あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« CHESS 前楽+トークショー | トップページ | CHESSコン後遺症? »

2012年1月29日 (日)

CHESS in Concert 東京千秋楽、鳴りやまない拍手

Bluesky20120129

Daytimemoon20120129

強い風に吹き払われて、抜けるように青い空が広がった今日の東京です。寒かった~bearing

たった四日間だし、そのうち3公演しか見ないから、きっとあっという間だとは思っていたけど、あっという間もなく東京千秋楽がやってきて終わってしまいました。あっきーじゃないけど、早すぎる!寂しい!weep

もちろん今日の舞台も素晴らしく、初日と同じくB席の2階最後列(しかも限りなく壁に近い)という位置からでも十分堪能できました。立ち見のお客さまもセンターブロックの後ろは埋まっていたようです。毎日ほぼ満員御礼状態で、この公演自体としても、またもしかしたらいつかあるかもしれないミュージカル舞台のパイロットバージョンとしても大成功と言えるのではないでしょうか。

特に今日の「Pity the Child」では、拍手がなかなか鳴りやまず、これはショーストップになるんじゃないかと思ってドキドキしながらわたしも拍手し続けました。コンサートだから、むしろそうなってもよかったと思うんですけどね。実際はストップ寸前?で次のシーンに移行してしまいましたけど。わたしの中の拍手はまだ鳴りやみません。
どちらかというと2幕の「Someone Else's Story」の方が個人的には泣けるんですけどね。

千秋楽だから、という変なテンションもなく、みなさん安定した極上のパフォーマンスで最後まで見せてくれました。本当に素晴らしい舞台。(それしか言えないのか)

この舞台の制作に関わったすべての方々、キャスト、スタッフの皆様に最大限の賛辞と感謝の気持ちを贈りたいです。ほんとうにありがとうございました。

今の気持ちを言葉にするのがとても難しくて、ぼんやり考えてるうちに時間が経ってしまいました。

無理矢理一言で言うなら、「あっきー、よかったね」

いろんな意味で。

良い舞台作品にめぐり会えたこと、良いカンパニーに恵まれたこと、コンサート形式だったことで、歌う表現者としての中川晃教の才能が突出して輝いたこと、それを誰の目(耳)にもわかる形で本領発揮できたこと。いろいろな方に実力を認めてもらえる機会になったこと。(なっていればいいなあ)

他のキャストのみなさん、特にプリンシパルの石井さん、安蘭さん、浦井くんはいずれ劣らぬ実力をお持ちのミュージカルアクターでいらっしゃるけど、あっきーはやっぱり特別。それをあらためて思い知らされた公演でもありました。

東京楽ということでカーテンコールで5人のキャスト(AKANEさん、浦井くん、あっきー、石井さん、瞳子さん)のみなさんから一言ずつご挨拶がありました。全 部は憶えていませんが、どの方もこのCHESS日本初演に関わることができて光栄だ、というようなことはおっしゃってたと思います。

浦井くんの「決して高 見沢さんではありません」の言葉は昨日のトークショーを受けてのことですが爆笑しました。石井さんは12月に渡された楽譜が音符だらけの♯や♭ばかりで難 曲が多くて大変だった話。最後にありがとうの代わりに「スパシーバ!」(ロシア語)って言ってたのも可笑しかったです。

瞳子さんもお稽古が大変で、覚え切れないんじゃないかと思って、いつ譜面台をお願いしようか考えてたというお話。初日迎えて無事に終えられた時、やったー、できたー!と思ったこと。それほど過酷で要求レベルの高い楽曲ばかりだったということですね。

そしてあっきーは何を言うかと思ったら…白い衣裳のせいかアメリカ人みたいに(大きく?)なれた気がするって(爆)形から入るんだ、とも言ってましたね。もちろんカンパニーやスタッフさん、そして観客への感謝の言葉もありましたが、もうあっきーらしいというかねcoldsweats01 あ、あと、これだけのカンパニー、コンサートだけで終わるはずがない、みたいなことをチラッと言ってましたが、回りの反応ビミョーでした(爆)
もしかしたらアンケートにもあったようにミュージカル化への動きが具体的にあるのかもしれないけど、そうだとしても今言っちゃダメよね(笑)

ただ、わたしの希望的観測としては、(あんな設問あるってことは)一年後くらいにミュージカル舞台が実現できるような下準備はされていて、タイミングを見計らって発表、開幕までの景気づけ(プロモ)としていくつかのライブイベント、なんていう段取りになってるとうれしいなぁhappy01 (勝手に)
あ、そうだ、大阪公演でライブCDの予約受付なんてことになってるともっといいね、っていう話を友だちとの「反省会」でしました。ウィーンミュージカルコンサートの時みたいにwink
翻訳ものの映像(DVD)化やCD化は難しいとわかっていますが、スタジオ録音版でもいいから、日本語版コンセプトアルバムって感じで作ってくれてもいいし。

↑これ、ぜんぶ妄想ですからsweat01 本気にしないでくださいね(笑)
でもそうなったらほんとにいいのになぁ。

昨日のトークショーのことや個々の楽曲とストーリー展開などについてのコメントは大阪公演までに少しずつアップできたらいいなと思っています。
プログラム見たら、ミュージカルナンバーは掲載されてるけど、順番やリプライズまでは書かれていないので、実際のコンサートで誰がどの曲をどのタイミングで歌ったか、みたいな資料も作っておきたいし。

Whiteblack

ところで、プログラムの解説の中で、ロンドン公演では観客も市松模様のスカーフを巻いたり、顔にチェス盤をペインティングしたりしていた、というお話を読んで、わたしも何かしたいな、と思いました。(コスプレ魂を刺激された?)でも白黒の市松模様って探すとなかなかなくて、あきらめて、せめて白黒で!というわけで本日の自分のお衣裳(笑)は
←これ。
チェス盤模様のスカーフとかハンカチとか、公式グッズとして製作販売すればいいのにね。ペインティングまでいかなくてもシールとかでもいいかも。
あとさっきツイッターで話題になったんだけど、白黒のネイルしてくっていうのもおもしろいと思う。あっきー左手に指違いでマニキュア塗ってるらしいんだけど、じっくり観察する余裕がなくて、まだどんな感じかわかっていません。なんとなくチェス盤をイメージしたような感じかな~。

Moonstar20120129

Moon20120129_2

本日最後の写真。夜になっても風は強く冷たく、お月さまもくっきり見えました。対角線上に木星も輝いています。左のはクリックして拡大して見てください。アップしそこないましたが、初日もくっきり月と星が見えたんですよ。

ほらね。ほっそり~!moon3

Moonstar20120126

Moon20120126

これからだんだん月も満ちて、大阪公演の頃には満月だったりするかなfullmoon

トークショーのネタや少し寝かせた舞台が熟成するにはちょうどいい頃合かもbleah 

フレディ、しばしのお別れねpaper もう大阪三日間4公演のチケット取っちゃったから行くっきゃない。

何かいろいろ書きそびれてること、いっぱいありそうだけど、追い追い思い出しながら追記していきます。

【追記】2/1
最後の方は半分寝ながら書いたせいか、酔っ払いのたわごとみたいになっちゃいましたsweat01

ほんとはお月さまの話題は初日に書きたかったんです。細身の一見脆そうなお月さまがだんだん太って身を厚くしていくように、この舞台も日を追うごとに充実したものに成長しますように、という願いを込めたかったのですが、眠さに負けてしまって。

千秋楽もお月さまがきれいに見えたので、とにかくこの写真を使いたかったんですね~。かなり無理矢理な付け足しって感じ。

しかも大阪公演の頃には満月すぎて、また半分くらいになってるみたい。ダメじゃん(笑)

感想としては、あっきーのことしか書いてないし。

ほんとならバランスよく他のキャストのみなさんについても一言ずつ、素晴らしい舞台を作ってくれた製作サイドについてももうちょっと言及すべきだとわかってるんですけど、すみません。気持ちはいっぱいあるんですけど、どうもまとまらなくて。

この追記も単なるダラダラ(爆)

« CHESS 前楽+トークショー | トップページ | CHESSコン後遺症? »

コメント

今回のコンサート、特にあっきーのソロ3曲は、彼の魅力のいろいろな面と、いまの実力をストレートに見せてくれるものでした。
やっぱりあの表現力は、ほんもので、超一流。心を奪われます。
素晴らしかった!

今日、帰宅して落ち着いてからいろいろ思い出していたら、涙が浮かびました。
ほんとうによかったね、あっきー。 そして今まで応援してきたファンの皆さん。
本格的なミュージカルから遠ざかっていた2008年からの3年間の、いろんな経験、思い、努力が、全部、今回のコンサート、そしてこれからの仕事につながっているのだと、あらためて思いました。
辛さや迷いもいっぱいあったであろうあの長い時間は決して無駄ではなかった。
むしろ、あっきーが持って生まれた素晴らしい声と才能をひそかに磨き上げ、何があっても負けない力を養ったのだと再確認しました。
ほんとうに、心の底から、嬉しいです。

>ミミさん
すてきなコメントありがとうございますhappy01
わたしもこれまでのいろんなことを考えると、ちょっと泣けてきます。
結局こっちがやきもきするまでもなく、あっきーはちゃんと自分に求められていることは、最高の歌声を聴かせるこだとわかっていて、常にそのことを最優先してこれまでやってきてたのかなって思います。なかなかそうとは見えにくい時期もあったけれど。
作品そのもの、舞台そのものが素晴らしいということもありますが、そして他のキャストのみなさんには申し訳ないけれど、わたしの今回の最大の感動は、やっぱりあっきーです。
あっきーがその力に見合った作品に巡り合えたこと、その喜びに尽きます。
演出の荻田さんには、三曲目のソロをあっきーに歌わせてくれてありがとう!happy02と叫びたいくらい感謝してます。
これがさらにこの先の輝かしいキャリアに結びついていってほしいですね。

hildaさん、お久しぶりです。
日本版Chess In Concert、ほんと、よかったですね。4公演行ったなんてうらやましい!
私は1度だけでした。
演出の変更には異論があるけど、石井さんのAnthem、中川さんのSomeonelse's Storyは最高でした。再演期待したいです。

>まりるさん
こんにちは!やっぱりいらしたんですね、CHESSmotorsports
わたしは東京3公演でした。6公演しかなかったうちの半分見れた(聞けた)のだから、満足すべきなんですが、もっともっと聞いていたかったし、もっとたくさんの方に聞いていただきたかったな~と思います。4日間って短すぎますよねdespair
大阪は三日間「出張」しますがcoldsweats01
アダム・パスカルファンのまりるさんに中川フレディの歌声はどんな風に響いたか気になってましたが、「Someon Else's Story」お気に召していただけてうれしいです。この曲を本来の歌い手ではないフレディに歌わせてくれた荻田さんの演出に乾杯!ですbeer
ミュージカルでは聞けない歌なので、コンサートもまたぜひ再演してほしいですね~。
またそのときは劇場でお会いできたらうれしいですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43918740

この記事へのトラックバック一覧です: CHESS in Concert 東京千秋楽、鳴りやまない拍手:

« CHESS 前楽+トークショー | トップページ | CHESSコン後遺症? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ