あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« いろいろリマインダー | トップページ | シティライフ阪神版8月号 »

2011年7月28日 (木)

本日の朝日新聞夕刊にゲゲゲ記事

今日、7/28木曜日の朝日新聞夕刊の演劇欄に「ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ」について渡辺さんの取材記事が掲載されています。渡辺えりさんの稽古場写真付き。

初演1982年(あっきーが生まれた年ですね)、再演1985年から26年を経て、上演を決めたのは3年前とか。「死神の精度」であっきーを「発見」したのはその1年後ってことですね。風結のときの読売カルチャー講座のときの話によると、あっきーを見て、鬼太郎にぴったりの「新人」がいた、って思ったそうですから(笑)その後話をしてみたら、ミュージカルの人とわかって、それなら歌ってもらいましょうとhappy01 新聞記事によると、楽曲を増やし、ミュージカルシーンも10分あるそうです。

東日本大震災以来、あらゆることの意味が変わってしまったと思いますが、この作品についてもそのメッセージ性と時代の符合を強く感じるようになったそうです。
「人の命は一瞬。それでも夢見て生きていくという根源的なテーマを書いた。生き方を問う芝居です」

う~ん、そうなんですか。それちょっとわたしが原作やDVD映像見て感じたことと違うんですがsweat02夢見ることには違いないけど。夢をみていて、目が覚めてみたらまた別の夢の中だった、みたいな入れ子式の感覚。
でもリアル(現実)とファンタジー(幻想)の境目が混沌として溶けあう時間(逢魔が時=たそがれ時)の物語だから、読みとる物語も感じることも観る人それぞれの解釈でいいのかも。
音楽を増やしたのは、「言葉で説明するより感覚で感じてほしいから」らしいし。

それにしても何人かのキャストのみなさんのブログやツイートをチェックしてると、みなさんかなり苦労されてるみたいですsweat01
アンサンブルのみなさんは、歌って踊ってタップやアクロバットまでこなし、体力的にもかなり大変そうですし、メインの客演のみなさんは、いろいろお悩みのようですし。我らがヒーロー、鬼太郎くんも役作り、悩んでるのかな~?最近おわくり更新ありませんね~coldsweats01

もうあと開幕まで4日。劇場でのリハも始まってるのに、どうやらまだまだ完成してない雰囲気なんですけど~。だだだ大丈夫なんでしょうか。ちょっと心配。

あ、そうだ、今日の記事で判明したことflair

この舞台の主役と言っていいと思うんだけど、マキオを誰がやるのか?ずっと謎でしたが、吉田裕貴さん(オフィス300)だそうです。チラシやウェブサイトに掲載のキャストでは、写真の大きな方々がメインキャストだとばかり。単に客演の方々だったんですね。

他にすでにわかっている配役は、
鬼太郎、目玉の親父、ほか 中川晃教
一葉、眠る老婆、ほか 馬渕英俚可
源二 松村武さんか友寄有司さんか?
名前忘れたけど源二の甥 若松力
マキオの母 渡辺えり
砂かけ婆あ、給食のおばさん、マキオの幻のお母さん 広岡由里子

こんな感じかな~catface

なんだかんだで、実はものすごーく期待してるんだけどね。

【追記】

朝日コムの記事にも出ました。→こちら

« いろいろリマインダー | トップページ | シティライフ阪神版8月号 »

コメント

今更だけど気がついたこと。
えりさん、「死神」であっきーを見たときには、当然
歌声はまだ聴いてないわけですよね。
えりさんの直感がすごかったのか、
それとも見えない何かに導かれたのか、
これはやはり、ただの出会いではない気がします。

今はまだ混とんとして、先が見えないようだけど、
パズルのピースがおさまりどころをみつけたら、
これはすごい舞台になるはず。
初日を観るのが楽しみ。
そして、楽までの過程がまた、すっごく楽しみです。

>ミミさん
そうですよね。目玉の親父は実演してみせたみたいだけど(笑)
あっきーの歌声の力はいつどこで認識されたんでしょうね。
そういえばライブにもお見えになってたようですが。
確かにまだ現場は混沌(混乱?)状態みたいですが、うまくいけばきっとすごい舞台になるに違いないという予感がわたしもします。
小劇場って、外した時がつらくて敬遠しがちですが、はまるとめちゃくちゃはまることもあるから、侮れない。
どんな舞台も初日~楽と変化していくものですが、この舞台は特に見逃せませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40996638

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の朝日新聞夕刊にゲゲゲ記事:

« いろいろリマインダー | トップページ | シティライフ阪神版8月号 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ