あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 東北への旅日記パート6~ハロウィンハット編 | トップページ | 「SAMURAI 7」キャスト、チケット情報 »

2011年11月14日 (月)

観劇週間

あっきー、昨日のサンデーメールで、この一週間で3本観劇したって。あちこちの目撃情報から、たぶん新大陸方面と宇宙の彼方方面と…(笑)
昨日は新納慎也とよっしー共演の「Triangle Vol.2 ~探し屋ジョニーヤマダ~」を見に行ったんですね。→ニーロさんブログにビッグスマイル(笑)

今年は舞台出演が4本、朗読劇が2本。ライブもコンサートもあったけど、舞台系での活躍が目立ちますよね。音楽だけじゃなく役者としての自覚と興味が高まってるみたい。いろんな舞台を見て感動したり吸収ししたりして、次の舞台ではまたさらに新しい魅力を見せてくれるといいな。

さて、最近はあっきー関連以外の舞台はすっかりご無沙汰でしたが、わたしも先週久々にお芝居を見てきました。

2011年11月11日(金)19時開演
文学座

文学座11月公演
『岸田國士傑作短編集』
明日は天気/驟雨/秘密の代償
会場:紀伊國屋サザンシアター
シアターガイドの紹介記事

文学座ですよ。がちでストプレ。しかも岸田國士作品。
今年はこの方にご縁があるようです。3月の石丸さん「ACCIDENTS2」での短編3本。そのうち一本はむか~し、大学の先輩がアマチュア演劇で演じた 作品との思いがけない再会でした。(動員挿話)そして、夏の渡辺えりさん「ゲゲゲのげ」はこの方のお名前を冠した演劇賞の受賞作です。
一言で言うと「骨太」。
純粋にセリフの力だけで見せる。演劇ってダイアローグだったんだな、って当たり前のこと、あらためて認識しました。丁々発止というよりは、少しのどかなや りとりの中に、気がつくとハッと目がさめるようなところまで連れていかれてる。実際、3本立ての最初の2本は少しのんびりした雰囲気で、時代背景も昭和初 期~大正くらいかな。ちょっと眠く(笑)
でも3本目の「秘密の代償」は、ええ゛~~??そっちですか?coldsweats02み たいな意外性と、家族それぞれの思惑と駆け引きから新たな秘密が生まれてくるのがおもしろかったです。あの小間使い、そこまで計算したわけじゃないだろう けど、とっさの機転?で奥さまの疑惑をうま~く利用してうまいこと逃げおおせたわけで、うまくやったな、とむしろ感心させちゃう。
いずれも当時の富裕層を少しカリカチュアライズして、ちょっと滑稽で後味も悪くない。
久々に「芝居」を見たな~という感じ。

思わずこの短編集3本を収録した戯曲集(文庫なのに1260円もした!)をその場で購入。「ACCIDENTS2」で見た「命を弄ぶ男ふたり」も入っていました。ラッキーscissors

ゲゲゲの岸田戯曲賞で調べて、初めてこの方が岸田今日子さんのお父様だと知りましたcoldsweats01
(無知)こんな優れた舞台作家がいたことすら知らなかったので、わたしの演劇知識もまだまだ全然です。世の中にはまだまだわたしの知らない素晴らしいもの/人/ことがいっぱいあるんだろうな~。

いや、これから発見する楽しみがまだいっぱいあるってことね。前向きにとらえよう(笑)

« 東北への旅日記パート6~ハロウィンハット編 | トップページ | 「SAMURAI 7」キャスト、チケット情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43012836

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇週間:

« 東北への旅日記パート6~ハロウィンハット編 | トップページ | 「SAMURAI 7」キャスト、チケット情報 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ