あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 夢が再び動き出す日 | トップページ | たそがれ時の物語 »

2011年8月 1日 (月)

おしいれのぼうけんPart.2

Gegege_zakoenji01

「ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~」座・高円寺1で開幕しました。

Gegege_panel

Gegege_zakoenji02

ちょっと魔境的な風景?(笑)↑

前日の通し稽古が3時間と聞いてビビっていましたが、上演時間は2時間40分。休憩なし。トイレがちょっと心配でしたが(笑)集中させれらたので、心配ご無用でした。

小さなキャパの劇場の割に地階のトイレの数が充実してて、その点もご心配なく。

内容については、今日初めて気付いたことも含め、自分なりに物語や登場人物の役割のようなもの理解したつもりですが、まだわからないところや納得できない謎も残っています。

でもそれはきっと誰かに解説してもらうべきことではなく、それぞれが感じればいいことなのかもしれません。答えはひとつでなくていい。

小劇場って、昔全盛期だった時代には、どうも苦手で。何がダメって、拒絶されてる感じがして。わかんなきゃいいんだよ、わかる人だけわかってよ、って言われてる感じの意味不明な舞台が多かったからね(爆)

でも時を経て、わたしも年取って経験値積んで、だいぶ間口広くなったから、こういうのも受け入れられるかな。ましてや(大好きな)中川晃教というキャストを得て、再生されるのであれば、きっと新しく生まれ変わった何かを見られるに違いない。

という期待を胸に初日舞台に挑みました。見るだけなのに挑むって、変?でもあっきー舞台見るときって、特に初日はなぜかいつもものすごい気張ってるannoy

以下、多少ネタばれあるかもしれないので、ご注意くださいね。

↑にも書いたように、自分なりの解釈ってあるけど、まだ初日だから少し保留。
まず全体的には…。
思ったより楽しかった。というのが感想です。
戯曲や映像で見たときより、生で見たら笑えるシーンが思いのほか多くて、深刻なテーマはあるんだけど、それほど苦しまずに済んだかな。

あまり分析してもしかたないので、印象的だったシーンとか。

まずは何と言ってもあっきー鬼太郎shine
全体的に楽しんで演じてそうなのがよかったです。
トレードマークのチャンチャンコと赤い鼻緒の下駄が似合っちゃって似合っちゃって(笑)
ちょっと聖児さん入ってたかなbleah
無理してドスきかせることないと思うんだけど。
歌もみんなと一緒に歌うシーンあり、ソロの曲も追加含めて3曲くらいあったかな?すごく効果的に歌われてました。
マキオとのカラミシーンの迫力には、ちょっと別な意味でもドキっとしたりしてheart02
あれはちょっとやばくないですか~(爆)

客席にもはみ出す小学校のシーンでは、無茶苦茶パワフルな子どもたちのエネルギーに、自分の子ども時代、ルドルフの子ども時代を思い出し。ああいう子、いたよね、クラスに必ず。優等生でそつなく先生のお気に入りな子、わがままで回りを振り回す女王様的女の子、いじめられてるとかばってはくれるけど、自分が危なくなると逃げる子。あの混沌としたエネルギーの塊に同化できなくてポツンと浮いてた自分が、あるいはルドルフがマキオになってその渦中にいるような錯覚。幻視?
まあ、それはごく私的な体験によるものだけれど、もしかしたら誰の心の中にもマキオはいるのかなと思ったり。

渡辺えりさんはさすがにどっしり(笑)構えてるしpig
(あ、こないだの朝日新聞記事、ネットにもアップされてます→こちら)
ジュリーのシーン、どうするのかと思ってたら、そのまんまでしたね。曲名わかんないけど、すっごい若い声。いつ頃のだろう。
馬渕英俚可さん、すごく不思議な謎めいた雰囲気のある方typhoon (わたし舞台は新感線の忍法帳以来ですよ)久々にブログ更新されてます。→こちら 奇跡のような舞台だって。
松村武さん、存在感がすごい。つぶやきにもベテランらしいこだわりを感じます。
広岡由里子さん、マキオの吉田裕貴さんに「あんまりうまくないね」とか言われてましたが(笑)あれだけの人(?)数演じ分けるのは大変ですよね。

演じ分けといえば、鬼太郎と目玉の親父。あっきーがんばってましたhappy01
目玉親父は漫画と逆の右目に住んでるのね。
そして山姥との決死の戦いで登場した、チョロQみたいな風船目玉が可愛かった~lovelyheart04
あっきー、その他にもマキオの幼なじみの時彦ちゃんとか、予備校の先生とか、何役もやってて、でも実はそれが同じ人…おっとそろそろヤバイかな。

夢に出てくる人って、実は全部自分なんだって聞いたことあります。
そんなお話でしたね。

っで、終わる~??coldsweats01

いやいや、でもそれがどこからどこまが誰で、自分は誰なのか、わからなくなるような、不安で、なぜか懐かしい感覚を呼びさますような、心の奥底を掻き立てられるような、なんとも奇妙な味のお芝居でした。

今の気分を正直に書いておくと、初演のときのカテコでみんな泣いてたとか、プログラムに寄せた劇評家の扇田昭彦さんの絶賛や、奇跡や名作という言葉に対しても、まだ実感はないです。ただ、終盤ちょっとぐっと胸にくるシーンもあり、号泣まであと一歩(笑)
これが千秋楽に向かってどう変化してくるか、自分の反応も含めて興味深いところです。

もうちょっと個別のシーンとか、一人一人の役者さんのこととか、それぞれ複数の役割があって、その関連性とか、書いてみたいけど、風結のことまとめきれないうちにゲゲゲ突入したり、アンパレまとめきれないうちに風結に突入したりしたのと同じように、この公演も始まったと思ったら、あっという間に終わってしまって、語ってる暇も気力もない可能性が大です。

と、あらかじめ逃げを打っておくわたしってずるい?bleah

Gegege_program

最後に物販。
パンフレット、1000円。復興支援のチャリティTシャツ、3000円。原作戯曲、ハードカバーと文庫本、その他渡辺えりさんの著作数冊。
初演?のDVD、あっきーのCD、DVDなどなど。
プログラム、あっきーの紹介は謝珠江さんが書いてくださってます。平吾のイメージはやっぱり直角だったんだ!とわかり、うれしくなってしまった。

Gegege_tshirt

Tシャツはチラシ画像と一緒。ちょっと大きめのにして、寝まきにしようかなと。

次回の観劇は、8月5日(金)です。それまでどんな風に進化してるかな~。楽しみ楽しみ♪

ごめん、最後まで書いて、一回も押し入れが出てこなかったことに今気がついた(爆)

« 夢が再び動き出す日 | トップページ | たそがれ時の物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41046506

この記事へのトラックバック一覧です: おしいれのぼうけんPart.2:

« 夢が再び動き出す日 | トップページ | たそがれ時の物語 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ