あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 青年は劇場をめざす。かな?みんな来て! | トップページ | 【追記してます】朝日新聞夕刊、文化欄 »

2011年6月 1日 (水)

朝日のインタビュー

6/2にアップと予告されていたasahi.comのインタビュー記事が、もうアップされてました~。
→無料のインタビュー記事
→有料のインタビュー(全文)

→写真つきサイン色紙プレゼント
※スターファイル(有料ページ)への登録とログインが必要です

コメント動画もあります。これもハイビジョンで大きく表示してもクリアに見えてうれしいlovely
黒でまとめたファッション、ちょっと大人っぽくてすてきです。

まだ記事ちゃんと読んでないので、これから登録して読んできます!

【追記】
読みました。
これまで読んだインタビューと少し雰囲気が違うような。
震災後の心の動き。ほんとうに大切なものは何か。
命さえあれば、生きてさえいれば、何でもできるという思い。
久しぶりのミュージカルに寄せる期待、作品に対してだけじゃない、自分に対しても。

言葉のひとつひとつに、また一歩大人の階段昇っちゃったな、という感じ。←ちゃった、って何coldsweats01

インタビュアーの引き出し方にもよるのだろうし、有料のある程度クローズドな場所ということで、一般公開の受け答えよりもいくらかリラックスしてしゃべれたのかな。仙台での子ども時代の話などが興味深かったです。やっぱり聞き手によって切り込む角度が違うから、また新たな側面が見えた気がしてちょっとうれしいconfident

写真は6枚。それぞれいい表情してます。1枚はお稽古場ですね。

1カ月の購読料、315円。損はありません。

後でマテや河村さんの記事も読んでこようっと♪

« 青年は劇場をめざす。かな?みんな来て! | トップページ | 【追記してます】朝日新聞夕刊、文化欄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40227596

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日のインタビュー:

« 青年は劇場をめざす。かな?みんな来て! | トップページ | 【追記してます】朝日新聞夕刊、文化欄 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ