あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« そうだ、福島へ行こう | トップページ | 風結レビュー on 演劇キック »

2011年6月12日 (日)

♪紅顔可憐な美少年が死をもて守る…

っていう霧島昇さんの歌を憶えてらっしゃる方はここの読者の方ではどのくらいいらっしゃるでしょうかね?coldsweats01 その歌碑↓わたし実は歌えるんですけど(爆)<トシいくつやねん?

Byakkotai04

というわけで、ただいまです。福島の温泉に一泊、古い友人たちと楽しい時間を過ごしたあと、車に便乗させてもらった友人にわがまま言って、会津若松に立ち寄り白虎隊ゆかりの地をミニ観光してきました。(みんなつきあってくれてありがと~happy01

Byakkotai02

 

Byakkotai03

飯盛山、自刃した白虎隊19名の墓↑
←「自刃」、「享年十六歳」の文字が見えるでしょうか。

十六ってこの時代だから、たぶん数え年ですよね。

ってことは実際は満14歳から15歳…。

まだ子どもと言っていい年齢の少年たちが自ら命を絶つ。想像しただけで胸が痛みますheart03weep

Byakkotai01

こちらは実際に自刃した場所…。ここからながめた市中の火災を鶴ヶ城陥落と見誤ってもはやこれまでと覚悟を決めた、と言われていますが、実はそうではなく、燃えているのが城ではないと知りつつ負け戦を覚悟して敵の前に生き恥をさらすよりは、と自害して果てたという説もあるようです。(唯一の生き残りによる記録から)

なんかたった一人の生き残り、なんて聞くとどうしても「SHIROH」の寿庵さんを思い浮かべてしまいますが。史実でも山田右衛門作という南蛮絵師(あの陣中旗を描いた人)が原城の生き残りとして城の様子を後世に伝えたと言われていますよね。って、「SHIROH」の話じゃなくてcoldsweats01

↓これがこの場所からながめた会津市中。鶴ヶ城(会津城)の位置に印をつけてみました。

Tsurugajo02_marked

Tsurugajo01_2

←わかりにくいけど、拡大してみるとこんな感じです。お城、意外と低いところに建ってるんですね。

この白虎隊士の像のところからだと、手前の紅白のポールがかぶって見づらかったんですが、他の観光客の方?少し上の○○家のお墓のところからだとよく見えるよと教えていただいて、このスポットをみつけました。ありがとうございます~。

Tsurugajo03

そう、ここ白虎隊だけじゃなくて、一般の墓所みたいでした。

この場所から最後に見たふるさとの風景は、少年たちの目にどんな風に映ったのか。

武士の時代が終わることや、自分たちの価値観が古いものとして捨てられ忘れ去られてしまう運命にあるなんて、きっと夢にも思わずサムライスピリットを信じて死んでいったのかと思うとひどく切ないcrying うん、でもむしろ幸せ?いやいや、それでも生きてさえいれば…と平吾くんみたいに思えなかった隊士が多かったってことなのかな。

時間の都合で鶴ヶ城へは行けなかったんですが、ただいまシアタークリエで上演中のミュージカル「風を結んで」の物語の重要な要素となっている白虎隊にゆかりの地を訪れることができて、明日からの観劇にもいっそう理解が深まる…かな?(笑)

明日は1週間以上の間をあけての観劇になるので、前回からどんな風に進化したかチェックするの楽しみです。観劇講座でもどんな話が出るか。

この旅ではこの飯盛山だけでも他にいろいろおもしろいものがあったんですが、またのちほど~。

« そうだ、福島へ行こう | トップページ | 風結レビュー on 演劇キック »

コメント

紅顔可憐の少年が・・・
ですよ念のため・・・
バタやんも唄ってました。

歌詞は2種類あるようですね。失礼致しました。

すっかりお返事が遅くなってしまってごめんなさい!coldsweats02

>Jelly b.さん
こんにちは!いらっしゃいませhappy01
こんな辺鄙な(笑)ところへようこそ。
そうですね~。なぜかわたしの記憶では「美少年」だったので、そのまま書いてしまいました。後で調べたら「紅顔可憐の少年」の方が一般的に知られてたみたいですね。しかもわたしの歌は1番から3番までごちゃまぜだったことが判明(爆)人間の記憶なんていい加減なんものです。(わたしだけ?)
何を求めていらしたか存じませんが、ここで目的の情報なりともみつかってたらうれしいです。
おいしそうなブログですね~delicious
またご縁がございましたら、お気軽にお立ち寄りください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40375011

この記事へのトラックバック一覧です: ♪紅顔可憐な美少年が死をもて守る…:

« そうだ、福島へ行こう | トップページ | 風結レビュー on 演劇キック »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ