あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 東北への旅日記パート3~初めてのダナエ編 | トップページ | メッセージ仙台創刊号にも! »

2011年11月 6日 (日)

うれしい、楽しい、うらやましい

あらためまして、ILY福岡公演大千秋楽無事終了おめでとうございますhappy01
あっきー他キャストのみなさま、制作に関わったすべてのスタッフのみなさま、お疲れ様でした~heart01
オシャレで明るく軽く、毒と涙もちょっぴり、楽しく笑えて、あとはすっきりさっぱり(笑)、ある意味残らないことが最大の美点だったかもしれない舞台でした。(ほめてます)
仙台で一緒に見てくれたお友だちが「(いろいろあったので)いまのわたしにはちょうどいい。重すぎず軽すぎず、深刻にならずに笑えて楽しかった」と言ってくれました。この方は、震災ではお家が流されたりご家族を亡くされたりといった大きな被害はなかったものの、ご自宅の一部は損壊、一時は避難所でも暮らした経験がおありです。仙台公演をご覧になった方々の中には多かれ少なかれ震災の影響を受けてこられて、今もまだその渦中にいらっしゃる方が多かったと思いますが、そんな方々に少しの時間、笑顔を届けられた。それがもしかしたらこの舞台の役目だったんじゃないかな、という気がしています。

そして最後の公演地、福岡~!最後までたくさんの観客を笑わせ、幸せにして幕を閉じたみたいでよかった~confident

そして昨日のあっきー誕生日をお祝いするFCイベント。参加された方のツイートや日記を読ませていただくと、あっきーにとってもファンのみなさんにとってもうれしい、楽しい、超ハッピーアワーだったみたいで、正直うらやましい(笑)

今回はお留守番組の寂しさを身にしみて感じましたですweep

でも先週の仙台イベントも楽しかったから、そんなに欲張ってはいけないかな。両方行けた方もいる一方で、両方行けなかった方もいらっしゃるのだから。そういう目の前にいないファンへの気遣いの言葉が仙台でも聞けたし、夕べ更新のおわくりでも伝えようとする姿勢はうれしいです。こういうことは何度でも繰り返し、繰り返し、しつこいくらいに伝えるべし。

それと忘れていけないのが、今回イベントも含め、仙台、兵庫、福岡と地方公演があったからこそ、あっきーに会えた、というファンも多かったってこと。どの公演だってイベントだって、いろんな都合で行けない人がいるのは当然で、ふだんなかなか遠征できない中で少しでも多くのファンが生あっきーに触れられたことは、わたしも本当にうれしいです。(少し強がり)

開演直前のおわくりにもケーキ写真ありますが、ILYの仲間たちにお祝いされてる笑顔のあっきーの写真が白羽さんのブログにアップされてます。(ゆりさん、ありがとう!)うれしそうですね。気のせいかちょっぴり目がうるんでるようにも。(花粉症?)
バス郎に続き、ウサピョンヌにも笑いました。衣裳担当の方、GJgood

あれ?なんか違うこと書こうと思って書き始めたんだけど、何だったか忘れちゃったsweat01
やっばーいcoldsweats02
それより仙台レポの続き、続き。

« 東北への旅日記パート3~初めてのダナエ編 | トップページ | メッセージ仙台創刊号にも! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/42889418

この記事へのトラックバック一覧です: うれしい、楽しい、うらやましい:

« 東北への旅日記パート3~初めてのダナエ編 | トップページ | メッセージ仙台創刊号にも! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ