あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ILY配役&ミュージカルナンバー | トップページ | CHESS配役(一部)発表! »

2011年10月23日 (日)

さよなら、テディベア

Okubo_teddy

新大久保からグローブ座に向かう途中の角の信号のところでいつも見かけてたくまちゃん。気づいてた方も多かったのでは。あっきーが友人夫婦の赤ちゃんのためにおみやげにしたテディベアによく似ていますが、もっと大きいの。

何の受付なのか、ついにわからないままでしたが昼も夜もじっと一人ぼっちでお留守番してて健気だな~と思っていました。

毎回のぞくの楽しみにしてましたが、このくまちゃんとも今日でお別れです。今度いつ会えるかな~?それまでさよならpaper

東京グローブ座で10/8に開幕した、オフブロードウェイ・ミュージカル「I LOVE YOU, YOU’RE PERFECT, NOW CHANGE」も本日23日、東京千秋楽を無事に終えました。あっきー、米倉さん、沙也加ちゃん、白羽さん、音楽のお二人さん、そして裏方の大勢のスタッフさん、お疲れさまでした!

客席の反応も温かく、ステージはヒートアップして、これまでにないくらい笑いのあふれる舞台になりました。燃えた~、泣いた、笑った~(爆)

1幕「ご両親登場」では、沙也加ちゃんママは息子の婚約祝いをいつもみたいに激しく床に叩きつけるだけでなく、それを足で思いっきりキック!footimpact 他の三人あっけに取られて、笑いをこらえるのに必死(笑)米倉さんパパ、引きつりながら次のセリフ言うのに声が上ずってましたよsmile

同じく1幕、法律事務所のスポークスマン米倉さん登場でこれまでで一番大きな笑いと拍手をもらってました。完全にショーストップモードで、最初のセリフを入れるタイミングをはかるくらい。あのときのなでつけ髪、色が濃いので付け毛かと思いましたが、地毛をなでつけて色の濃いところを見せてるだけですね。しかしこんなところで大爆笑、これはあっきーのテニスウェアで登場シーンの笑いとともに、演出家の意図ではないと思う(笑)
同じシーンでは最後に小切手を見せるあっきーと沙也加ちゃん、大判の小切手を左右に開くようにして笑顔を見せて暗転。前からこうだっけ?

大きな拍手と言えば、またまた米倉さん、「恐怖のあまり」の受刑者講師で登場シーンの拍手も半端なかったです。もう完全にスターというか(笑)客席に向かって「(50目前で独身)身につまされる話だろ」とか「少しは妥協しろ!」とか言うところもいつも以上に受けてましたね。

米倉利紀さん、舞台出演としてはわたしは「RENT」しか知らず、たぶんそれ以外ではそれほど演技のご経験多くないと思うのに、あの舞台度胸、思い切りのよさ、コメディセンス、そしてもちろん甘い歌声、完璧ですね。
今回初めてちゃんと舞台を見せていただいて、それが一番印象に残りました。

その米倉さん、カテコ挨拶もそつなく素晴らしい。
今回ってあっきーが座長だって聞きましたが、カテコの仕切りというか声かけたり、トークで司会的な役割を果たしてたのはだからなんですね。
そのあっきーから第一声「米倉さんからアカペラで1曲」という言葉にみんな目が点eyeそんな無茶ぶりも「今自分は役者として芝居をするためにここにいる。もしぼくの歌だけ聞きたい方がいれば、ぜひライブに…たぶんチラシに入ってるから…」と上手に対応、丸く収まりました。
あっきーってばあの場で予定外のこと言い出すなんて、だから「変な人」扱いされるんだよ~bleah 自分だったら歌っちゃってたかも。なんてね。

舞台挨拶が入ってからずっとタイミング悪くてご挨拶聞かなかったので、今日が初めてです。
千秋楽だから全員からご挨拶あるかな?と思ったら代表で米倉さん。またまた素晴らしいスピーチです。
「今日のお客さまの温かい笑顔に助けてもらった。初日から千秋楽まで事故もケガもなく終えられてほんとうによかった。これからあっきーの故郷である仙台や、沙也加ちゃんのママの出身地である福岡や、白羽さんが青春をすごした神戸、兵庫でも公演は続くけれど、まずは東京楽無事に終えてホッとした。3/11以来、多くの方と同じように自分には何かできないかずっと考えてきた。この舞台の稽古も本番もずっとそれを考えながらやってきた。人は幸せだから笑うんじゃない。誰かと笑い合える、そのことが幸せなのだ。愛と笑いを届けられる舞台ができてよかった。自分も含めみんなが世界平和を願っていると思うけれど、まずは隣にいる人(身近な人)を愛することがまずは第一歩…」
みたいなことをおっしゃってて、そのまとめ方のスマートさにほとんど感動しましたshine
今度ライブに行ってみようかな、って思うくらい。

残念ながらあっきーの舞台挨拶は聞けなかったけど、あっきーらしい無茶ぶりが見られてよかったです(笑)そこから引き出された米倉さんの魅力にも触れられたし。

ああ、あっきーといえば(思い出したように)、わたし今日は初めて下手側だったんですが、2幕「愛は薄れているべきじゃ」でのソロ、妻を愛おしげにみつめるまなざしを初めて体感(笑)最後の「♪きみへの愛は薄れているべきじゃないのか…いいや(そんなことはない)」って伸ばすところの後半に力強さがこめられて、とっても心を打たれました。
また変なたとえをすると、フィギュアスケートのコンビネーションスピンで後半の方が高速になっていく(軸を細くすることで実現できる)みたいな高い技術力を感じました。
だから逆にヘタレを表現するのにマッチョマンの歌で「♪もう少しハンサムなら~~」って途中で息が切れてブレスを入れるところ、なくても歌えちゃうのにわざとそうしてるのがバレバレでちょっと不自然に聞こえるのが惜しいと言うかもったいないというか。

位置的にローズ・リッツの演技も初めてちゃんと見えました。今までビデオプロジェクターの映像が主に目に入ってきて、リアルタイムの沙也加ちゃんの動きはよく見えなかったの。そしたらビデオに映ってないところで手や上半身使った演技をちゃんとしてるのね。
ちょうどローズに向けた照明が思いっきりわたしの顔に当たる位置でもあったので、いつものところで滂沱の涙を流すところが回りから見えてたかも。もし見てればだけど。みんな舞台の上のローズを見てるからたぶん気付かれなかったはず。

このミュージカル、最初見たときは、あっきーの無駄遣いと思ったけど。(タンゴとか)こんな歌歌わせるなんて、もったいないと思ったけど、ソロパートはもちろん、アンサンブルでもあっきーの歌声は際立ってるし、これまでにない役柄や、これまでにない軽いコメディに挑戦できたことは、きっと役者修業として役に立つでしょう。(またまたエラそうですが)
もう少し肩の力抜いてもいいかもね。さらっとしたコメディだからね。

ほんとはもう少し各場面の感想とか、作品全体についての印象とか、まとめておきたいんだけど、きっとまたこれが終われば次へ次へって追い立てられて、書く暇ないかもsweat01

新大久保、結局6回行って韓国料理はあんまり堪能できなかったな~。ホットク食べたかったweep それだけが心残り。

【追記】
東京楽で初めて気づいたこととか。

「愛は薄れているべきじゃ」であっきーが読んでる新聞は、予想通りニューヨークタイムズ。夫はアートのページを、妻はスポーツページを分けて読んでましたね。

刑務所での祭壇直行セミナー(笑)で、いつもはあっきー、前の方のお客さんに話しかけるのに、今日は沙也加ちゃんに一生懸命話しかけてました。何を言ってたかは憶えてませんが。

法律事務所の宣伝、米倉さんの広報担当者のセリフずっと「成功しているカップル」だと思っていたのが、「性○しているカップル」だったこと(爆)なんでわかったかというと、今日に限って「性○を行っているカップル」と誤解を避けるように?言い替えてたから。
それを言ったら、ある友から「あの場面で性○以外ありえないじゃない。どんだけカマトトなんだ?!」って笑われちゃったよ~。だって~、あの事務所の経験豊かな弁護士に間に入ってもらって成功した例、って言ってるのかと思ったんだもーんcoldsweats01

« ILY配役&ミュージカルナンバー | トップページ | CHESS配役(一部)発表! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/42655160

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、テディベア:

« ILY配役&ミュージカルナンバー | トップページ | CHESS配役(一部)発表! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ