あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ACCIDENTSふたたび | トップページ | おわくり更新 »

2011年1月17日 (月)

忘れない

石丸さんのブログで「ACCIDENTS 2」の前売り初日にチケット購入してくれた方のほとんどが「ACCIDENTS」のお客様だったという話。要するに超猿からの流れがまだ続いてるってことで。

もちろん。

忘れてなどいない。

忘れられるわけがない。

失われた初日、失われた楽日。失われた舞台。

忘れないよ。

石丸さんの二つのブログを読んでいると、心がざわめいてその舞台を見たいというより、わたしもやりたい!と思ってしまう。

よみがえる忘れていた気持ちheart01

石丸さんの言葉から迸る演劇にかける情熱がわたしの心の奥にしまいこんだ夢を呼びさます。

お芝居をやりたいと思っていた。

女優になりたい、なんてはっきり思ってたわけじゃなくて。

ただ舞台で演じるのが大好きだった。ほんのささやかな学生芝居だったけど。
ずっと毎年文化祭が続くわけもなく、いつか卒業しなくちゃいけなくて。
大学もお芝居も。

あきらめたんじゃないって思ってた。

選んだのだと。堅気の人生を。

わたしにはお芝居を続ける才能も情熱もなかったから。

でもそうだったの?ほんとうにそうだったの?それでよかったの?

いまさら遅いけど、そんな問いを突き付けられてる気分になるのです。石丸さんたちの舞台を見てると。

忘れちゃいけないこと、まだまだありそうだなぁ。

« ACCIDENTSふたたび | トップページ | おわくり更新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/38510402

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れない:

« ACCIDENTSふたたび | トップページ | おわくり更新 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ