あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 映画「アサシン」完成披露舞台挨拶動画2 | トップページ | とにかく変、マイペース、天才、でも愛されてる »

2011年10月16日 (日)

ILY観劇4回目の感想を

早く書けよっていう声がアクセス解析から聞こえてきます~coldsweats01

すみません、昨日は終演後に大久保通りの韓国料理店で食事して帰宅が午前様、今朝はなんだか体調悪くゴロゴロしてたら書きそびれましたsweat01

特に昨日のトークのレポを期待されてるかな?と思うとますます焦りますがsweat01これから思い出しつつまとめられるだろうか。ちょっと待って。

昨日は土曜日でトークイベント付のせいもあるでしょうが、遠征組の友人も多く、客席はいっぱい。前回水曜日ソワレはちょっと寂しかったので、ちょっとホッとしたりして。

観客のノリもよくて各ポイントでよく笑いが起きてたせいか、ステージ上もヒートアップ。全体的に流れもスムーズに、セリフの緩急、笑いのポイントでの力の入れ具合やタメの取り方、すごくメリハリついてきました。映画のシーンで「奥さんは病気、なかな~~~~~か死なない」とか(笑)

それで逆に、初日はぜ~んぶ力が入ってたから、コメディとしては平板な印象だったんだと気がつきました。本来は初日からこのくらい出来ててほしかったけど、コメディこそ客席との呼吸が大事だから日々調整続ける中でここまでやっと来たって感じでしょうか。(エラそうに)

弁護士事務所のコマーシャルでは、オリジナルではAnnouncerとかSpokesmanとか呼ばれている米倉さんの役、今日はもう出てきただけで笑いを取ってました(爆)
米倉さんは場面によって地毛の茶髪とダーク系のつけ毛かな?使い分けてるんですが、この場面では黒目の髪をピターっと分けて黒ぶち眼鏡で一見まじめそうなんですが、だんだん怪しい人になってきました(笑)
うまくいった例を紹介して、得意そうに「ね~?」って言うところが今日は「ねぇ~んheart01」ってちょっとおネエ入ってるし。

初日と比べて、2度目に見た時カットされたりセリフが整理された?と思ったシーンが2,3か所あったんだけど、それは3回目で復活してて、単なるミスかアドリブかわたしの勘違いかどれかだったらしい。たぶんほとんど変わってないです。脚本も演出も。

そういうわけで舞台自体は進化してすんごくよくなってるんですが、個人的な印象は初めて見たときから変わってません。笑いのツボも泣きのポイントも。

必ず泣くのは2か所。ローズ・リッツが「(元亭主が)わたしを棄てて腰の悪いおばあちゃんに走ったからよ!」って叫んだ後にふっと表情が変わる瞬間。
もうひとつは、これは狙われてる!お涙ちょうだい(笑)とわかっているけど、やっぱり最後のエピソードで、「I Can Live With That(うまくつきあえるさ)」のデュエット終盤「♪わたしにできるかしら」「♪わたしにわかると」「♪うまくつきあえる」ここらへんでもうダメですcrying

それにしても沙也加ちゃんはすごい。ローズの最初と最後の笑顔が全然違ってる。

そしてどうでもいいですが、お葬式のお花、生花ですね。少し萎れてきてたのでわかりました。最後まで持つんだろうか?今日みたいに暑い日があると大変そう。

あと、テディベアの足の裏に「Teddy」って名前が刺繍してあった!可愛いlovely

そう、今日は比較的前方列だったので、いろいろ間近で見られて楽しかったです。汗とか唾とか飛びまくるし(笑)何よりいいのは、歌が生に近い音で聞こえるってことですね。

最初あっきー歌が少ないとか印象的な歌があまりないとか思ったけど、みんなで歌ってる時もあっきーの歌声ははっきり識別できるし、2幕のソロはやっぱりいい歌。

それにやっぱりキャストのバランス。だんだんわかってきた。4人しか出ないからって、4人対等に出番や見せ場があるのかと期待したのがいけなかった。それじゃつまんないもんね。各場面に力の入れどころがあるように、各キャストにもそれぞれ役割があって…ぶっちゃけ、これは米倉利紀さんがメインで引っ張ってる舞台だと思う。そうだということに納得できたら気持ちよく楽しめるようになりました。

そう思って見ると、あっきー、どの役もこれまでとは異質なイメージだけど、一生懸命大汗sweat01sweat01かいて演じてるじゃないですか(爆)決して器用な役者とは言えない人だけど、彼なりに新しい自分を見せようとがんばってますよね。成功してないのもあるけどbleah ガンバレ~rock

他に細かいところでもっとツボシーンについても語りたいけど、いい加減トークについてまとめたいので、このへんで。

【追記】
最初に保存したタイムスタンプでアップしちゃいました。順番がおかしくなるので、修正coldsweats01

【追記2】
ILY公式サイトに「舞台の様子」がアップされています。→こちら

1幕ラストの結婚式、1幕中盤のご両親登場、2幕家族でドライブの各シーンから。あっきーノアが「おしっこー!」と叫んでいるところ(笑)

« 映画「アサシン」完成披露舞台挨拶動画2 | トップページ | とにかく変、マイペース、天才、でも愛されてる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/42540200

この記事へのトラックバック一覧です: ILY観劇4回目の感想を:

« 映画「アサシン」完成披露舞台挨拶動画2 | トップページ | とにかく変、マイペース、天才、でも愛されてる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ