あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 新しいコンサート情報 | トップページ | 消しゴムコメント動画 »

2011年4月21日 (木)

NYの地下鉄を箱根登山鉄道が走ったら

と、考えて可笑しくて可笑しくて帰りの電車で思い出し笑いhappy01
なカーテンコールでした。藤岡くん、ごめんね、「一曲歌え!」なんて無茶ぶりで前に出されて、誘うような手拍子で思わず「♪箱根の山は天下の険」(タイトルは「箱根八里」っていうんですね)とオペラ風に(爆)しかもあっきー、この歌知らないとか言うしcoldsweats01でもとても日本的でイイネ!って(爆)

いきなりカテコネタからですが、本日SHOW-ism II 『Underground Parade』クリエにて、無事開幕しました。おめでとうございま~す!

Shonichi

Timetable

Dayticket

2時間5分、休憩なし。今日は収録のカメラが入りますという掲示に、これはもしや映像化?と色めき立ちましたが、場内そんなに目立つ機材もなく。どこにあったんだろう?そして何のための撮影だったんだろう?テレビやDVDだとうれしいんだけどな~。

ニューヨークの地下鉄を舞台に、歌とダンスで描く15のスケッチをオムニバスで見せていきます。ひとつひとつのスケッチのストーリーやつながりについてはまだちょっとわかりにくかったり未完成な印象もありますが、きっとこれからどんどん良くなるような予感。小林さんもカテコで「これからダメだしして、千秋楽までにもっといいもの作る」とおっしゃってたし。

そうなんです、カテコでは客席後方にいらした小林さんまでステージに引っぱり出して、みんなに一言ずつしゃべらせてました。誰がって、あっきーですよ。あまりの無茶ぶりに途中で藤岡くんが司会進行役を引き継いで(奪い取って?)くれましたが。

カテコの話は置いといて。

まず目を惹かれたのがダンサーのみなさんの素晴らしさ!shine

いや~、今の日本にもこんなにすてきなダンサーがたくさんいらしたんですね。お見それしました。

何を隠そう、わたしはバレエとダンスを見始めてかれこれ20年、最近は誰かさんのおかげでかなりご無沙汰してるとはいえ、こう見えても?それなりに見る目はあるつもり。ですが主に海外のダンサーばっかり追っかけてたのでsweat01日本のダンサーについてはかなり不勉強でした。

特に大貫勇輔さんlovelyヤバイ惚れたかも(爆)

美しい!しなやか!軽い!重力に違反してる!お芝居も上手!すてきすてきheart01heart04

そして歌チーム。わたしてっきり踊りはダンスチームにおまかせと思ってたら、あらっ!あっきーもみんなも踊る踊る!footびっくりするほど踊ります。けっこうがんばってます。

逆に歌もセリフもないと思ってたダンスチームも歌うししゃべるし。

みなさん器用な表現者です。

Undergroundparade20110420

ビジュアル的にはこのポスターのイメージをほぼ踏襲という感じです。少しバージョンアップしてるけど。

問題の(笑)あっきーの髪型は、最初は帽子かぶってるのではみだした金髪しか見えないのですが、帽子取ったら頭のトップだけ金髪でサイドがこげ茶みたいな感じで後ろにまとめ、前髪は多めにおろして流す感じ。帽子には、ポスター撮りのときより小さな鳥が写真とは反対側の向かって左にちょこんと乗ってます。名前も言ってたけど、何だっけ?ぴーちゃんとか。
長いネクタイ風のタイを何枚も首にかけていて、長いすそのコート、黒いのや格子柄の、白っぽいのと何着か脱いだり着替えたり。

Rolandのキーボードを弾きながら歌い、ハンディタイプのキーボードを抱えて歌って踊ります。

みんなへの大きな愛を歌うのは得意だけど、たった一人の相手のことを歌うラブソングが書けない作詞家、D.D.(ディーディー)という役。ラブソングを書くために10000人と言葉を交わすことを自らに課している。果たして彼にラブソングが書ける日はやってくるのか…?

他の登場人物は、恋人との悲しい別れという過去をもつ地下鉄のポスター貼りの女性ニコ(彩吹真央さん)、楽しいデザインで人を喜ばせたいのにちっとも売れないデザイナーのコリアン、ジーヘイ(岡千絵さん)、メジャーは選択肢が多すぎて性に合わないと地下鉄ミュージシャンを続けるが、実は音楽で勝負するのが怖いギター弾き語りのジューン(藤岡正明くん)、そして様々な性別、様々なバックグラウンドの人々が地下鉄という一種の閉ざされた(ある意味安全な)場所で行き交い、一瞬の交わりから自分を見つめ直すきっかけをつかむ物語。ちょっと「X day」テイストもあり。

映像を使ったラストシーンがとても効果的。解釈しだいだけど、わたしはちょっと鳥肌立って、涙が出ました。

歌はオリジナルに既製曲を織り交ぜて。でもすごくアレンジしてあるから、一瞬原曲がわからない時も。スティービー・ワンダーのパートタイムラバーとか良かったです。

あっきー含めみなさん歌ももちろん素晴らしいのですが、今日のところは正直ダンスのすごさに度肝heart02を抜かれて、特にどの歌がどうってあんまり印象に残ってなかったりするsweat02

その中では藤岡くんの歌が一番安定してすっと心に入ってくる感じかな。

あっきーは…。少し音の調整うまくいってなかったのか、歌声が聞こえづらいところがあったりしてちょっと残念。でも最初の藤岡くんとのデュエット、地下鉄ライブのシークエンス、最後のラブソング(あ、ネタばれしちゃった)とかはさすがに聞かせました。何回か大拍手と喝采がわいてましたよね。

Charity

何と言っても震災のまっただ中に稽古開始、地震で中断、稽古場探しほかいろいろな問題で公演そのものの実現も危ぶまれた時期を乗り越えて、今日初日の幕を開けることができた。その喜びにあふれたステージでした。カテコでも「まさかしゃべる(らされる?)とは思わなかった」と言いつつ、ダンサーのみなさんが異口同音に「幸せです」とおっしゃってたのが印象的でした。

今日どんなダメだし出たか知らないけど、明日はもっと、あさってはもっともっと、千秋楽までには見違えるほどのショーステージに仕上がっていくといいな、と思います。少なくともカテコのぐだぐだは明日以降改善されるはず(爆)

今見たら、おわくり更新されてますね。カテコの挨拶で何度も「今日はほんとに…」って言い淀んでぐだぐだになっちゃったのは、きっと「ほんとに」の中身がいろいろありすぎて重いがあふれて言葉が選べなかったからかな、なんて勝手に推測してます。しかしそこはまず「ありがとう」だろ!とハラハラしながら心で突っ込んでたのは、わたしだけではあるまいcoldsweats01

最後に出ましたけどね。心からの「ありがとうソング」notes confident

読売新聞の夕刊、駅の売店でゲットしましたが、読売オンラインのサイトに同内容の記事がアップされています。→こちら

震災後に付け加えられたシーンがあったんですね。たぶんアレかな、と思うスケッチはありました。「生きる」ということの意味を問いかけるような。

次回見るときまでは、きっとまたものすごく進化してるんではないかと期待してます。

今確かに被災地だけじゃなく、日本が全体的に大変な時期で、つらい、重苦しい気持ちに支配されそうな中、良質のエンターテイメントを世に送り出すことは確かに意味のあることだと、証明してくれるような、そんな舞台にきっとなるはずだから。

« 新しいコンサート情報 | トップページ | 消しゴムコメント動画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/39691347

この記事へのトラックバック一覧です: NYの地下鉄を箱根登山鉄道が走ったら:

« 新しいコンサート情報 | トップページ | 消しゴムコメント動画 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ