あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ラジオドラマ『東京 Voice』再放送 | トップページ | 11月のblack A »

2011年10月31日 (月)

東北への旅日記パート1~ILY観劇編

最終日に体力無視した観光ルート突っ込んだおかげで、日曜日は死んでましたcoldsweats02

現実逃避的に写真の整理に逃げ込んでますが、少しずつでも書き始めないと、あっという間に記憶が消し飛んでしまうsweat01
っていうか、もうすでにこの日のことはかなりおぼろになりつつあるんだけどね(笑)

2011年10月27日(木)19時開演
電力ホール(仙台)
ミュージカル「I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE」
出演:中川晃教、米倉利紀、神田沙也加、白羽ゆり

この日のハプニングから書いておくと、まずブライズメイドが花嫁のブーケトスを(たぶん)初めて受け取りそこなった。夫婦のタンゴであっきーがセリフをミスったsweat01(新聞結ぶのは一人でできるってところ、明日でいいやって~。ちょっと早い)あとアドリブですが東京楽でやってた(わたしは見えなかったけど)虎縞Tバックのゴムパッチンを両側でやってた(笑)

Flower01

Flower02

カテコ挨拶で、客席にいた伊達家十八代当主さまを紹介するのに「藩主」と言っちゃった。宮城はまだ廃藩置県されてなかったのね~(爆)お花も届いてましたね。(←お花画像は、左が伊達様から、右が東北高校校長先生から)

カテコ挨拶は、音楽担当のお二人も含めて全員一言ずつ。
みんな震災後にこの地を訪れて笑顔を届ける日を心待ちにしていたという言葉。あっきーの「来たよ!仙台」という呼びかけに込められた思い。それぞれの震災当日の衝撃と戸惑いと胸の痛みを語る言葉、特に福島出身の白羽さんは最初から涙で言葉につまるほどで、おもわずもらい泣きweep 米倉さんがまた素晴らしいスピーチだったんだけど、詳細は忘れましたcoldsweats02ごめんなさい。ただ、この舞台のタイトル「I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE」を自分なりに訳すと「変わらない変わりゆくもの」だったか「変わりゆく変わらないもの」だったか(どっちやねん??)とおっしゃってて、それをさらにわたしが自分の中で訳してみると(日本語だけど)「この世界で変わらないたったひとつの真実は、すべてが変わってゆくという事実」という、前にもどっかで使ったフレーズに行きつきました。パーフェクトだと思えても何もかも変わり続ける。変わっていかなければならない。変わり続けてパーフェクトを求める。だから傷ついた東北も、日本も、地球もいつか必ず復興する。その日まで一緒に生きていきましょう。みたいな感じです。(もっとかっこよく言ってたんですけど)

舞台そのものに対する客席の反応は、東京公演とは少し違ってましたが、よく笑っていただけたし、この最後の舞台挨拶でさらに思いが伝わったのではないでしょうか。

今週末の兵庫、福岡公演には行けないので、これがわたしにとって最後のILY観劇となりました。なので、ちょっとばかりまとめ的な感想も記しておきます。

こちらはasahi.comの記事。
中川晃教ら4人、小気味よいコメディー「アイラブユー」

う~ん、小気味よいですかね?coldsweats01

東京公演から数えて7回目の観劇。初日の固さや力の入れ具合、セリフ回しの緩急などは、徐々に改善されてはきたけれど、正直に告白すると舞台全体の印象は驚くほど変わってません。

あっきーファンとしては、彼の歌声が最大限生かされるタイプの舞台じゃないっていうところが一番寂しく感じるところではあるんだけども、それ以上にアメリカ、あるいは欧米の文化的な背景に対する知識と理解不足からの違和感。これは最後まで払拭できませんでした。

だいたい「デート」の定義がこんなに違うなんて!今さらながらのカルチャーショックです。わたしはデートって、好きな人とお互い好きっていう合意の上でするもんだと思ってました。でもこのミュージカルの中のデートって、まずは相手を知るためのお見合いみたいな感じ?いわゆるブラインドデートに近いような。初めての相手とってこと。海外版のサイトを見たら、「深刻な男不足」の解説で、まさにブラインドデートでボブという同じ名前の男とデートしてる女性二人、って書いてありました。

そして強迫観念とも言えるカップル至上主義。しかも男と女じゃなきゃいけないし。結婚しなきゃいけないし。アメリカ人って、寂しいのね。一人じゃ生きていけないんだ。そのために別れても別れても、誰か新しい相手を探さないではいられないのね。ローズ・リッツの物語は、亭主が年上の女と駆け落ちしたショックから立ち直るところまでは感動的だけど、その後やっぱり男がいないと残りの人生が寂しいものになると決めているところで気持ちがすっと離れてしまいます。

ブライズメイドの歌にしても本来は一人で生きていくと自分で決めた、自由な人生を選んだ女の歌であるはずなのに、どうも負け惜しみにしか聞こえないのが惜しい。

独り者の孤独が狂気と化して大量殺人に走ってもおかしくないくらいの実感あるのかしらね。もちろん皮肉だろうけど、(強い)男らしさ、(セクシーな)女らしさへのこだわりにしても、皮肉とは思えずむしろそういう価値観のいやらしさだけが強調されてしまってると感じました。

元々描かれているのが人物ではなくシチュエーションなので、、泣いても笑っても登場人物に対する共感はほとんどなかったです。おもしろいな~と思うエピソードや、うまいな~と思う表現(演技、演出、歌、脚本)はあるんですけどね。特に米倉さんは、芸域の幅を余すところなく見せておみごとでした。

一番好きなのは、前から書いてますが「ご両親登場」の親たちの歌。もう、これははまっちゃってはまっちゃって(笑)毎回終わった後もつい口ずさんでしまうほどです。
子どもの結婚に夢を抱く夫婦に同情はしませんが。子どもの人生はあんたたちのものじゃないのよ。

おもしろいな、と思うお話は最初の「今夜はダメ、忙しい忙しい忙しい」のいいとこどりのデート、まだ付き合う前から別れた後の再会までをシミュレー ションしちゃうという。これお互いにものすごく想像力のある男女じゃないと無理だと思うけど、あそこまで遊べる二人なら、ちゃんと付き合ってみてもいいと 思うんだけどな~。さっさと次へ(笑)

「お涙ちょうだい」も好き。舌を巻くのはあの男の歌、原詩と比較してもほとんど情報落とさない日本語でメロディに乗せ切っててすごい。スタローン、 シュワルツェネッガー、シャロン・ストーン、クリント・イーストウッド、落ちてるのはブルース・ウィリスくらいか。ジェイソンとチェーンソーの脚韻なんか おみごと。その他の歌も訳詞、すごくうまいです。ちょっと聞き取りにくくて最後まで正確にわからなかった歌詞もあるけど。

おもしろい、笑えると思うのはACT1に多いですね。刑務所での「恐怖のあまり」結婚式場に直行する婚活セミナーなんか最高happy02

そして泣ける話はACT2。結婚はゴールではない、ということ、実際に結婚を経験した人なら必ず実感としてもってるはず。

でもな~。タンゴの夫婦は、あんなに疲れきってて、突然誘われてセックスレス生活から復活できるものだろうか?(爆)

なんだかんだ言いあいながらもけっこうバランスの取れたいい夫婦じゃん?愛のハイウェイで家族ドライブ。

結婚して30年たっても妻にときめく夫。いいんじゃないですか~?昔のアメックスのCMで、「恋人、妻」っていうコピー思い出した。

お互いに長年連れ添って亡くした妻と夫を愛しながら、生きてる間はまだ愛を与えられる相手を求める気持ち。わかります、わかります。いくつになっても誰かを愛したり恋したりする心、なくしたくない、っていうよりなくならないんだろうと思います。

ただ愛も恋も誰かに対して生まれるもので、まず誰かを求めるものじゃないんじゃないか?っていうのがわたしの最大の違和感なんですけどね。

さんざん、泣いたり笑ったり、楽しんだ後で文句言いすぎですかbleah

それでも自分の中の違和感をこれだけ言葉にできてすっきりした~。「X day」でも正体不明の違和感があって、それは最後まで言葉にできなかったから、未だに気持ち悪いの。

大好き!な作品とは言えないけど、いろんな楽しみ方はできたミュージカルでした。

その楽しみのひとつが固有名詞探し。メトロポリタン美術館やメイシーズ(デパート)が、ああ、ここはニューヨークだな、と思わせてくれたし、ウィンブルドンのテニスウェア(あっきーのヘアバンドはellesse)、ラコステのポロシャツに80年代のテニスプレイヤー(ボルグとかマッケンローとか)の面影を見たり、フリトレーのポテトチップス、Laysの大袋抱えてバスケットの試合に見入るって、まさにカウチポテトだ~。別のところにも書いたけど、あっきーと白羽さん夫妻が読んでる新聞はニューヨークタイムズ。やっぱりニューヨーク。あのおじいちゃんは、ニューヨークには19店舗もあるグランドユニオン(スーパー)のどこでお買い物してるのかな?A&Pっていうのもスーパーマーケットで正式には、The Great Atlantic & Pacific Tea Companyっていうのね。その他多くの映画俳優やキャラクターの名前、チャーリーズエンジェルズって今の若い方はご存じかしらね。そしてハーゲンダッツはクリスピーサンドがおいしいdelicious

マッチョマンとセクシーガールで二人がデートしてる場面のセット上部に「HAPPY HOUR」って出てるのね。これ、お店の名前かと思ったんだけど、調べてみたらホテルのバーなんかで、早い時間に割引料金で食べ物や飲み物をサービスすることを言うらしい。あまりお金のない若いカップルがちょっと見栄はって(笑)デートするにはうれしいシステムで、ホテル側からしたら、ちょっとした高級感を味わってもらって将来の顧客を開拓できるという一石二鳥のサービスscissors

まとめと言いつつ、ちっともまとめになってないけど終わります。

パート2は、同じ日の仙台中心部編、ダナエ編と続きます。ライブ&イベント編はいつになるだろうか。去年のお茶会のようなプレッシャーはないので、もうちょっと早く書けると思うんですが。

« ラジオドラマ『東京 Voice』再放送 | トップページ | 11月のblack A »

コメント

はぁ、スゴい。目からウロコがボロボロ落ちました。いろいろわかんないところあったんですけど、なるほどね~って思いました。
読んでて、もしかしてって思ったんですけど「お涙ちょうだい」で後半に涙がこみ上げてきた男が「しっかりするんだ、立ち上がるんだ、なんとかのように~♪」って歌っててそこがわかんなかったんですよ。そこがブルース・ウィリス?…確認してきます。
デートの定義は最近はアメリカに近くなってるかもしれませんよ。私自身は助けて~っていうデートを何度かしました(笑)。で、妥協出来ずに今に至る訳です。身につまされます。

>めいたまちゃん
ああ、どうだったかな~?兵庫、福岡で確かめてきて~happy01
とにかく、スタローン、シュワちゃん、シャロン・ストーン、ジェイソン、イーストウッドまでは聞き取れたんですが。ブルース・ウィリスいなかったと思うんだけどね。
そうなんだ~、最近のデートってcoldsweats01
コンカツリカツ見てても恋愛や結婚に対する感覚のズレが衝撃的だったんだけど、これもう、日本とアメリカじゃなくて、ジェネレーションギャップ??(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/42766418

この記事へのトラックバック一覧です: 東北への旅日記パート1~ILY観劇編:

« ラジオドラマ『東京 Voice』再放送 | トップページ | 11月のblack A »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ