あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« CHESS in Concert 開幕 | トップページ | 竹田団吾衣裳作品展2012/L.E.D.開催中 »

2012年1月28日 (土)

CHESS初日その後

今週に限って仕事が忙しく、残業が続いたり、深夜仕事の三連ちゃんとかで忙殺され、こんな短い期間の公演だから、タイムリーに情報発信していかなければと思いつつ、更新が滞ってすみません。特に初日深夜に何度もリロードしてくださったみなさん、ごめんなさいsweat01

夢を。見ていたような気がします。CHESS in Concert@青山劇場

あっきーが思い切り自由にのびのびと、生き生きと歌い、はしゃぎ、まるでライブと舞台を同時に見ているような、ライブでこの歌声をもっともっとたくさんの人が聞けばいいのに、と思い描いていたその場面が現実になったような、デジャブー。

まだちょっと信じられない。あれが夢じゃなかったなんて。わたしがぼんやりしている間に昨日も青山劇場は熱狂の渦に巻き込まれたようですね。初日公演終了直後、いや、ゲネ直後かな?から湧き起った絶賛の嵐とあっきーへのすさまじい称賛の声に押し流されて溺れそうです。今日はわたしはトークショー付きの夜公演のみ。初日以上に楽しみで眩暈する。

でも倒れてる場合じゃない!(笑)

ちょっともう遅いかもしれないけど急ぐ情報から。本日より当日券で立ち見席(2階後方、4000円)が出るそうです。→梅芸サイト当日券情報

四日間、たったの6公演、でもまだあと半分3公演あります。見逃さないで!絶対後悔しますよ。ミュージカルファンなら。あっきーファンならなおさら。他のキャストのファン、ABBAや音楽担当の方のファンも迷っておられるならどうかぜひ!

■ぴあニュース
ABBAが作曲を手がけた伝説のミュージカル、日本初演が開幕

■おけぴ管理人さんの観劇レポ
12/01/26 CHESS in concert 公開舞台稽古レポ@青山劇場

Chess120126b

Chess120126a

Chess120126c

ここでいったんアップ。

こんなに短い公演期間では、ネタばれを恐れてはレポも書きそびれそうなので、そのへんは斟酌しないつもり。でもその前にいろいろ情報系。

上演時間は休憩20分をはさみ2時間10分。時計見たら、ぴったり8時40分に終演してました。すごい。

販売グッズは、プログラム1000円、ミニチュアのチェス盤1500円、オリジナルグッズはそのくらいで、後は各キャストのCDやDVD、カレンダー等の販売。
あっきーのは、ライブDVD(渋谷AX&赤坂BLITZ)が並んでいました。

リピーターズチケット販売。割引はなくて、非売品のCHESSコンオリジナルチケットホルダーが付いてきます。ただ初日時点で、東京公演は27日マチソワのみ。大阪は全日程分出てました。ん?大楽もあったっけかな?ちょっと自信なしsweat01

とにかく一言で言って、楽曲、演奏、キャスト、舞台美術、衣裳に至るまで、すべてが素晴らしいlovelyshine
ゲネ写真や会見写真(2幕の衣裳)を見ておわかりのとおり、チェスにちなんで白黒を基調にしたモノトーンの衣裳はそれぞれの役柄に合わせたスタイリッシュなもので、まずこれでロンドン版に勝った!rock(笑) さらに一幕は黒、二幕は白をベースにしてましたね。
変わらないのは浦井くんのアービターで、これは出てきた瞬間ヤバイ!と思いました。
何ですか、その艶やかさは。ジャッジが無駄に美しすぎる(爆)だいたい審判してるように見えないし。ダンサーの大野幸人さんが「チェスの妖精」なら、アービターは妖精界の王様オーベロンみたいでしたよ。歌声を生で聞いたのはもしかすると「ルドルフ」のファイファー以来かもですが(薔薇サムはゲキ×シネ)すごく歌声に深みが出ましたね。

ロンドン版より30分くらい短いけど、その分中身は濃いです。楽曲の順番や歌い手を大胆に変更。ストーリー展開よりも楽曲の良さを伝えること最優先みたいな構成。
詳しく比較はしてないけど、フローレンスの「Nobody's Side」が一幕しょっぱなから繰り返し歌われて、これでラストかと思われたアンセムのリプライズ大合唱の後までもう一回歌われるので、全体のテーマ曲的扱いなのかな?

そしてあっきーの、もとい、フレディーの「Pity the Child」一幕からいきなりキタ!!
これは不意打ちでびっくり、やられました。
この悲惨な子ども時代を歌った歌は、本来は2幕で歌われるはずで、ストーリー的には今ここで初めて明かされるフレディーの素顔、みたいな感じでショッキングなんですが、これを一幕に持ってきたというのは、まずはあっきーの歌を聞いて驚け!ってことですね(笑)
あっきーソロは、この他2幕冒頭で「One Night In Bangkok」「Someone Else's Story」計3曲。もちろんこれ以外にもアナトリーやフローレンスとのデュエット、トリオ、カルテット、全員でのコーラスにも参加してますが、その中でも彼の声は際立ってよく聞こえました。単に耳があっきーの歌声を探してただけまもしれませんがear

バンコク、ラップ調の難しい歌ですが、なんとこの曲のみ原曲英語のまま。
そしてあっきーの歌声は聞こえるのに舞台上ではダンサーのみ、と思ったら、え~~?客席後方から登場!わたしは2階席後方(っていうか最後列)だったので、スポットライトを浴びて通路を舞台に向かうあっきーをのび上がって見てるだけ。
この歌、ちょっとオリエンタルを勘違いしてるみたいな可笑しさがあるんですが、アンサンブルの女性たちに囲まれまんざらでもないフレディー、早くもバンコクの諸星あたるに変身か(爆)DJ風に明るく楽しそうに歌ってました。
驚いたのは、通常はフローレンスの歌(ロンドン版ではスベトラーナ)である「Someone Else's Story」をフレディーが歌ったこと。こんな人生のはずじゃなかったのに、これはきっと他の誰かの人生…一度もそんな風に思ったことのない人の方が少ないと思われますが、本来のストーリーを離れてフレディーがこの曲を歌うことによって、フレディーの天才としての苦悩と孤独がさらに鮮やかに浮かび上がってきたように思います。
ちょっと残念なのは、ピティの挿入位置が変わったことで、フローレンスに復縁を迫って拒絶されて、ついに精神的に崩れそれまで必死に保ってきた仮面がはがされる展開がなかったことと、チェスを愛する思いは本物であるがゆえにアナトリーに対戦相手の弱みを教え、勝たせようとする(アナトリーがチェスへの真摯な気持ちを自ら裏切らせないため)シーンがなかったことかな。これはいつかミュージカル版が実現したら見せていただきましょう。

瞳子さんや石井さんの歌ももちろん素晴らしかったです。特に一幕最後のアナトリーの「Anthem」は圧巻でした。他のキャスト、特にダンサーの大野さんについてもいろいろ書いておきたいところですが、今日ももう出かけないといけないので、またのちほど。

細かいチェックポイントとしては、一幕メラーノでのチェス選手権の報道、小道具の新聞が各国の新聞をくっつけたものになっていて、フランスのルモンド紙、イギリスはテレグラフ紙、アメリカはニューヨークタイムズ、ちゃんと読めなかったけどロシアやドイツもありました。それがちゃんと各言語にまでなってるかは遠目には双眼鏡ごしにも確認できなかったのですが、写真はすべてあっきーと瞳子さん(フレディーとフローレンス)でした。凝ってる~。

もうとにかく音楽の島健さん、振付の港ゆりかさん、衣裳デザインの十川ヒロコさん、素晴らしいセットを作ってくださった大道具のスタッフのみなさん、すべてのスタッフさんに感謝です。みんなみんなグッジョブ!!good いろんな意味でこの日本版はロンドン版をも凌駕したと思います。負けてるとしたら舞台の上の人数だけ(笑)

カテコのみなさんの輝くような笑顔がすべてを物語っていたと思います。みんな~、やったね!wink ほんとに素晴らしかった。こんな舞台に出会えてわたしも幸せです。
そして一階から二階席までオールスタンディングの客席へ、あっきーからの「ありがとう!」の声、2回目はマイク入ってなかったけど、しっかり2階の最後列まで届きましたからhappy01

« CHESS in Concert 開幕 | トップページ | 竹田団吾衣裳作品展2012/L.E.D.開催中 »

コメント

こんにちは!(o^^o)
本当に、ミュージカル好きでアッキーも好きなのに観に行けなくて残念です( ; ; )立ち見席まで出て、行きたいのですが、予定が合わず・・・。Twitterで皆さんのつぶやきを見る度に我慢!と思ってます苦笑
ライブCDとか出してくれると嬉しいのですが・・・(・ω・`*)

>ひばごんさん
いらっしゃれなくて、本当に残念です。
でも今日のレポにも書きましたが、ミュージカル化の可能性がチラチラ見えてますwink
ぜひ実現していただいて、今度はご一緒に楽しめるといいですね。
ライブCD、わたしも希望してるんですが、見た方はきっとみなさん希望されてると思うんですよね。こちらもぜひ梅芸さんには前向きに検討していただきたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43886061

この記事へのトラックバック一覧です: CHESS初日その後:

« CHESS in Concert 開幕 | トップページ | 竹田団吾衣裳作品展2012/L.E.D.開催中 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ