃者となる日を楽しみに待ちたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43591857

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出はとけて夢となる:

« 新年早々 | トップページ | 「ミュージカル」に安蘭けい&中川晃教対談 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ