あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ベスト盤で待ちうけ? | トップページ | 雑誌に風結記事 »

2011年7月 1日 (金)

結んだ風は

空のあのあたりを渡っているのでしょうか。

Brava00

中川晃教主演ミュージカル「風を結んで」大楽(大阪公演)終演後の大阪城の空です。

終わってしまいました。

ファンにとっては至福の舞台、6月4日に開幕して、6月とともに去っていってしまいました。

帰宅したら日付が変わっていました。

この大楽の舞台がどれだけ素晴らしかったか、どんな風に書き始めようか、言葉を探してもみつからずにこんな月並みなことしか書けませんが、とても良い舞台でした。

あっきー始めキャストのみなさん、バンドのみんさん、裏で支えてくださったスタッフのみなさん、お疲れ様でした。そしてほんとうにありがとうございました!

BRAVA!周辺。

Brava01

Brava03

Brava05

Brava06

あっきーは最後までぶれずに平吾というワンオブラストサムライを生き抜きました。歌声も今日が最高だったんじゃないかというような伸びと透明感と力強さで圧倒されました。

他のキャストのみなさんも歌にダンスに、刀を使った難しい振付にも素晴らしい安定感で最後まで挑み続けやり切りました。(誰か一回くらい刀落とすかと思ってたcoldsweats01)

最後のカーテンコールでは、東京千秋楽と同様、ひとりひとりが挨拶をしてくれて、それぞれおもしろかったのですが、特に印象に残っているのは、藤岡くんが万感胸に迫ったかに見せかけて(いや、実際に胸一杯だったのかもしれませんが)「んなわけねーだろ!」と一人オヤマカ節を舞台前方から後ろの階段セットまで使って歌い踊りまくって笑わせてくれたことと、大澄さんが「たったひとつ心残りは、右近として舞台で笑いたかった」と言って満面の笑みを浮かべたあと、隣の藤岡くんとオヤマカ節を一節踊ってみせたことですhappy01

藤岡くん、最後までムードメーカーでしたheart01 今回わたしの中では赤丸ポイント急上昇中です(笑)

そして最後にメインテーマ曲である「風を結んで」を客席も含めみんなで歌いたいというあっきーの言葉に、挨拶の間着席していた観客も再びオールスタンディングで大合唱note これは感動的でした。あっきーは一幕最後のリプライズと同じコーラスしてくれて、わたしもいつかあっきーと一緒に歌いたいという念願が叶いましたhappy02

ちなみに今回歌唱指導はなしです(爆)

おぼえやすい歌ですし、一緒に唄えばなんとかなっちゃうもんです。大楽にふさわしい盛り上がりで締めることができました。

 

今は何だかもう寂しくてしかたありませんが、カテコで菊地さんが「この舞台はきっと再演がある」という言葉に望みをつなぎ、また会える日まで待つことにしましょう。

あっきーが一番好きだというラストシーンの「風を結んで」リプライズ。

はばたくその夢を
風の向こうへ置き去りにしてはいけない
夢を夢のままで忘れてはいけない
風を結んで約束しよう
心に自由の翼を持つと
風を結んで明日に向かおう
心目覚めさせ 自由に あの大空へ

再会への約束の言葉として書きとめておきます。

大阪城上空はもう夏の雲です。

Oosakajo01

Oosakajo02

ゲゲゲ出演者のつぶやきによると、稽古は7/1、今日から!あっきー、休みなしで大変!しかも二日後にはチャリティコンサート。
ほんと、郡兵衛さんじゃないけど、「♪体を厭えよ~」(いとうってこういう字だったんですねぇ)って感じで、水分とスタミナ補給を十分にね。

まだもう少し書いておきたいことがあるので、続きは今夜。(たぶん)

« ベスト盤で待ちうけ? | トップページ | 雑誌に風結記事 »

コメント

あたたかく心にしみるレポ、ありがとうございます。
その場にいて、みんなと一緒に歌いたかった~。
この時期、この素晴らしい舞台を大千秋楽まで無事に上演できたことを、喜びたいと思います。
「風を結んで」に関わったすべての皆さん(観客を含め)、お疲れさまでした!

あっきーにとって3年半ぶりのミュージカル、あらためていろんなことを確認できました。
中川晃教というひとは、やはりミュージカルの舞台に立つべき存在だということ。
いわゆるミュージカル俳優とは違う輝きを放っているということ。
彼個人としても、日本のミュージカルにとっても、新しい可能性が期待できるということ。

大きな悲劇を背負ってしまった2011年の日本。
でも、夜空の星を見上げ、夢のかけらに手を伸ばせば、明日の朝の光を信じることができそうです。

あっきー、頑張れ!

>ミミさん
こちらこそ、温かいコメントありがとうございますhappy01
ほんとうに、いま日本がこんな危機的状態(ある意味大げさにいえば国家存亡の時)にあって、夢を売る商売というのが成り立つことに感謝です。
そして夢を見させてもらえるチャンス(幸せの種)が与えられている自分の環境(家族や仕事含め)に感謝heart01
何より夢を売る人(中川晃教)に出会わせてくれたすべてのものに感謝したい気持ちでいっぱいです。これ、本文に書くべきですね(笑)
あっきーはやっぱりミュージカルの舞台の真ん中に立つべき人。
それをあらためて確信した舞台でした。
これからの活躍がますます楽しみになってきました~happy02heart04

風を結ぼうと手を伸ばしているかのような綺麗な大阪の空good

数少ない観劇数でしたが
hildaさんがおっしゃっているように
観た回、どれも安定した平吾を
誠実に演じきってくれたあっきーだと思いました。

ミミさんと同じく
あっきーは他のミュージカル俳優の方々とは違う輝きを持っている。
自分はこのちょっと違う輝きが好きなんだ(笑)・・・と思います。
あっきー独自の感性で演じ、歌唱する舞台・・・
他では見られない、たったひとつのものなのですね。
これが好きだ と言う方がもっともっと増えるといいな~と思います(笑)

幕間、終演後に9/9にBRAVAで行われるコンサート「Yellow」のチケット販売が
劇場ロビーで行われていました。
舞台をご覧になり中川晃教の歌に感動された方々多かったのでしょう。
たくさんの方がチケットを購入してくださってました。
みなさんの期待・・・それってやはりミュージカルの楽曲を聞きたい!ということではないでしょうかね~(笑)って思ったり

既に次の活動に入っているあっきー。
不思議に今回は私自身も次に向けて切り替え中?(ウソです)
あっきーも充分誠心誠意やりつくし
心おきなく次の仕事へ向かった気がします。

続きは今夜…なんて言ってて、全然書けてませんがcoldsweats02
しかもコメントレスがすっかり遅くなってしまって、ごめんなさーいsweat01
>じゅんぺいさん
わかっていただけましたか?あの日の雲が風を結ぶリボンみたいに見えたんですよね。もうちょっと空の広がりが感じられる写真撮りたいんですが、非力な安物なのでこの程度しか。
久しぶりのミュージカル、歌があるだけのお芝居とは全然違う。あっきーの歌声が物語を紡ぎ出す、あっきーの歌声が夢物語の世界を彩る、ミュージカルで歌うとはこういうことか!と思わせてくれた舞台でした。
その安定感や誠実さにおいても凡庸に陥ることなく、中川晃教の独特で強烈な歌力を鮮やかに見せつけてくれましたね。
これも本文に書くべきだったかな(笑)

コンサートチケにたくさんのお客様が並んでてうれしかったですね。
わたし自身がそうだったのですが、最初は舞台のあっきーとシンガー&ソングライターである中川晃教のギャップに戸惑うこともあるかもしれませんが(爆)、ライブでの純粋な歌声の魅力にも出会っていただきたいです。

でもその前にゲゲゲですね~。80年代の、というか昭和後期の色濃い小劇場系の舞台と言う、これまた初めての演劇分野へのチャレンジ、今度はどんな新しい顔見せてくれるか楽しみですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40623293

この記事へのトラックバック一覧です: 結んだ風は:

« ベスト盤で待ちうけ? | トップページ | 雑誌に風結記事 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ