あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 明日のはなまるマーケットに渡辺えりさん | トップページ | 大震災復興企画への募金ご協力お願い2 »

2011年7月24日 (日)

おちぼひろい2

なかなか更新できない間にせめて情報だけでもと思ってつぶやいてましたが、このブログパーツって、どうやらケータイからは見えない?少なくともわたしのケータイからは見えないです。
ちゃんと届けたいところに情報届くように、もうちょっとケータイ対応考えないとな~sweat01
その点ココログはあんまりケータイ向きではないので、引越含めて検討はしてるんですけどね、う~んcoldsweats02

キャストのみなさんのつぶやきやブログによると今日は通し稽古。バンドも入ったらしい。
そして明日から劇場入りとか。いよいよ本番間近ですね~。
チケットも届いて、ドキドキワクワクしてきますheart02

ゲゲゲアンサンブルのみなさんのブログから
矢島みさきさんのブログ
お疲れ様ですsweat02

松下倖子さんのブログ
もうカウントダウン体制だ~。

衣裳合わせ
35人分のチェックと手直しって、大変そうsweat01

数千個の何?
やっぱり枇杷の実とか?

ボッシュの絵ってこんなのとか→こちら
(個人のサイトですが、どこにも管理人さんのプロフや公開制限などについて書かれてないので、勝手にリンク)

鬼太郎の歌声に…
うっとりしちゃって~(笑)

年代設定はそのままなんだ。
そして衣装は手作り。

堀畑杏奈さん
川口龍さん、ハケーン!(笑)

内河啓介さん
ガンバレ!若者!

淺井 孝行さん
そうだ。わがままで良い。自分の思いに正直に。

あらいまいさん
好きだから。
お金にならなくてもその気持ちだけでやっていけるのってすごいなぁ。
わたしは、そこんとこで挫折したからな…。

アンサンブルのみなさんのブログをチェックしていると、名もない役であってもお芝居に対する若い夢と情熱を感じて微笑ましく思うと同時に、10年前にはきっとあっきーも同じように音楽への夢と希望に満ちてデビューしたその日に、この舞台の幕が開くことにはご縁を感じてしまいます。あっきーにとっても原点に帰る、初心をいつまでも忘れない、そんな日になりますように。

最後にひとつ。これはブログじゃなくて参考サイト。
Performing Arts Network Japan
アーティストデータベース 渡辺えり

この中のゲゲゲ解説に、目から鱗がボロボロ
なるほど、そういうこことか?!
戯曲読んでも、DVD見ても理解できなかったこの作品の構造が初めて見えてきた感じ。

ゲゲゲのげ 逢魔が時揺れるブランコ
1982

死の床で意識不明状態の老婆。彼女の頭の中では、出産時に死んでしまった双子の弟マキオの物語が紡がれている。それは小学校でいじめの標的にされるマキオ と、彼のヒーロー・ゲゲゲの鬼太郎(きたろう)が住む魔境、そして東北のとある林の中で宝探しをする男と少年・千太(せんた)、3つの世界が交錯する不思 議な世界の物語だ。マキオと千太が出会うとき、老女の物語とマキオたちの世界は「死者の記憶」を媒介に混ざり合い、境界をなくし溶け合っていく。

初演年:1982年
幕/場数:1場
キャスト:18人(男9・女6・その他3 だが、全ての役を男女どちらら演じても構わない)
初演カンパニー名:劇団3〇〇
[外国語台本]英語『HALF A CENTURY OF JAPANESE THEATER Ⅲ 1980s Part1』(紀伊國屋書店)
問い合わせ先:オフィス3〇〇

先週、80年代の同時期に小劇場ブームを担った第三舞台が解散するというニュースがあって、時代の流れとはいえ、ちょっと感慨深いものが。

時代の流れといえば、エンタメ情報誌、ぴあが39年の歴史にピリオドを打ちました。お世話になった最後のお礼に最終号買いました。
ここに大好きだった及川さんの表紙イラストが→サンキューぴあ!

時代の流れ…。
地上波アナログ放送も本日終了しました。
諸行無常。ああ…catface

« 明日のはなまるマーケットに渡辺えりさん | トップページ | 大震災復興企画への募金ご協力お願い2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40946533

この記事へのトラックバック一覧です: おちぼひろい2:

« 明日のはなまるマーケットに渡辺えりさん | トップページ | 大震災復興企画への募金ご協力お願い2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ