あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 覚悟 | トップページ | 初日の思いそれぞれ »

2011年8月 2日 (火)

シアターガイドの渡辺えりさんインタビュー記事

今日発売のシアターガイド9月号に、渡辺えりさんのインタビューが掲載されています。
26年ぶりに自らの手で再演する『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』に託す思いを語ってらっしゃいます。

これまで一番再演希望の多かった作品らしいです。でもキャスティングが難しくてなかなか。
特に鬼太郎はあの風貌に見えないとダメだし、身軽に動けて歌も歌えて、しかも朗々とした美声だけではなく個性的にこなせないといけないし
それって、まさにあっきーのことじゃないですか?!coldsweats02
「死神の精度」でえりさんがあっきーに出会ったのはほんとうに神さまの采配としかhappy01shine

結局あっきー鬼太郎はじめ、馬渕英俚可さん、広岡由里子さんなどその役にぴったりの俳優さんたちとの出会いが決め手になったと。

アンサンブルのみなさんはオーディションで20人選んで、半分くらい落ちるかと思ったら、誰も辞めなくて(笑)みんなを動かすためにあの迫力ある大人数のモブシーンが生まれたわけですね。

音楽劇にしたのは、生音楽が大好きだから。元々3曲あった劇中曲に今回は楽曲を増やし、えりさんご自身も素晴らしい歌声を披露されてます。
バンドのみなさん、舞台の上の方にいらして、セットの向こう側であまりよく見えません。バイオリンの方だけが物語の一部のようなお衣裳で演奏されてます。

少人数での公演や分かりやすい内容の芝居が多い今、敢えて時代に逆行して(笑)、東北人らしさの表れた、大掛かりで複雑でウェットでファンタジックなお芝居を上演します。ほかにはない世界を、ぜひ観てほしいですね

なるほど、分かりづらさは想定内、というか意図されたものなんですね(笑)

« 覚悟 | トップページ | 初日の思いそれぞれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41057189

この記事へのトラックバック一覧です: シアターガイドの渡辺えりさんインタビュー記事:

« 覚悟 | トップページ | 初日の思いそれぞれ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ