あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« CHESS in Consertコメント動画 | トップページ | 新しい歌 »

2011年12月 4日 (日)

東北への旅日記パート9~ファンミーティング(トーク)編

気がつけばもうあの日から1カ月以上経ってしまいました。
こんなに遅くなるなんて!去年の仙台お茶会もなかなか書けなかったけど、それでもジタバタしてたのは1週間だもんね。今回はもうちょっと早くまとめられると思ってたんだけど…。

忙しくて気力体力がとか、スケートシーズンがとか、福岡イベントがとか、いろいろ言い訳してきたけど、結局はアレだ。(何だ?)

FC限定イベントだから、というよりは、わたし自身が特別な思い出としてしまっておきたいっていう気持ちの方が、これはもっとたくさんのあっきーファンに伝えるべきだ、っていう想いよりもほんのちょっと上回ってたんだろうなって、思います。

そうは言っても乗りかかった船だship これを仕上げてしまわないとわたしのところにクリスマスxmasも正月fujiも来ない!というわけで再開しまーす。

これまでのおさらい。

東北への旅日記パート1~ILY観劇編

東北への旅日記パート2~街かど編

東北への旅日記パート3~初めてのダナエ編

東北への旅日記パート4~東北高校ライブ編

東北への旅日記パート5~そば粉のガレット編

東北への旅日記パート6~ハロウィンハット編

東北への旅日記パート7~ファンミーティング(開宴まで)編

東北への旅日記パート8~ファンミーティング(あっきー登場)編

えーと、前回はQ&Aだけ抜き出して書いたんでした。今日はまたちょっと遡って…

あっきー登場は、17:45。(って書いてあった)

ずいぶんゆっくりお食事時間を取ったのね。だからお食事の提供あるって、あらかじめお知らせしてくれれば…ぶつぶつ(以下自粛)

相変わらずのなんちゃってレポです。そこんとこヨロシク。
メモを元に起こしていますが、完全じゃないのであちこち話が飛んだり、流れの辻褄が合わなかったりするのはご勘弁を。
適当に言葉を補完してますが、わたしの勝手な解釈なので、あっきーの真意ではない可能性あり。そのへん割り引いてお読みください。太字や大きな文字は、わたしが印象的と思った言葉です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「X day」以来、1年ぶりの仙台です。
(あっきー自身は、7月の六魂祭その他で来仙してると思いますが、公演としてということだと思います)
みなさん、そろってます?あ、トイレの方もいらっしゃる(笑)じゃ戻られてそろったら話始めましょうか。
(ほどなく全員そろったと見計らって)
今日は東北高校ライブにいらしてくださって、温かい目で見守ってくださってありがとうございました。
(あらためて)ようこそ仙台へ、ようこそ江陽グランドホテルへ。

母校でライブができるなんて夢のよう。これまでは母校でライブなんて、理由がなかった。
それが3.11以来、母校、というか宮城で歌いたいという気持ちが生まれ…
気持ちが固まると、場所の方から近づいてくる。
(甲子園で校長先生にお会いしたこと?)
今日のライブに来てくれた方、来れなかった方、気持ちはひとつだと思って(同じように)感謝しています。
母校ライブでは、みんなの気持ちを感じながら歌うことができ、時間を共有できてうれしい。
大汗かきながら(笑)
魚の歌であんなことが起きるとは!(生徒がスタンディングで踊り出したこと?ほんとにびっくり、うれしそうでした)

ピアノ一本で歌うって、一口に言うけど、
うまいピアノとうまい歌があれば最高の音楽かっていうとそうじゃないと思う。
うまいだけでは心に響かない。うまいへたじゃない、技術だけでは表現しきれないもの、それがぼくの音楽の特徴だと思っている。
音楽が大好きだから、続けていける。いろんなもの(音楽だけじゃなく)にふれていきたい。お客さまの心をつかむために。
どうしたらお客さまの心に寄りそえるか、考えて、達した答えは「自分の歌」を歌えばいいんだ、ということ。
10年前と今では「自分の歌」が明らかに違う、という実感がある。
じゃあ、「自分の歌」って何?それは本気でぶつかるということ。本気には弊害もあるけど。こちらが相手に壁を感じたら、相手も感じてしまう。意識しないで(無心で)本気でぶつかることが大事。
少し前までの自分の歌と、今日の思い…(少し考え込んで)あー、ぼーっとしちゃった(笑)

時間は戻せない。
喜びや感動、忘れたっていいけど忘れられないのが人間。
でも時間は戻らないから。その(感動の)瞬間がすべて。そのすべてはどこまで?限りない可能性がある。
本気だけでも見えないものがある。
本気だから見えてくるものがある。
ゲゲゲの「逆もまた真なり」みたいに(笑)

東北高校には、素晴らしいスポーツの先輩がたくさんいて、荒川静香先輩、本田武史先輩、宮里藍さん、佐々木大魔神…
高校の三年間ってついこの前のことのように思っていた。
でも今日の生徒さんたちを前にして、その年齢差を考えた時に、伝わるのかな?ってちょっと心配になったけど、一瞬の中の(感動の)可能性に賭けようって思った。
デビュー10周年の年に母校でライブ、運命なんていう言葉じゃなくて、もっと実感のあるものになった。
「魚になる」で生徒が立ってくれたのもうれしかったし、生徒より少しだけよくぼくのことを知ってくださってるみなさんが率先して拍手や手拍子を入れてくれたから盛り上がった。
話すのは好きなんだけどヘタみたいで(笑)(緊張してるうちはダメだったのに)ぼくが暴れ始めたら(生徒たちから)反応があった。赤とんぼではシーンと静まり返り、神経集中の中で(魚では)立ってくれてうれしかった。
しゃべること、もうちょっとちゃんとまとめておけよって?(笑)

2011年は舞台もコンサートもいっぱいあって…
でもまだまだできるぞ、とマグマが噴き出すような気持ち。
寝なくてもいいくらい。心労もあるけど、セリフを覚えるのも楽しいと思える。
生きてくことは、好きなこと、楽しいことばかりじゃない。
でもそれが大変sweat02って言いたくない。(負担を感じているような)「大変」は嫌いな言葉。
(興奮したように)どうしよう!happy02大変!heart02っていうのが好き。わかります?この違い。
止まらずに努力し続ける。そうやって心を無にして生きていくには人生って長いな、と思う。
でもこの10年はあっという間だった。

「あっという間」という感覚でいられるのは恵まれてることだと思う。
今の暮らしが大好きで、ほんと寝なくていい。寝なくてもいいんです。(寝なくていい、って何回も言ってました)
それでも10年は長くて、その間にはもちろん(負の)大変なこともあったし、前に踏み出せないような場面もあった。困難にぶつかって、
ああ、俺これで終わるのか、こんなことで負けるのか、って思った時も…。

3.11で変わったことがある。
震災で仕事が減ってる中で、仕事が増えたこと。(エンタメ業界全体の)スケジュールが変わったり、なくなったりしてる時にむしろ仕事が増えた。心が傷ついたときに、それをパワーに変えられたのはみんな(ファン)のおかげ。みんなの力で、2011年はラッキーな年に思えてきた。

(ちょっとお名前を書いていいかどうか迷う方(わたし的には超びっくり)からのお言葉)「きみはすごい財産を持っているね」って言われた。それはファンだよって。公式サイトのNANのページ(たぶんここ)を見てくれたらしくて、楽屋口で他のファンに親切にしていただいたという方のお話にファンどうしの優しさを感じると。それでもうひとつ思い出したこと、2005年の夏に銀座ジャックっていうのをやって(写真展や松坂屋前のゲリラライブの日のことを言ってるらしい)そのライブが始まった時に、誰からともなく前の方の人たちがしゃがんだ。そのときすぐにはわからなかったけど、あれは僕の歌を銀座の通行人のみなさんにも聞かせたいという思いから?(いや、わたしが思うに後ろのファンのためではcoldsweats01 どっちにしても思いやりには違いない) ぼくのファンは優しいと実感。

デビュー以来、10年間応援してくれてる方、途中から応援してくださってる方、いろんな方がいるけれど、(前出の方いわく)「ファンは鏡だ」(顔に出る?)よくも悪しくも「アーティストの人間性がファンに出る」って。ファンは宝だ、と思っている。

今日来れた人、来れなかった人、みんな一緒に歩んできた10年間だった。

みなさんがステージや歌から受け取るものはウソじゃない。

もちろん言葉にしなければわからないものもあるけれど。

みんなに夢を与えていきたい、その気持ちがぼくのエネルギー。

応援するみんなのために夢を届ける仕事をすると、約束します。

N.A NETWORKのネットワークは絆

あの人のファンってすごい温かい。と言われるように、夢を与えるから、夢を届けるから、どうかついてきてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この後はこちらのQ&Aに続く。
東北への旅日記パート8~ファンミーティング(あっきー登場)編

前半のトークだけで長くなっちゃったので、最後のご挨拶は別記事にしますね。

【追記】
アップした後で、読み返してみて、あっきーはわたしがあのとき感じたよりもずっと率直に、「むき出し」でお話してくれたんだ、ということに気付き、こうやって不完全な内容のものをまるであっきー自身の言葉のように(いや、あっきーの言葉なんだけど、わたしというフィルター通してるから、実物ではない)書いて公開して、ほんとによかったんだろうか??という疑問と不安がむくむくとcoldsweats02

あっきーはこんな風に人目にさらされることを想定してしゃべったわけではないだろうに。と思うと、心は揺れ、続き書く気持ちがまたまたひゅるるぅ~と縮こまってしまうのですが、でももうここまで来たら、最後まで書きますよ。

あの場所にいたかったけどいることが叶わずに、あっきーの心と言葉を受け取ることができなかった、受け取るべき誰かのためにも。

そして何かのきっかけで中川晃教に興味をもって、こんなところまで迷い込んでしまったあなた、これ読んでもう少しだけあっきーのこと、こんな感じの人なんだ~ってわかってもらえたらうれしいです。

« CHESS in Consertコメント動画 | トップページ | 新しい歌 »

コメント

事情があって直前に参加をあきらめました。
皆さんの書かれたもので、その日の様子を想像しておりました。

いまあらためて細かく報告していただいたことで、その場にいて、あっきーの声を聞いたような気がしています。
彼の気持ちを、遅ればせながら受け取ることができたように思えて、とても嬉しいです。
ありがとうございました。

hildaさんはじめ、あっきーファンの方々は、私にとっても宝物だと感じています。
これからもよろしくお願いいたします。

>ミミさん
今回はほんとうに残念なことでしたね。
せっかくの十周年記念イベントなのに、ミミさんのように突然のご事情だったり、遠方だったり、タイミング的、経済的、その他様々なご事情で参加することのできなかった方に、少しでもあっきーの気持ちが伝わればな、と思って書きました。読んでいただけてうれしいです。
もちろんここを訪れる方はFC会員だけじゃなく、あっきーに興味もなく、単なる通りすがりの方とかものぞいていかれるわけですが…。それを思うとちょっと怖くもなりますが、ミミさんのように喜んでいただける方がいらっしゃると、ちょっと安心しますconfidentheart01
あっきーの温かい気持ちを感じていただけたら、わたしも報われますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43197497

この記事へのトラックバック一覧です: 東北への旅日記パート9~ファンミーティング(トーク)編:

« CHESS in Consertコメント動画 | トップページ | 新しい歌 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ