あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ILY公式サイトにあっきーコメント動画 | トップページ | ゲゲゲでビンゴ! »

2011年8月21日 (日)

19日(金)の観劇

ご報告が遅くなりました。

東京は午後から雨100%の予報。午前中から降り出して、それもすごいどしゃ降りrainthundertyphoon
ツイッターのタイムラインが、鬼太郎のセリフ(外は土砂降りだぜ。誰かが俺を呼んだからさ)で埋まったのが可笑しかったです(笑)

この日は友人と一緒に観ました。正面席ほぼセンター。通路わきではないので、落ち着いて楽しめました。
この友人は、同世代なのですが、わたしと違ってアングラ、小劇場系のお芝居が大好き。3○○の舞台もゲゲゲの初演も観ているというツワモノです。でも内容がまったく記憶にないということで、ちょっと心配していたのですが、見たら完ぺきに甦ったらしく。どうも状況劇場の舞台と勘違いしてたみたいです。確かに1982年初演ですが、舞台の中の風景はもうちょっと前、昭和30年代の雰囲気ですよね。
ものすごく気に入って、喜んでくれて、カテコでは思わず「よかったよ~!」なんてコールしてたから、こっちがびっくりcoldsweats02
あっきーが思いのほか鬼太郎のイメージにはまってたこと、現実と妄想の境目のなさ、夢の中の夢のような入れ子構造のドラマ、そして結局物語の主体は誰なのか、誰(何)が現実で誰(何)が妄想で、誰が誰の夢なのか…。このへんがツボだったみたいですね。
あと、思いがけずいくつか萌えシーンがあったのもbleah
「逆もまた真なり」
善悪も正義も裏表の存在であり、いじめの被害者もたやすく加害者になりうる。生きることと死ぬことは同じ。すべて混沌とした地球の見る刹那の夢ならば、なんて人は悲しくて儚くて愛しいものか。
わたしも初日見たときは、受け入れがたいと思ったこと、こういうのは回数見たからって理解が深まるってものでもないんじゃないか?と疑問を持ちつつ、激しく心をかき乱される部分もあり、どうしてもその正体を見極めたい、という執念?から通い続けたような気がします。

もちろんあっきーの歌声はすごかったです。特に最後の妖怪と闘う時の歌は、もうその表情といい声も動きも凄まじく、こんな風に表現できる人は他にいない、と体がふるえ、渡辺えりさんの鬼太郎を発見した慧眼に心服いたします。

でもそれだけではない。あっきーの歌声にとらわれると、この作品の一番大切なところを見失いそうになる。そう思ったから、最初は少し距離を置いて聞くようにしてたんですが。やっぱり3回目くらいからもうダメでしたねcoldsweats01 

でもその大切な何か、自分なりにみつけた、と思ったのは、前回ラストシーンが変わってからです。
それまでこの舞台から、様々な記憶を呼び覚まされ、その主に黒い思い出の奔流に流され溺れそうになって、苦しいばっかりだったのが、やっと救われました。
そのへん、少しずつ下書きしてたんですが、なかなか表に出せないまま。最後まで出すかどうか迷いそう。だって友だちもブランコについて子ども時代の忘れかけたちょっとつらい思い出を思い出したと言ってましたが、そういう個人個人の過去の記憶を刺激して引き出す力がこの作品にはあるわけで。それをいちいち書き出して人様に読ませるのもな~、なんて思ってしまって。もうちょっと考えます。

話変わって日替わりネタ。この日のおかもちネタは「ライラライ(軒)」でした。これはわたしは元ネタがわからなかったんですが、少し前のテレビCMで体操する二人組のネタらしいです。
豚のおやつは、白あんの最中みたいに見えましたが、あれも鯛焼きかな。
まあ、でもこの日一番受けたのは、ネズミ男を襲ったチャンチャンコを取り返して着ようとしたら裏返し(笑)ひっくり返して着ようとしたけど、まだちょっとねじれててて、なかなかうまく着られず本人も回りもクスクスhappy01

前回落ちてたフライ返しは、えりさんの耳なし豚衣裳の胸から落っこちたんですね。
あの胸にいろいろぶら下げてるのは、食い意地を表してるんでしょうかね(笑)
撃たれて倒れてる豚を運ぼうとした何人かの猟師さんが乳房を模したように見えるパーツを引っ張ったり、絞ったりしてました(爆)

わたしも救われて楽になったので、今日を含め残り3公演は気楽に、物語の流れとあっきーの歌声に身をまかせて楽しめそうです。

何かいろいろと書きそびれていること、せめて大切なことだけでも書きとめておきたいのだけど、最近とみに気力体力が失われててなかなか。でもがんばります。

あ、そうだ、サイン入りTシャツは一日に3~4枚、ポスターは5~6枚の販売みたいです。わたしはもう全然間に合わないので端っからあきらめてましたが、どうしてもゲットしたい方は1時間以上前から並ばないと無理っぽいですね。ご健闘をお祈りします。

« ILY公式サイトにあっきーコメント動画 | トップページ | ゲゲゲでビンゴ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/41298772

この記事へのトラックバック一覧です: 19日(金)の観劇:

« ILY公式サイトにあっきーコメント動画 | トップページ | ゲゲゲでビンゴ! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ