あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« コンサートご案内動画 | トップページ | 「おしいれのぼうけん」が消えちゃった; »

2011年8月 9日 (火)

ゲゲゲのげ新聞劇評

ゲだらけのタイトル(笑)

アンサンブルキャストのあらいまいさんがブログでちょこっと紹介してくださってますが、『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』の劇評が新聞に載りました。これだけでは何の新聞だかわからなかったのですが、あっきー友のSさんに教えてもらいました。
しんぶん赤旗、8月5日(金)の紙面で。なんだ~、前回わたしが観劇した日の新聞じゃないですか。さっそく探し出してチェックしました。
「にぎやかな悪夢再び」と題して、マキオの深層に見える抑圧された自我が見せる悪夢について解析しています。

まあ、あんまり普通に手に入りにくい(物理的にじゃなくね)新聞なので、ちょっとあっきーについて書かれたところだけご紹介しますと…

初演の年に生まれたという新生「鬼太郎」中川だが、壮絶な勢いと繊細さ、圧倒的な歌唱力によって渡辺戯曲のコトバに新たな生命を吹き込んで絶品だ。

まあ、なんか絶賛じゃないですか~happy01

絶賛といえば、こちらも絶賛モードですよ。
河村常雄の劇場見聞録
オフィス300音楽劇「ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ」
中川晃教、芸域広げる快演

怪演じゃなくて??(爆)
だってやっぱり妖怪だけにsmile

実は、赤旗日曜版ならもう40年以上愛読してます。父がそっちの方の人だったんで、わたしはまったく抵抗なし。
昔、子どもの頃は手塚治虫さんや石森章太郎さんの漫画の連載が楽しみでした。宮崎駿さんも描いてたな。最近ではいつも最終面の「人」インタビューを楽しみにしてて、いつかあっきーがここに登場してくれないかな、なんて思ってました(笑)これまでも市村正親さん、内田聖陽さん、森山未來くん、山本耕史くん、 とかね、すごくいいインタビューが載ったんですよ。写真もカラーでデカイし。先週は戸田恵子さん(2代目鬼太郎ですね)でした。

そういうわけで(?)日刊紙も案外すぐ手の届くところにあったりしてsmile
でもちゃんと読んでないから記事にはまったく気付かずsweat02まいさんのブログ読んで急いで各朝刊チェックしまくったけど、どこにもなくて…。(当たり前) 灯台もと暗しっていうか。

これから各紙にどんな劇評載るんだろうか?
過去に賞を取って、ある程度評価が定まってるだろうけど、そのテーマがいま現在の再評価に耐えうるかどうかが分かれ目と思う。(えらそーに)
っていうか、そんな風に再評価してる方のなんと多いこと!(ブログやツイッター)

そうですか、そんなにいいですか?sweat02

じゃあ、やっぱり、「感動」できないわたしがいけないんですね。
素直な言葉に出会うと、なんだかがっかりして、そのくせ嫉妬でメラメラしてます(爆)

↑意味不明なついでに、これもまたどうでもいい話。

若い方の中にはご存じない方も多いだろうけど、戦後の一時期にこの日本でも社会主義・共産主義が流行ったことがあるんですよ。文化人、知識人はのきなみ左翼っていう時代があったのです。もちろん演劇やってる人々もね。左寄りであることがカッコイイみたいな雰囲気があったらしい。わたしも後で父から聞いたり、何かで読んだだけの知識だけども。父も実はけっこうミーハーだったんだなcatface

ゲゲゲで小さい優しい方のお母さんが、「活動」とか「運動」とか聞くと嫌な気持ちになって立っていられなくなる、っていうセリフがあるけど、マキオの父 ちゃんだったら時代的には60年安保かな?なんて思ったり。しかしだからって「運動会」まで避けるのはダジャレすぎると思うけれど。

左翼運動が過激だなん て、左が危険視されるようになったのっていつからだろう?連合赤軍かな?70年安保で学生運動すっかり骨抜きにされて、勢いなくして、浅間山荘で自滅して。「総括」って流行語になって。ああ、年寄りの昔話coldsweats01 あ、その後天安門があったか。旧ソ連の崩壊でもみな社会主義に幻滅したよね。案外自分が生きて来た時代の歴史的な意味、わかってない。(わたしだけですか)

東京なんて、美濃部知事時代(1967~1979)は社会・共産が与党だった。当時は大都市で革新首長が珍しくなかったのに。(京都だって大阪だって)

それにしても今の「左」系政党、特に社会党(社民)の凋落ぶりは悲惨すぎて目を覆いたくなるくらいだけど、共産党はもうちょっとがんばってもいいんじゃないか、いやがんばれると個人的には思ってます。「カツドウシャ」を父に持つ娘としては。

あの頃はどの政党もカラーがはっきりしていて、公明も今みたいに自民べったりじゃなかったし、民社なんて社会党の分派なのに全然そうは見えなくて、自民党の政治家でさえ、今から思えばそれなりに政治家としての矜持をもってふるまっていたように思える。ある意味昭和の妖怪のように強かに跳梁跋扈して。今の政治家みんな死にぞこないの亡霊みたいなのばっかりだもんなぁ。

もし父が生きていたら、いまのこの日本、震災後の政局の混乱ぶりについてどう思ったろう?何をしただろう?って聞いてみたいけど、遺影は何も答えず。

選挙といえば、消去法でしか選べなくなって、真っ先に共産候補が消えるみたいな状況では、民主主義は死んだって嘆いてるかもな~sad

« コンサートご案内動画 | トップページ | 「おしいれのぼうけん」が消えちゃった; »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41149986

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲのげ新聞劇評:

« コンサートご案内動画 | トップページ | 「おしいれのぼうけん」が消えちゃった; »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ