あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 説明になってないし | トップページ | 孤独な夜に聞かせてよ »

2011年8月25日 (木)

渡辺えりさんのインタビュー記事

ゲゲゲ千秋楽の話の続きを書きたいのですが、なんだか脱力しちゃってどうにもダメですcoldsweats02
できるだけ、思ったこと感じたこと、知ったことなど書きとめておきたかったのですけどね。

高円寺在住の友だちから、中野・杉並ローカルなフリーペーパーに、渡辺えりさんのインタビュー記事が掲載されていると教えていただきました。全戸配布のタウン誌で、こちらからダウンロードもできます。→ポスティア9月号
インタビューは25ページです。
ゲゲゲ26年ぶりの再演にかける思いを語ってくださってるんですが、いま読むとあらためて納得できるところがあります。一部引用しますが、

 孤立していたり、疎外感を感じている子どもというのはいつの時代もいるはず。そう感じている子にとって、この作品は時に痛快だったり、色々と思うものがあるかと。
 私の創る作品は“シュール”ですが、私はリアリズムだけでは人は救われないと思うんです。リアルなものは、観る人がその状況にぴったりあてはまらないとダメ。でもシュールなものは如何様にもとらえることができて、救われることができる。だからシュールな作品が好きなんですね。

シュール(レアリズム)で難解なのは、わかる人だけわかってください、じゃなかったんですね。如何様にも解釈してください、ってことなんですね。理解できないのは、わたしがバカだからじゃなく、正解があるはずだと思っていたのが間違いだったということなんですね。やっぱりバカだsweat02
リアリズムだけでは人は救われない。そのとおりだと思います。
だから人は夢を見、望む世界を妄想するのでしょう。

座・高円寺のフリーペーパー「座・高円寺」(まんまですね)にも渡辺えりさんの対談が3本も掲載されていて、えりさんの演劇のルーツや考え方にふれることができました。
これちょっとわかりにくいところに置かれてたみたいで、お気づきの方少なかったかも。
わたしは人に聞いて知ってロビーのチラシ置き場をチェックしましたが、見当たらなくてスタッフの方にお尋ねしたら、2階の事務所にあると教えていただき、ゲットすることができました。高円寺駅にもあったみたいです。

ところでわたしも20代の一時期杉並に住んでいたことがあります。ちょうどゲゲゲ初演の頃です。しかも渡辺えりさんがお住まいになっていた同じ町内でした!善福寺川の緑地あたりで、もしかしたらすれ違ってたかもね(笑)

それじゃなくても山形と秋田、生まれ育った環境も年代も近く、しかもわたしには年子の弟がいて、小さい頃は見かけも声もそっくりだったので男女の双子と 思っていた幼なじみもいたくらいです。いつも二人ぴったり寄り添って遊んでいて、よくまとめて意地悪されて二人で泣かされてました。いじめっていうより は、意地悪とかからかいとか悪ふざけとか、そういうレベルですが。

そういうわけで、勝手に渡辺えりさんに親近感を持っていわたしは、このお芝居(ゲゲゲのげ)も難解難解って言うけど、きっとわかるだろう、いやわかるはずだ、わたしにわからないで誰にわかるか、なんて不遜な態度で初日観劇、impact玉砕しました(爆)
それが悔しくて(笑)
こうなったら、絶対に理解してやる!と思って挑んで当初の予定を上回る9回観劇coldsweats01
完全にわかったかと言われれば、まだまだ謎も残り、見落としてた要素もありますが…。
最初に放りこまれた記憶の奔流に押し流され溺れそうになったとき。
あのラストシーンに救われました。
ブランコのマキオに歩み寄る時彦。ブランコにそっと手をかけ、マキオに微笑みかける最後のシーンです。
もうひとりの自我である時彦(のイメージ)との和解と統合が叶った瞬間に見えました。これでマキオも赦された、救われたと思いました。そして毎日誰かに意地悪されたりからかわれたりして泣いてばかりいた小学生のわたしも。

実は千秋楽の開演前、ロビーでプログラムにサイン中の渡辺さんに伺ってみたのです。
著作にサインをいただきながら、あのラストシーンの演出変更は、えりさんのお考えですか?と。すると、「あー、あのギー、バッタンの後ね。そうそう、変えたんですよ。いろいろ試行錯誤してね。あちらの世界でも物語が続いていることを明確にするために」
あの演出のおかげで、それまで見てて(マキオに感情移入しすぎて)痛いばっかりだったわたしがとても救われた気持ちになったとお話したら、とても喜んでくださいました。
そんな風に直接お話できて、わずかでも舞台の感想を伝えられたことがわたしもうれしかったです。

戯曲の文庫版にはかなり詳しいコメンタリーが掲載されていて、解説も3~4本入っているから、ほとんど種明かしされてるのがちょっとずるいかなと思います(笑)
わたしは解説なしの単行本を最初に読んで、DVDもダイジェスト版だから、断片的な印象を元に自分なりに(苦労して)構築したゲゲゲの世界を読んだだけでチェックできちゃうなんて~。やっぱりずる~いpunchimpact
ただ、そこにも書かれていない何かがあって、それを感じるのは人それぞれなんだろうと思います。(書こうとして書けなかった思いのたけ?)

で、わたしが感じたのは…。
あ、ごめん!いいところで、つづく~smile

« 説明になってないし | トップページ | 孤独な夜に聞かせてよ »

コメント

戯曲の文庫版に種明かしがあったんですか?買えば良かった。

舞台を見て自分で意味づけするのも楽しかったですけど、今更ですが、えりさんの意思を正しく理解したくなってきましたhappy01

遅くなってすみません~。

>kuriさん
種明かしっていうか、セリフの意味合いとかシャレとか、初演のときのエピソードとかね。
もちろんそれがすべてではないし、場合によっては作者や演者が目指したもの以上の感動や意味を観客が受けることだってあると思います。そこが生舞台のおもしろいところ。
これで渡辺えりさんの意図や意思がすべて理解できるとは思いませんが、参考にはなると思います。
戯曲本は普通に本屋さんやアマゾンでも買えますので、もしよかったら読んでみてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41359563

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺えりさんのインタビュー記事:

« 説明になってないし | トップページ | 孤独な夜に聞かせてよ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ