あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« テディベア事件 | トップページ | 榊原長紀ソロライブの予定 »

2011年10月16日 (日)

中川和泉「エネルギー」をサイドバーに

←リンク画像を貼り付けました。
画像を右クリックして「リンク先を保存」でも、設定によっては左クリックのポップアップで「ファイルを保存」でも音源をダウンロードできます。
昨日出がけにアップしたので、お知らせが遅くなっちゃいましたsweat01

勝手に拾ってきた画像を加工して作ったへたっぴなバナーですが、これで少しでも目立って、この歌を聞いてくださる方が増えるといいなと思います。

いずれ和泉ちゃんのところに動画がアップされる予定らしいので、それまでのつなぎに…と思ったのですが、まだいつになるかわからないとのこと。

実はこの曲について、もう少し詳しい情報を、とお願いしたら、作詞作曲や編曲者の情報の他に和泉ちゃんのこの曲に対する思いがいっぱい詰まったメッセージをいただきました。でもそれはいずれ何かのタイミングで、ご自身のブログで公開するのがいいんじゃないかと思って、あえてご紹介しなかったんですが、動画アップのタイミングがわからないということで、いちおうご本人の了解もあり、ここにご紹介しますね。
ひとりで読むのはちょっともったいないので。

中川和泉さんからのメッセージ(一部抜粋)

「エネルギー」を12年ぶりに歌うきっかけになった経緯。

エネルギーは1999'*に兄が兄妹デュオで歌うために書き下ろした曲です。
作詞・曲共に兄で、今回リアレンジをかけて演奏しレコーディングの協力をしていただいたのは江口貴勅さんです。

震災をきっかけに誰もが「自分はなにができるか」という気持ちになったと思います。
その時に私は改めて私にできることが「歌うこと・つたえること」だということに気づかされました。

歌を唄う事の意味を問う日々の中起きたあの震災。
迷っていた私の感情に力を与えてくれました。

私にできることは…

真っ先にこの曲が浮かびました。

少女が傷つき・迷い・負けそうになりながらも様々な困難から逃げずに強く咲いていこうとする様を唄った詩。
あの頃は意味もちゃんと分からず、言葉を大切に伝えるということがとても難しかったことを思いだします。

しかし「今」こそ、沢山経験を重ねた「今」の私が表現できる「エネルギー」があるはずだと思ったのです。
そして震災で苦しむ方々にも、この主人公の様にまた花の様に、負けないで立ち上がって欲しいと強く思いました。

そんな気持ちでいる私に多くの方々から実家や親戚を心配するお言葉をいただきました。
その中で江口さんからも「僕に出来ることならなんでも力になります。」と言ったようなお言葉をいただき、今の自分の思いをぶつけてこの様な形に至りました。

レコーディングから時間はたってしまいましたが、震災復興は今に始まりすぐに終わることではありません。
私達がやらなくてはいけないことは長い時間をかけて復興のお手伝いをする事だと思います。

時間だけが無情に過ぎていきますが悲しみは一生きえることはないでしょう。
そんな時にこそ私達の出番なのだと思うのです。

歌で心を癒せたら…
歌で笑顔になれたら…
歌で多くの方にこの現実を伝えていけたなら…

そんな風に思っています。

物や形は変えられても、痛みや傷や記憶は残り続けます。
それが少しでも和らいで欲しいと思うのです。

大地に強くしがみついて
いつだって笑顔でいる花…

人は強い!

そう信じてそれを伝え続けていきたいと思っています。

*ヤマハのアーカイブ情報によると1998年

二人の音楽の原点とも言えるこの歌を和泉ちゃんを知らない中川晃教くんのファンにもぜひ聞いていただきたいです。このまっすぐで透明な歌声!

この思いはきっと東北の被災地で傷つき疲れた多くの人々の心にきっと届くでしょう。

がんばろうね、和泉ちゃん。

« テディベア事件 | トップページ | 榊原長紀ソロライブの予定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/42539582

この記事へのトラックバック一覧です: 中川和泉「エネルギー」をサイドバーに:

« テディベア事件 | トップページ | 榊原長紀ソロライブの予定 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ