あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 毎日新聞夕刊(関西版) | トップページ | ILYメディア情報&イベント情報 »

2011年9月 4日 (日)

オープニングライブ【2nd】

Opening01

どうも最近つぶやいただけで力尽きてしまう傾向がsweat01
あかんな~、というわけで今日のblack Aオープンライブ、19時の回に参加してきました。

で、すでにここで力尽きてアップできずに寝てしまいましたcoldsweats02 申し訳ない。
都合によりこのままのタイムスタンプでアップします。

black A オープニングライブ 
~中川晃教トーク&ライブ~
2011年9月3日(土)
【1st Stage】16:00~16:40
【2nd Stage】19:00~19:40
会場:blackA


【セットリスト】
【1st】
1. 夜明けのセレナーデ
2. That's why
3. Miracle of Love
4. イッツ マジカル
5. JUST CALL MY NAME
【2nd】
1. I WILL GET YOUR KISS
2. JUST CALL MY NAME
3. イッツマジカル
4. マイソング
5. ユーアーザスーパースター
※すべてあっきーの弾き語りで。
※2ndではアンコールの声に即興で台風のイメージを演奏、でも歌はなし。

わたしが参加したのは2ndです。1stのセトリは、友だちから教えてもらいました。
1stの様子は、black A公式ブログにアップされています。
歌も衣裳も全然違うからびっくりeye

と、ここでまた写真の整理中に力尽きましたsweat02
会場の写真、アップしていいって了解得たので後で追加します。
ちょっと待って~。

お待ちいただいてる間に、ツイッターのつぶやきアップしておきます。

・途中どこからかあっきーのCDが流れてくるハプニングあり。歌えず困った顔がおもしろかった(笑)
・トークで受けたのはデビュー記念日は郵便貯金?と、さかきーピアニスト説。
・あっきーは上から下まで赤でした(笑)コンサートにない色選んだ?

【追記】
お待たせしました。会場写真です。後方の画像がピンボケですが、雰囲気よかったので構わず載せちゃいます。

Opening02

Opening03

ファンからのお祝いのお花でしょうか。それぞれ個性的できれいでした。

Opening05

Opening04

 

壁面の天使たち。お知り合いのイタリア人の方の作品だそうです。

Angel01

Angel02

背景の文字に「黒」「神」「命」イタリア語、断片的な知識coldsweats01sweat01

入口にイベントの案内板が立ってたんですが、ぎりぎりに駆け込んだので撮る暇なく、帰りにはもちろん撤去されてましたsweat02

入り口でドリンクを選びました。ビール、お水、ジュース(オレンジとグレープフルーツ)、ジンジャーエール、ウーロン茶もあったかな?わたしはジンジャーエールを。

トーク&ライブの内容ですが、まず登場は客席後方の入り口から。っていうか、そこしか出入り口ないですよね(笑) つぶやいたように、全身赤づくめでびっくりしました。友だちは後でアカレンジャーとか還暦とかって(爆) 珍しくないですか?真っ赤って。シャツもパンツも靴までまるで誂えたみたいに同じ色味の赤。腰に赤と白のスカーフを巻いてたか差し込んでたか、それがちょっとしたアクセントになってました。髪の毛はゲゲゲで最後に見たときとほとんど変わらない、ように見えました。

今回台風まっただ中だったので、なるべく荷物は少なめに、ということでメモも何も取ってませんので、トークの記憶、あんまりないんですが、思い出せるだけ。

ってとこで、一休み(をい)

【追記2】
たった40分のイベントのレポ書くのに丸一日かかってまだ終わらないってどういうことよ?と自分にツッコミ入れてるうちに、公式ブログに2ndの画像もアップされました。→赤いあっきー。あれは壁とのコーディネートだったの??

【追記1の続き】
初めの挨拶で、「今日は台風typhoonでお足もとの悪い中…」と言ったら、「え゛?!」とものすごく驚いた反応があってちょっと笑ってしまいました。確かに台風で時々ざーっと土砂降りrainの雨はあるものの、すぐ止むので人によっては一度も雨に当たってないという方も多かったでしょうね。だから別にお足元は悪くはなかったんですが、まあご挨拶ですから(笑)

1. I WILL GET YOUR KISS
この曲で10年前、2001年8月1日にデビューしました、今年の8月1日は、高円寺で「ゲゲゲのげ」という舞台の初日で鬼太郎を演じました。という話は客席にいらしたゲゲゲキャストの方への配慮かな、とチラッと思いました。デビューした日と言えば、11月5日(誕生日)もある意味ぼくのデビューと言えるわけですが…。みなさんも何かのデビュー記念日?を決めておくと、後でふり返るのに便利と言ったか、楽しみと言ったか?とにかく「郵便貯金みたいに」っていう言葉に受けました。満期を楽しみにするみたいに、っていう意味だったのかな。わたしのSHIROH記念日も1年定期で利息がつくといいんですが(爆)

2. JUST CALL MY NAME
最初のアルバムに入ってる、と言ったような気がしますが聞き違いかな。違いますよね?「White Shiny Street」(2002)のカップリング曲でした。たぶん作ったはもっと前だったのかもね。この歌の「僕にはわかるんだ…」っていう歌詞のところで、その頃からいつも人の気持ちを、こう思ってるんじゃないか、こんな風に感じてるんじゃないかっていつも考えてたんだなって、今も変わらないなってことを思ったそうです。うん、でもあんまり人の気持ちばっかり思いやっても自由に生きられなくなっちゃうからね。こだわるところはこだわって…るかcoldsweats01

3. イッツマジカル
この曲のイントロ弾いてるときだったと思いますが。どこからか、かすかにあっきーの歌声が(笑)着メロとかじゃなく、もっとはっきりCDとわかる音。ハッと気がついたときのあっきーの表情がおもしろかったです(笑)って、笑いごっちゃない。どうも最初っから鳴ってたみたいなんですが、わたしはまったく気付かず、あっきーもこの時初めて気づいた様子。でも一度気づいちゃうともう気になっちゃって歌えない。
どこか入口近くの上方から聞こえるようなので、もしや事務所で?と思ったけどスタッフによると音出しはいっさいないそうで。「誰かのiPodか何かが鳴ってるんじゃないか」という指摘で、みんながさごそ、ざわざわ。ふっと一瞬静かになって、耳をすませてもう聞こえなくなってた時の安ど感ったら。誰の何が鳴ってたのかわからないけど、あんなにはっきり外まで響く音量で聞いてるとしたら難聴になりそうですが。

4. マイソング
このへんから記憶がかなりあやしくなります。
仙台駅のペデストリアンデッキにあるステンドグラスは、恋人たちや友だちや家族が待ち合わせによく使う場所。と言ってた以外は全然思い出せない
たまたま直前に、8月に宮城ローカルの仙台放送で放映されたILYの短いプロモ映像を見たばかりで、仙台で好きな場所は駅のペデストリアンデッキ、という話をしてたことを思い出して記憶がかぶっちゃった。

5. ユーアーザスーパースター
アルバム砂漠から2曲目。これも事前のトークを全然憶えてない。
最後の曲と言ったと思うけど、タイトルを「スーパースター」と言って、歌い終わった後に「最後の曲はユーアーザスーパースターでした」と言ったら、お決まりの「え゛~」(笑)アンコールの手拍子に、アドリブでピアノを弾き始め、「台風のイメージ」と。歌うかなってちょっと期待したけど、それはなし。残念。また全体的に弾き語りながら、時々顔をあげて客席を見渡すような気配りもあったのですが、このときはのめりこんでる感じでほとんど顔が俯いてた。

どの歌も前奏のアレンジちょっと変わってて、一瞬何の曲が始まったのかわからなかった。でも歌はどれも真っすぐで透明感あふれる最高の贈り物でした。やっぱりあっきーの生歌は何にも代えがたい大切な宝物だって、何回目かわからない再認識しましたよ。

今後の予定、来週のライブのこととかその先のミュージカルの話とかはいっさいなし。ただblack Aでの次の予定として、デビューからずっとあっきーサポートしてくれてる榊原長紀さんのソロライブが9/18にあるということだけ。とってもすてきな癒されるギタリスト、と言おうとしてピアニストって言っちゃった(笑)会場のみんな、一斉に「違う、違う」って反応が可笑しかったです。さかきーのブログで知ってたけど、この場所でさかきーのギター聞けるのはやっぱりうれしいなぁ。

会場は、個人的には家から遠くて、わざわざお茶だけのために出てくるにはきびしい場所ですが、こういうこじんまりしたスペースであっきーの生歌を聞くことができるのはやっぱりすごくうれしい。去年暮のFCイベントに参加された方はもちろんご存じと思うけど、ほんとマイクやスピーカーいらないんじゃないかっていうくらいの近さと一体感です。

今回はスタンディングを覚悟してたんですが、友だちのつてで座席を確保してもらえてすごく助かりました。持つべきものはあっきー友。(ありがと~)座席が 30で、スタンディングのお客様はちゃんと数えなかったけど20~30人くらいかな?(えらい大雑把)後ろがいっぱいになるくらい。

この後もう少し雑感的なことを書きたかったけど、長くなったのでレポとしてはここまで。

Opening06

終演後なので、照明落ちちゃってますが、壁に反射したライトの影がとてもきれいでした。

【画像追加】
開演前の明るい画像をいただきました。(ありがとう!)

Piano

ほらほら!光の反射がおもしろい形に壁に反映してちょっと雰囲気あるでしょう?

« 毎日新聞夕刊(関西版) | トップページ | ILYメディア情報&イベント情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41491545

この記事へのトラックバック一覧です: オープニングライブ【2nd】:

« 毎日新聞夕刊(関西版) | トップページ | ILYメディア情報&イベント情報 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ