あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 雑誌掲載 | トップページ | 「風を結んで」パネル展 »

2011年5月25日 (水)

リレー更新

今日もいろいろ更新やニュースが。

まずは、中川晃教公式FCメンバーズサイト。monthly snap と PHOTO POTが更新されました。ここはFC会員しかアクセスできないサイトなので、ご存じない方のためにちょこっと説明しますと、monthly snapは月替わりで1枚配信されるあっきーのスナップショット。PHOTO POTはあっきー自身が撮影した写真をこれまた毎月更新。あっきーが見た風景、あっきーがいた場所、写真には撮った人のまなざしが感じられるものです。何を被写体として選択するかも含め、あっきーの興味や視点が見えておもしろい。
公式サイトに入口ありますdoor 入会のご案内も。

今月の写真、いろいろおもしろいね。どこにあるんだろ、こんなオブジェ。

あれ?monthly snapのサムネイルは先月のままですけど~??sweat01

おわくり朝ごはんダナエのピクルスとマーマレード、あっきーも取り寄せたのね。真っ赤なグレープフルーツ!シャンパンビネガーっていうのも珍しい。健康的なお食事、大変けっこうです(笑) ダナエでは苺のコンポートも通販始めたみたいですね。→ぐるなびサイトからどうぞ。→メニュー→お届けします

おわくりでもこれからバンドとの音合わせ、と書かれてますが、続いてVISIONでmon吉さんが稽古場から。公開稽古以来久しぶりにVISIONに稽古場のあっきー画像がアップされました。さらに歌とセリフのテンション合わせる作業?そこがあっきーのミュージカルアクターとしての最大の魅力だと思うんだけど、歌とセリフのつなぎのスムーズさと言ったら、完全シームレス。自然に備わった才能と直感だと思ってたけど、やっぱり回りとのバランスとかもあるし、しっかり調整しないとね。(と、エラそうに言ってみる)

もひとつ、自分でつぶやいたお知らせがあるけど、別記事に。

« 雑誌掲載 | トップページ | 「風を結んで」パネル展 »

コメント

> 歌とセリフのつなぎのスムーズさ
ゲキ×シネ「SHIROH」を見たときに、びっくりしたのがそれでした。
セリフの声から歌声に、中にこめた感情をそのままに歌に入り、また自然にセリフに戻っていくあの見事さ。
歌がうまければできるというものではない、天性の才能だと思います。
直前のセリフで絶叫していても、声を崩すことなく、テンションを保ったままパーフェクトに歌えるんだから、スゴイです。
歌で物語を紡ぐミュージカルの醍醐味ともいえるのではないでしょうか。
3年半ぶりのミュージカルで、またそれが観られるかと思うと、ワクワクしますね。

>ミミさん
わたしも初めてゲキ×シネ「SHIROH」であっきーを知ったときに、こんな風に歌える人が日本にもいたんだ?!と本当に驚きました。演技そのものの質は置いといてbleahセリフと歌がこんなにも一体となった芝居ができる人ってなかなかいませんよね。っていうか日本人では初めて見ました。できてる俳優さんにしてもそこまで行くにはおそらくは血のにじむような努力をして得られたスキルだと思います。
あっきーは本当にこともなげに自然に歌いだしますよね。戻るときも。
いや、もしかしたらあっきーだって一生懸命お稽古してできるようになったのかもしれないけど、やはり努力だけでは得られない天性のものを感じます。
まさにミュージカルの申し子のような。
この舞台でまた存分にその才能を輝かせてほしいですねshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/40133135

この記事へのトラックバック一覧です: リレー更新:

« 雑誌掲載 | トップページ | 「風を結んで」パネル展 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ