あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「X day」DVD発売のお知らせ | トップページ | 心はいつか必ず癒されるから »

2011年4月29日 (金)

アンパレ原曲集

コメントでもお知らせいただきましたが、彩吹真央さんのファンであるしおねさんのブログ「Come Rain Or Come Shine」で不明だった原曲(歌もののみ)すべて教えていただきました。→こちら

素晴らしい!!happy02shine

しおねさん、ありがとうございます!ここで言っても届かないと思いますが、情報お寄せくださったみなさんもありがとうございます!この場を借りてお礼申し上げます。

サイドバー(→)のアンパレ公演情報にもまとめましたが、ケータイからだと見えない方もいらっしゃるようなので、こちらにもアップします。曲が思い出せるようにYouTubeの動画movieも貼り付けておきますねwink

スケッチ1
New York 冬 2011.3
地下鉄ミュージシャン

オープニング&PV曲。カッコイイですよね♪
 「Let Me」
Santana

藤岡くん@ジューンのテーマ曲、他の場面でも繰り返し歌われます。
  「Say It To Me Now」 Glen Hansard
 映画「once ダブリンの街角で」(原題「Once」)から

テディベアのホームレスに。コーラスが美しい。
 「Afterwhile」 Kirk Franklin

※あっきー@D.D.の歌は完成曲としてスケッチ14に。

スケッチ2
MOTHER

ジューンが通りかかった母子?のために。
 「Part-Time Lover」
Stevie Wonder
 「Summertime」 ガーシュインのオペラ『ポーギーとベス』から。

港さんのダンスが怖かったsweat02チャッキーみたいな赤ちゃん(人形)も。

スケッチ3
Why am I here?

D.D.とニコの孤独な心のふれあい。
 「Leave」Glen Hansard
 映画「once ダブリンの街角で」(原題「Once」)から

スケッチ4
蜃気楼

(ダンス曲:曲名不明)

大貫さんと佐藤さんの格闘舞踊が美しく、特に大貫さんの重力を感じさせないような動きに観客の目はくぎ付けでした。

 「Solidao」 (孤独)Amalia Rodrigues
 Cancao Do Mar」「Harem」も同曲→関連記事もどうぞ
 Dulce Pontesの歌でダンスバージョンもみつけました。歌の世界も表現しててすてき。

スケッチ5
売れない服

 「Lollipop」 MIKA(ミーカ)
 フレディマーキュリーの再来と騒がれたミーカのヒット曲、わたしもCD持ってますが、楽しい歌ですよね。フレディの再来かどうかは、う~んcoldsweats01って感じでしたが。

スケッチ6
ジューンの悪夢

「Window licker」(Aphex Twin)
PVは→こちらですがちょっと不気味で刺激的すぎるかもです。

スケッチ7
盲目の女

DDが歌い出すと見えないはずの女の眼にも満天の星空が!night
 「The Second star to the right」

 ディズニー映画「ピーターパン」から

スケッチ8
メトロ・バーレスク

冒頭のYOSHIEさんの地下鉄の手すりを使ったダンスがカッコよかった~!誘われてあっきーDDもまねっこ、なかなかがんばってましたよね(笑)

彩吹さんたちのダンスはサーカスの猛獣使いのイメージか?
 「Express」
Christina Aguilera
 映画「バーレスク」から

スケッチ9
Soul of New York

(インスト曲:曲名不明)

スケッチ10
わたしを泣かせてください

未亡人とニコのシンクロする魂のダンスが美しかった。 
 「わたしを泣かせてください」
(Lascia ch'io pianga)

 ヘンデルのオペラ「リナルド」から
 CMなどでもよく耳にする音楽。↑ヘイリーの歌声しみますね。

スケッチ11
車内ライブ

3月だというのに雪による故障で動かないNYの地下鉄、停電の闇の中でロウソクに灯りをともしてみんなで歌えばこわくない(笑)
 「Sing! Sing! Sing!」

 言わずと知れたビッグバンドジャズのスタンダードナンバー
 「Let it Snow」

 クリスマスソングとしてよく聞きますよね。この動画は「バンビ」の映像。歌っているのはディーン・マーチン。懐かし~。

スケッチ12
Again and again

知り合いのホームレスが地下鉄に身を投げた。でもまだ生きている。生きてさえいれば、いつかまた…。
 「Hero」
Kirk Franklin

スケッチ13
Not Gabage

そのテディベアはゴミじゃない!ゴミに見えても誰かにとって大切なものだってあるの!
 「Superstar」
Sweetbox
 ※原曲はチャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」

スケッチ14

光の射さない地下鉄にも春の陽光が。重いコートを脱ごう。地下鉄天使、佐藤さんのダンスがすてきでした。

DDがニコに捧げる究極のラブソング。
 「Falling Slowly」

 映画「once ダブリンの街角で」(原題「Once」)から

スケッチ15
Underground Parade

圧巻のダンスシーン!
 「ボレロ」
ラヴェル

フィナーレにふさわしい力強いコーラス。
 「Come on in from the outside」

 ボーイ・ジョージ主演のミュージカル「Taboo」から

いや、もう壮観ですね~。各場面について、もうちょっと書いておきたいこともあるので、余裕があれば個別の記事で。

【追記】5/5
スケッチ6「ジューンの悪夢」の曲を追加しました。

« 「X day」DVD発売のお知らせ | トップページ | 心はいつか必ず癒されるから »

コメント

hildaさん~本当に~脱帽~感謝!
アンパレ♪本当に奥深く~音楽だけでも。。。
舞台が終わった後にも。。。
心に問いかけてくるものありですね。。。
まとめてくださり。。。
ありがとうございます~m(_)m

この時期に~このアンパレの舞台が上演された事は。。。
偶然で必然で。。。
無事に幕が上がり降りた事の。。。
当たり前の事だけど当たり前ではない事。。。
すべてに於いて。。。考えさせられた作品でした~♪


はじめまして。
アンパレの曲探ししてたどり着きましたhappy01
すごい!ありがとうございます!
他の記事も拝見して、千秋楽のカテコ4回もあったんだーと寂しくなってしまいました。
帰りの新幹線の都合で出演者の挨拶のみで出てきてしまったものですからsad
アンパレ、この基礎知識を踏まえてもう一回観たいです!

hildaさん、こんばんは!
楽曲情報のまとめ、ありがとうございました!
どの曲にもそれぞれ元があったのですね。
もともと洋楽に疎いので、情報をいただけて感謝感謝ですv
拙ブログでも参照させていただきました。
ありがとうござます。
アンパレ、書きたいこと、残しておきたいことがたくさんありますよね!
hildaさんの細かな感想も、読ませていただけると嬉しいですv

1日のライブにも行かれるのですね。
実は私、いまだアッキーのライブには行ったことがないのです・・・
一人で行くのはちょっと勇気がいってしまって。
でも、この舞台を観て、ライブも行きたいなあ、と思いました。
9月のライブには参戦できるといいな。

ごめんなさーい。遠征その他ですっかり遅くなってしまいました。

>MORIさん
音楽どれも素晴らしいチョイスですよね。
本当に絶妙のタイミングというか、歌稽古初日に地震が起きて…その後の流れは世の中も稽古場も、舞台当日まで何かの運命に導かれるようにして、あの舞台がわたしたちの目の前に現れたことはまるで奇跡のようですね。
それはそうと今頃ですが、千秋楽ではご一緒できてうれしかったですよ~。
やっぱり強く願えば叶う!happy02

>もっちさん
初めまして!いらしてくださってうれしいです。
楽曲情報お役に立てれば幸いです。
やっぱり知りたくなりますよね。オリジナルがあるのなら。
それにしても、かなりスノッブなポップスからクラシック、オペラ、ロック、ゴスペル、民族音楽、映画音楽、ブルース、ジャズと幅広い選択肢からこれらの楽曲を選び出した小林さんの博識と慧眼(っていうのかな)とセンスには本当に感服です。

>恭穂さん
恭穂さんでこちらをご紹介いただいてありがとうございますが、過分なお言葉までいただいて、かなり恐縮してますcoldsweats01
恭穂さんのアンパレレポもとっても詳細で充実してて、忘れてたことや気がつかなかった場面を思い出しました。それに比べてわたしはあっきーのこと全然見てなかったな~と反省しきり(笑)
書きたいことはたくさんあるんですが、すべてを書き留めるのは絶対途中で息切れしそうなので、せめて強く印象に残ったシーンやスケッチについてだけでもまとめとこうと思ってるうちにライブ突入しちゃって、なかなかsweat01でもまた戻ってきますよ~。
え、あっきーのライブ未体験ですか??
それはもったいない。昨日のライブもぜひぜひお聞きいただきたかったです~。
次の機会には迷わずチケット予約してください!(強圧的?)
中川晃教に何を求めるか、人それぞれなので、一概には言えないのですが…。
でもあの歌声に一度でも魅了されたことのある方なら、間違いなく楽しめますから!
ま、場数を踏んでいくうちにあれこれ突っ込みたくなることもありますが(爆)
まずは初めの一歩!ということで、ぜひ一度お試しください。
なんならわたしがご一緒してもいいですよwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/39795645

この記事へのトラックバック一覧です: アンパレ原曲集:

« 「X day」DVD発売のお知らせ | トップページ | 心はいつか必ず癒されるから »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ