あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 東北への旅日記パート7~ファンミーティング(開宴まで)編 | トップページ | 「Message Sendai」創刊とブログお引越し »

2011年11月24日 (木)

東北への旅日記パート8~ファンミーティング(あっきー登場)編

入口から現れたあっきーは、上下とも黒。スタンドカラーのロングコート風ジャケに右肩にマフラーというかストールというか、巻かずに掛けてました。よく落ちないな~と思って見てました(笑)パンツは細身のちょっとくしゃっとした感じ。靴は遠くて見えません。髪は、、、確か後ろでまとめてあったと思うけど、あれ、メモに書いてないわsweat01いいかげん。もう思い出せない。

テーブルの間を通って前のステージへ。

Fcevent06

Fcevent05

これ、終わってから撮ったのでステージに何もありませんが、右側に長椅子が置いてあったのです。あと、お水置きの小さなテーブル。最初話始めるとき、立って話すか、この椅子に座ってもいいかな?みたいなこと言ったんですが、やっぱり座っちゃうと見えない、ということで立ったままお話することに。お花はどなたか存じませんが、個人の方からのもののようでした。きれいですね。

トークは、さきほど終えたばかりの東北高校ライブの話に始まり、これまでの十年への思い、ファンへの感謝などを伝えた後、開演前に参加者に書いてもらった質問に答える質問コーナー、最後の言葉で締めたあと、2組に分かれて集合写真撮影という構成でした。

毎度のお断りですが、トークの内容については、一応簡単なメモは取ってありますがすべてではないし正確でもないし、わたしの勝手な解釈でカットしたりふくらましたりしてるので、だいたいそんな話をしていた、という程度のことに受け止めておいてください。

最初と最後のあいさつをまとめるのは少し時間(と気力)が必要そうなので、順番違いますが、書きやすいQ&Aから。

-「ゲゲゲのげ」でマキオくんが時彦ちゃんの思い出を語る場面で鬼太郎が首を一回回すのは、どうしてですか?
あの舞台は、現在過去未来、時空を超えている。時空のゆがみというか。首をぐるっと回すことで、時間を遡って鬼太郎から時彦に変わっている。その他に汗がすごく流れるので、それを少しでも払いたいという気持ちも(笑)その汗ではりついた髪の毛の隙間から恨みの目が「俺はおまえのせいで死んだんだぜ」と言っているつもり。自分でやってみて、渡辺えりさんも何も言わなかったのでそのまま続けた。
(この回答の前にひとしきりゲゲゲの稽古について語りあり。40人もの群舞、教室のシーンが多く、待ってる時間が長かったこと。稽古好きなので、やっと自分の場面になっていろいろ言うと、渡辺えりさんに「中川くんってしつこいのね」と言われたこと、待ってただけなのに、とちょっと不本意そうに(笑)お盆のチケット、さばいてくれたのは絶対みなさんの力。おかげで客席は埋まり、観客が増えるにつれて外からの反応も大きくなった。客席の椅子を増やしたので演出まで変えることになった。スモークが焚かれ、滑る床、ゲタでの立ち回りの大変さ、悪条件の中でがんばった。えりさんの戯曲は、自分なりの答えをみつける楽しみがある…など。)
-ILYでは、最前列で見てると目のやり場に困る場面がありましたが、戸惑いはなかったですか?
確かに最前では困るかも(笑)
(子どもの頃にミスサイゴンを最前で見た時に、女性のセクシーなダンスシーンで親の方が焦って、わたわたしたのにあっきーがまあ落ち着いてみたいなことを言ったらしい(笑))
一種の駆け引きのようなもので、恥ずかしいと思ってしまったらできないので感情なしでやった。ただ今回の舞台(ILY)は、蓋を開けてびっくり!なことが多かった。トラ縞パンツは抵抗したんだけど。あんなTバックとかアメフトのプロテクターみたいな格好でタンゴなんて、タダの変態(爆)最初は理解できなかったけど、割り切ってからは最初の衣裳のTバックは地味で見えないと言ったら衣裳さんがアレを作ってくれた。きわどいシーンも楽しんでやろうと思った。
ILYでは、アメリカの若者から老人までの男女の恋愛スタイル?など日本(のミュージカル)にはないものが多く勉強になった話。たとえば「待ってる」の三つの別々のメロディが重なってひとつになる瞬間はミュージカルのだいご味。
(トークショーで3対1になったけど遅刻はぼくのことじゃないから、って言ってましたが、わたしはたぶんそのトークショー聞いてないので流れがよくわかりませんでした。恋のお悩み相談室でも恋愛観の違いで3対1になってました)
-アンサーソングはできましたか?
今書いてます。
-金髪はもう終わりですか?
金髪はほんとに髪が傷んで…抜けたり切れたり。このままだといつか…。それでもついてきてくれますか?(笑)
金髪のおかげで起きた化学反応もあるので。たとえば「よいね、よいね」のウキョウとか。
(次回のサムライではウキョウさまの出番が増えるそうです。そして答えになってない)
-新曲のリリースは?
実は12/22に(アルバム)リリース予定だったんですが、ぼくが曲を書いてなくて…。
(この事実に会場驚愕)
-私服選びのポリシーは?
何でも着こなしたい。着こなせる、と思っている。でももうスカートははけない。30目前にして年相応ということも考える。でも大阪で前に犬の顔がついたパンツを買ったので、いつ着ようかと(笑)(福岡お誕生会ではいてきたらしいです)ファッションは冒険だ。その場に応じた好印象を与えるものを。(って矛盾してるような)
-10年間で一番うれしかったことと一番苦しかったこと
うれしいのは、10年目を明るくポジティブな気持ちで迎えられたこと。
これが超猿みたいなことがあった年だったら立ち直れなかったかも。
この10年は自分探しの旅のようなものだった。
苦しかったことはいっぱいあるけど…。大変だったのは、5年目、6年目、、、7年目かな。
(ああ、やっぱり…。具体的なことは何も言わなかったけど、それ以前からのファンの中にはこの言葉に納得した人も多かったのでは。少なくともわたしは)
-来年新しく始めたいこと
英語です。誰かいい人(先生?)いませんか。希望は365日(英語で)しゃべり続けてくれる人。
(これは大歓迎!)
-質問じゃないけど、今の気持ちを歌にして歌ってお願い!
(ちょっと考えながら)
♪そうね 今は秋 街は虹色の木々たち
ここは東北 そして暖かいふるさと
手を伸ばしてみてもつかめないもの
触れあうことが生きる意味と知り
だけどわかり合えない時もあったけど
今はうれしくて、うれしくて、うれしくて
この気持ちをどう表わせばいいのか
歌うことで言おう
うれしい、うれしい、うれしい、うれしい、うれしい…
ありがとう
heart01

以上。
最後の歌は、歌詞を書き出すかどうか迷ったのですが、トークでここにいないファンのみんなも気持ちはひとつ、みたいなことを繰り返し語っていたので、いらっしゃれなかったFCメンバー含むファンのみなさんに、言葉だけでもお届けしたいと思って公開しました。とても心のこもったメッセージソングでしたよ。

やっぱり一度に終わらないか。最後のご挨拶もとてもよかったんですよ。続く~。

« 東北への旅日記パート7~ファンミーティング(開宴まで)編 | トップページ | 「Message Sendai」創刊とブログお引越し »

コメント

ヒルダさん、こんばんは!
一連のレポ、楽しく読ませていただきました。
凄い盛りだくさんで、読みながら私もワクワクしてしまました。
ありがとうございました。
最後の即興(?)の歌、私も聴きたかったですv
新曲リリースもとっても待ち遠しいですね。
今年の目標だった「アッキーのライブへ行く」はおかげさまで無事達成したので、
来年の目標は「ファンクラブイベントに参加する」にしようかな(笑)。

>恭穂さん
ありがとうございます!ポツポツすぎて、ほんとお待たせすぎ、ごめんなさいcoldsweats01
アドリブのありがとうソング、思いがけずしっかり歌ってくれて、すごくうれしかったです。
来年はぜひぜひ、恭穂さんもご一緒に!会場でお会いできるのを楽しみにしてますよ。まだ決まってないけど(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/43122763

この記事へのトラックバック一覧です: 東北への旅日記パート8~ファンミーティング(あっきー登場)編:

« 東北への旅日記パート7~ファンミーティング(開宴まで)編 | トップページ | 「Message Sendai」創刊とブログお引越し »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ