あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 夕べのラジオ、押尾コータローさんとのセッション | トップページ | 「ゲゲゲのげ」千秋楽 »

2011年8月23日 (火)

「ゲゲゲのげ」8/22(月)ソワレ

前楽ですよ。あっという間ですよ。
初日と同じ月曜日、同じように職場からダッシュで飛びだし、ぎりぎりに駆け込みました。
でも雨のせいもあるけど、初日にはまだ明るかった高円寺駅前が真っ暗。着実に季節は進んでいる。

全体的には流れがすごくよくなった、と思います。アンサンブルの動きが計算されたように整理されて動きがきれいに。
要所要所の演技にも熱が入り、濃くなったと感じる一方で、日替わりネタやアドリブも楽しいんだけど、少し戯曲から離れたり崩しすぎと感じるところも。
オリジナルの戯曲の持つ詩とか韻文のような美しさは、初期の方がていねいに演じられてたかなと思います。言葉のひとつひとつが他のシーンや人のつながりを示唆・暗示する(ヒントですね)ように巧妙に張り巡らされているので、大切にしてほしい。
初演のころはまだ生まれていないような、あっきーも含め若いキャストのみなさんが、この戦後昭和の臭い芬々たる戯曲世界を理解し、あこがれと敬意をもって演じておられることは、わたしにとっては驚異なのですが、これも渡辺えりさんのお芝居に対する情熱と才能のなせる技ですね。

そのえりさんが公式サイトの掲示板で書き込まれていましたが、残り3公演にしてプログラムを1000部売らないと元が取れないと言われたとかで、昨日からプログラムと自作戯曲本にサインして販売されてます。今から1000冊って~shock
ごめんなさい、わたしのようなリピーターが一冊しか買わないから、観客動員数の割りにプログラムはけてないのかな~。
その後VISIONでもお知らせがあり、えりさんだけでなく、キャストのサイン入りプログラムを販売するという話に。
わたしはぎりぎりだったので、全然間に合わなかったのですが、友だちが1冊確保してくれてました。(ありがと~!)主なキャストのサイン入りプログラムは、昨日は50部だったそうです。それが終了した後は、渡辺えりさんが自ら物販コーナーにいらっしゃってサイン会に。
時間があればわたしもサインいただきながら、一言感想でも伝えられたらよかったんですが、とにかくぎりぎりだったんで、お手洗いだけ済ませて客席へ。
あれ?またマキオ桟敷席のすぐそばだ。
この位置だといろいろ見えないんだけどcoldsweats01
でも最後の妖怪との闘いが目の前で大迫力impact
いつも思うんだけど、あんなに顔の真ん前であっきーに歌われて、マキオくん、じゃなかった吉田さんはどんな気持ち??怖いし、汗はダラダラ落ちてくるし(笑)

見えなくて残念だったもの。
河童ミュージカルの投げキッス(違)今日はわたしのツボの一本指だったみたいでしたが、ちょうど目の前に河童が…sweat02
でもあの場面、見てると鬼太郎がいろいろ仕切ってるんですね。はしごかけたりペンライト出したり、タイミング指示したり。

橋の上の腰掛シーンは前日と同じくぎゅうぎゅう詰めて(笑)

来々軒の出前は「しょうりゅう軒」と何回か言ってて、えりさんにまた「山田だろ」と突っ込まれた上にしつこくて「うるさい!」と言われてました(笑)
豚のおやつは完全に後ろ向きだったので見えなかったのですが、後で人から聞いたところによると、何か袋物のようでした。
豚妖怪が死んだあと、鬼太郎が両足を持ちあげて、マキオに一生懸命「死後硬直!」って説明してたのが最高に笑えました。妖怪も死後硬直するのか?ってか、死後硬直ってそんなにすぐに起きないし(爆)

いつもは一回目のカテコで三方挨拶、2回目のカテコであっきーチャンチャンコ着用、渡辺えりさんご挨拶、千太くん(若松力さん)の販促コーナーで終わりなんですが、今回は拍手が鳴りやまず3回目のカテコがあって、初めてあっきーからご挨拶がありました。挨拶っていうか、千秋楽の当日券がまだ数枚あるといういうこと、千秋楽だからってあきらめてる方がいると思うけど、保証はできないけど(笑)ぜひ見に来てください、みたいな感じのお話でした。
そうそう、千太くんの販促でプログラムの紹介をするのに、キャストの紹介文をひとつ選んで読んでみますって馬渕さんのを読もうとしたら、馬渕さんが「読まなくていいから!」って本気で焦ってたのが可笑しかったです。で、串田和美さんの紹介文を1行読んだところで「続きは買って読んでください」って、うまい!happy01
あと、これは前日に話したことですが、このプログラムやポスター、チラシの撮影のために朝の4時集合で神奈川の果ての果て(笑)の海岸まで行ったこととか。GWの頃にキャストの方のつぶやきで知りましたが、三浦海岸だったみたいですね。

今日はもう千秋楽か…。
結局わたしの魔境の旅シリーズ(なんじゃそりゃ)書けなかったな…。
終わってからでも時間と気力があれば少しずつ酸っぱいビワの実吐き出したいけど、いつだってひとつ終わるともう次に向かってまっしぐらの誰かさんのおかげで、こっちはゆっくり感傷や余韻に浸ってる暇ないんだもの。

最後の魔境の風景をしっかり頭をこらして目に焼き付けてきます。
鬼太郎と時彦ちゃんの歌声も。

« 夕べのラジオ、押尾コータローさんとのセッション | トップページ | 「ゲゲゲのげ」千秋楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41323854

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲのげ」8/22(月)ソワレ:

« 夕べのラジオ、押尾コータローさんとのセッション | トップページ | 「ゲゲゲのげ」千秋楽 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ