あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« スターファイルを解約 | トップページ | 踊るの? »

2011年7月 5日 (火)

チャリティコンサートに込めた願い

コンサートのまともなレポがなかなか書けないでいますがsweat01
(ちゃんと歌も聞いてたんですよ~)
ソウルメイツ・ハーモニーのメンバーの方から、こんな記事を教えていただきました。

ソーシャルアクティビスト・ニュースより
ソウルメイツ・ハーモニーチャリティー・コンサート

今回のチャリティコンサートにかけたあっきーの願いがよくわかります。

以下ちょっと長めですが引用します。

「Again and Again」という曲は、中川さんと一緒に歌います。
「震災のあと、みんな不安があるけれど、安全なところにいていいのか。いつ、光に向かって立ち上がっていくのかという気持ちをこの歌にこめました。だから、みなさんの実感を伝えたい。それがこのチャリティーコンサートの意味のような気がします。周りの人の声を聞いて、声を合わせて歌ってください。僕は、命がけで歌っていますが、お客さんが歌を聞いて何を感じ取ってくれるのか。何を伝えることができるのか想像します。僕の声を聞いてくれて、被災地ですべてを失った人たちが『明日への希望がわいてくる』といってくれる。今こそ、歌の力が感じられます」というメッセージをクワイヤーに投げかけてくれました。
また、中川さんは「かっこよく歌うとか、音程をきちんととると言うのではなく、一人ひとりの思いをこめて一体となって伝えたい」と、「生きていれば、またつながりあう、また見え始める、また笑いあえる、また生きていこう 生きていれば きっとまた聞こえ出す声がある・・」という歌詞に、自分の魂をこめるように指導されました。

アンパレのスケッチ12「Again and Again」で歌われる歌。きっとこの曲だ、と思っていたゴスペル曲「Hero」。日本語バージョンだと東宝サイドや訳詞の小林さんの了解もいるだろうから、てっきり英語版で歌うのかな~、と思っていたら、なんとアンパレのときと同じ訳詞によるコーラスでした。力強く、やさしく、未来への希望を歌いあげるあっきーとソウルメイツのみなさん。とーってもすてきでしたよ。
↑であっきーも言ってるように、うまいへたではなく、伝えたいと思う心が大事なんですね。

うん、大丈夫。届いた届いたconfident
ちゃんと受け止めたからね、わたしは。
後はこのキャッチボールの球をまた次へ手渡していくこと。できるかな?

« スターファイルを解約 | トップページ | 踊るの? »

コメント

Hilda様

中川さんへの深い愛を感じるすばらしい日記。
拝読させていただき、ありがとうございます。

先日のソウルメイツハーモニーのチャリティーコンサートでの「Hero」の訳詞の件ですが、あれは訳詞ではなく、中川さんが作詞されたような気がするのですが・・・。
いかがなものでしょうか?
クリック フランクリンの原曲を聴いて想像しただけなのですが。

Hilda様

カーク フランクリンの間違いでした。
申し訳けありません。

>Mokoさん
初めまして!いらっしゃいませhappy01
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみませんsweat01
「Hero」の訳詞ですが、「Underground Parade」ではすべて演出の小林香さんがなさったと認識しています。
今回のチャリティコンサートで歌われたのも同じ歌詞だったと思うのですが、違ってましたでしょうか?
もっとも訳詞と言っても原曲の歌詞とは全然違うので、正確に言うなら日本語歌詞?でしょうか。少なくともあっきーが作詞したのではないと思いますcoldsweats01
アンパレ曲では、震災を受けて追加されたり変更されたりした歌があったとどこかで読みましたが、この歌は一番震災の被災者のみなさんの心に寄りそうように作られたように思いますね。
あっきーの思いとソウルメイツのみなさんの思いがみごとにシンクロして、素晴らしいハーモニーを奏でていました。
またどこかでこの歌が聞けるといいなと思います。
できれば被災地のみなさんに直接届くような形で。

Hilda様

訳詞の件、そうなんですか・・・。
お返事ありがとうございました。
私も歌詞は同じだったように思います・・・。

中川さんの痛みに挑戦するような力強い声。
ソウルメイツの皆さんの声も得て、
爆風に打たれているように衝撃的でした。


>Mokoさん
> 中川さんの痛みに挑戦するような力強い声。
> ソウルメイツの皆さんの声も得て、
> 爆風に打たれているように衝撃的でした。
わ~、すてきな表現ありがとうございます。
あっきーの歌声がもつ力強さと繊細さがこの曲にぴったりでしたよね。
わたしも原曲聞きましたが、これに「また~できる」という言葉を畳みかけるようにぶつけるような歌詞をつけた小林さんの言葉の感覚が素晴らしいと思います。
また聞きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40680031

この記事へのトラックバック一覧です: チャリティコンサートに込めた願い:

« スターファイルを解約 | トップページ | 踊るの? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ